ライジングインパクト

ライジングインパクト

ゴルフと出会ったことにより持って生まれた才能を大きく開花させることになる主人公・ガウェイン・七海を軸に、様々な経緯でゴルフに人生を賭ける人々を描く。連載時は、一度は短期間で打ち切られながら、その後の反響の大きさから約3ヶ月後に再開されるという異例の形で足かけ4年にわたって連載が続いた。なお、連載終了後には主要人物たちの未来と、その子供たちの活躍が描かれた、読み切り作品が発表されている。

概要

女子プロゴルファー・西野霧亜との出会いをきっかけに、ゴルフに魅了された少年・ガウェイン・七海は、世界的なゴルフの名門校であるキャメロット学院に入学。そこで生涯のライバルとなる者たちと出会い、プロゴルファーを目指しながら過酷な試合に挑んでいく。そしてその中で、ギフトと呼ばれる特別な才能を開花させていくこととなる。

登場人物・キャラクター

主人公

小学4年生。福島県出身で、方言が強く残っているハーフの少年。好物はイナゴの佃煮。性格は人懐っこく、明るい。もとはプロ野球選手になるのが夢だったが、プロゴルファーの西野霧亜との出会いによってゴルフに魅了... 関連ページ:ガウェイン・七海

キャメロット学院日本校の中等部に所属する1年生。イギリス出身。ガウェイン・七海の親友であり、ライバルとなる人物。物静かな性格で、対照的なガウェイン・七海と出会った頃は敵対視していたが、やがては彼にゴル... 関連ページ:ランスロット・ノーマン

ガウェイン・七海をゴルフの道へと導いた女子プロゴルファー。21歳。12歳年下の妹・西野胡桃がいる。福島県を訪れた際にガウェイン・七海と出会い、その後、本格的にゴルフの指導をするために都内の自宅に彼を下... 関連ページ:西野 霧亜

西野 胡桃

西野霧亜の年の離れた妹で、ガウェイン・七海とは同い年。妄想癖が強く、また年の割にはませた言動が多い。ランスロット・ノーマンを熱烈に愛しており、その想いは「完結編」においてついに彼と結婚という形で実を結ぶ。

ガウェイン・七海やランスロット・ノーマンの強力なライバル。キャメロット学院イギリス校に在学し、同世代のゴルファーの中では突出した実力を持つ。風の動きを完璧に把握し、視覚として認識できるギフト・「フォー... 関連ページ:トリスタン・リオネス

キャメロット学院イギリス校に在学する女子小学生。小柄な体格に似合わない60インチのドライバーを愛用し、世界一の飛ばし屋を目指す。そのため、同じく小柄で飛ばし屋志向のガウェイン・七海には、対抗心を燃やす... 関連ページ:パーシバル・ロレンス

キャメロット学院日本校に在籍。小学6年生。ガウェイン・七海の友人。キャメロット学院ではトップクラスの実力を持ち、特に苦手とするクラブもないオールラウンダー的なプレイヤー。しかし、かつて参加した大会でス... 関連ページ:リーベル・リングヴォルド

ガウェイン・七海の良き理解者。その太めの体格から、「チャルデブ」と呼ばれている。キャメロット学院アメリカ校に在籍し、キャメロット杯にはアメリカ代表のひとりとして参加。個人戦でガウェイン・七海とパーシバ... 関連ページ:チャールズ・リビングストン

キャメロット学院日本校に在籍。中等部の3年生で、日本校のリーダー的存在。また、黒峰美花とは幼なじみの関係。性格はやや短気だが、情には厚い。ただし、ファッションセンスは非常に独特であることが作中でもたび... 関連ページ:東堂院 戎

キャメロット学院日本校に在籍。中等部の2年生の女子。東堂院戎の幼なじみ。長い黒髪と、ホラー映画さながらのオーラが特徴。執念深いプレイスタイルを信条とし、特にパットでは蛇が這うようなパッティングラインを... 関連ページ:黒峰 美花

キャメロット学院日本校に在籍。小学生とは思えない落ち着きと風格を持つ5年生の男子。姉の李光鈴がキャメロット学院英国校に在籍している。風の動きや天候などを読むことに長け、またイメージトレーニングでコース... 関連ページ:李 王煉

