ムサシの小朝丸

ムサシの小朝丸

大江山花伝 夢の碑 番外編(漫画)の登場人物。読みは「むさしのこぞまる」。別称、小朝丸。

登場作品
大江山花伝 夢の碑 番外編(漫画)
正式名称
ムサシの小朝丸
ふりがな
むさしのこぞまる
別称
小朝丸
関連商品
Amazon 楽天

概要

白銀大夫の荘園の奴卑。まだ子供なため、半人前だからと厩舎で寝起きさせられている。鬼の岩屋の前に倒れていた茨木童子を心配し、鬼が出るからと大切な鎌を置いていく。そのために晩飯を抜かれる。弥代の怒りを買い、客人から奴卑扱いとなった忘れ草(茨木童子)を温かく迎える。

登場作品

大江山花伝 夢の碑 番外編

都を騒がせる妖鬼・酒呑童子。帝から「鬼退治」を命じられた都一の武将・源頼光は、配下の渡辺綱に命じ妖鬼の棲まう大江山の鬼の岩屋を探らせる。流石に1人では鬼どもには敵わず捕らわれの身となった渡辺綱。彼は、... 関連ページ:大江山花伝 夢の碑 番外編

SHARE
EC
Amazon
logo