ランプトンは語る

若き日にバンパネラの少年エドガーとアランに出会った老人ジョン・オービン卿は、同じようにエドガーとアランに出会った人々を集め、彼らの思い出を証言させる。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ10作目。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ランプトンは語る
作者
ジャンル
吸血鬼

総合スレッド

ランプトンは語る(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

ロジャー・エヴァンズ(ランプトンは語る)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39
アーサー・トマス・クエントン(ランプトンは語る)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39

新着関連スレッドもっとみる

概要

1966年のイギリス、若き日にバンパネラの少年エドガーとアランに出会った老人ジョン・オービン卿は、同じようにエドガーとアランに出会った人々を集め、彼らにエドガーをモデルにして描かれた絵を見せた。彼らはそれぞれ夢幻のような体験だと思っていたエドガーとアランに関する思い出を証言するうちに、バンパネラの存在を確信するようになる。

登場人物・キャラクター

主人公
バンパネラの情報を集めている老人。アーサー・トマス・クエントンが描いたエドガーの肖像画を手に入れ、関係者を集める。シリーズ13作目『ホームズの帽子』で若き日の彼とエドガーたちの出会いが描かれている。
バンパネラの少年。外見は14歳。様々な時代の人間たちの前に現れ、彼らに強い印象を残している。
19世紀の画家。風景や静物を好んで描いていた。トーマス・ロレンス作の肖像画「ランプトンの肖像」の少年の顔をエドガーに変えたものをはじめ、エドガーをモデルにした肖像画を11枚残している。33歳で亡くなっ...
オービンに集められた証言者のひとりである男性。大学生の時の旅行中、偶然クエントン館に立ち寄り、エドガーが描かれた「ランプトンの肖像」を見た後、その絵にそっくりな少年エドガーとアランに出会った。その出会...
西ドイツの女性作家。ドン・マーシャルの『ランプトン』という短編に、自分が祖母から聞いていたバンパネラとよく似た少年が登場することに驚き、マーシャルに連絡を取った。シリーズ3作目『グレンスミスの日記』で...
マルグリッドの甥。ガブリエル・スイス・ギムナジウム在籍時にエドガーとアランが転入、一時滞在していたという話をマルグリッドとマーシャルに語る。シリーズ3作目『グレンスミスの日記』に、彼がエドガーたちと出...
ボンの大学で血液の研究をしている学生。ルイスによってオービンの集まりに呼ばれ、ガブリエル・スイス・ギムナジウム在籍時にエドガーとアラン事件の顛末を語る。シリーズ6作目『小鳥の巣』に彼とエドガーたちの出...
シリーズ4作目『ポーの一族』、7作目『エヴァンズの遺書』に登場するエドガーの実兄の子孫である青年。妹シャーロッテと共にオービンに招かれる。
シリーズ4作目『ポーの一族』、7作目『エヴァンズの遺書』に登場するエドガーの実兄の子孫である少女。兄ロジャーと共にオービンに招かれる。
エドガーと行動を共にしているバンパネラの少年。外見は14歳。