キャメロット学院日本校に在籍する小学生5年生の女子。女子Jr.チャンプの実力を持ち、ガウェイン・七海、ランスロット・ノーマンと最初に対戦した相手。特にアイアンでのショットを得意とし、強烈なバックスピン... 関連ページ:小泉 祐美子

キャメロット学院日本校に在籍。小学6年生の男子ながら、見た目はすでにおじさん的な風貌を持つ。キャメロット学院に編入してきたガウェイン・七海と最初に対決した相手で、得意のドライバーでドライビングコンテス... 関連ページ:ライザー・ホプキンス

キャメロット学院日本校に在籍する小学5年生の女子。イギリス出身。姉のスフィーダ・ボネールと共にキャメロット学院イギリス校に入学を志望するが、姉だけが合格したために単独で日本校に入学することとなる。そし... 関連ページ:プラタリッサ・ボネール

キャメロット学院イギリス校に在籍。日本校に通うプラタリッサ・ボネールの姉。ゴルフの実力は妹よりも上だが、手のかかる妹ばかりが両親の愛情を受けているとの思いが鬱積しており、彼女が日本へ旅立つときに感情が... 関連ページ:スフィーダ・ボネール

キャメロット学院日本校の中等部1年生。学院のスポンサーの息子であり、そのコネでゴルフの実力が不足しているにも関わらず不正に入学。なんとかCランクにとどまって退学にならないよう、改造クラブを使うなどの姑... 関連ページ:金園 秀美

キャメロット学院日本校でガウェイン・七海たち小等部を担当する女性教員兼コーチ。元プロゴルファー。金髪のロングヘアに眼鏡というルックスや言動から冷徹な印象も与えるが、生徒たちに対する愛情は非常に強い。そ... 関連ページ:アリア・セイフォート

キャメロット学院日本校でランスロット・ノーマンたち中等部を担当する男性教員兼コーチ。不遜な態度が目立ち、日本校の生徒をイギリス校やアメリカ校よりも一段レベルが低いと思っている。また、日本校の給与に対す... 関連ページ:ドルファ・ベントレー

ガウェイン・七海たちのフォーム改善に大きな役割を果たす。キャメロット学院日本校の教員。女性のような名前だが、風貌は「冴えない中年サラリーマン」のような男性。そのルックスのせいもあって当初は生徒たちに実... 関連ページ:片瀬 瞳

ガウェイン・七海とは従兄弟の関係でもあるライバル。キャメロット学院アメリカ校に所属し、同校のトッププレイヤーと言うべき存在。ガウェイン・七海と同じく「ライジングインパクト(太陽の光跡)」のギフトを持つ... 関連ページ:クエスター・フェニックス

キャメロット学院アメリカ校に所属。同校のリーダー的存在で、クエスター・フェニックスの信頼も厚い。当初は日本校を一段低く見ているかのような言動もあったが、次第に人格者としての側面を強くしていく。クエスタ... 関連ページ:ビルフォード・クーパー

キャメロット学院アメリカ校に所属。いわゆる「不良娘」的な風貌で、短気な性格。キャメロット杯で出会った日本校の小泉祐美子とは常に衝突している。実はグラール・キングダムがキャメロット学院の実力を測るために... 関連ページ:ブリジット・バーロウ

グラール・キングダムに所属するプレイヤー。女性的なルックスの小学6年生男子。しかしその見た目や年齢には似つかわしくない、対戦相手を精神的に攻撃し、破滅させる残酷なプレイスタイルが特徴。特に苦手なクラブ... 関連ページ:六条 若葉

六条若葉と共に、キャメロット学院の生徒をグラール・キングダムにスカウトする目的で登場。筋骨隆々の肉体を持つ巨漢で、年齢的には高校1年生だが、2年前にすでにヤケ酒をあおる描写すらある人物。かつてはキャメ... 関連ページ:須賀川 紅葉

グラール・キングダムに所属するプレイヤー。キャメロット学院イギリス校のトリスタン・リオネスやパーシバル・ロレンスをスカウトするために登場。自分よりも実力の劣る選手を容赦なく殴りつけるなど、冷徹な性格。... 関連ページ:アシュクロフト・サラゼン

ガウェイン・七海の祖父で、彼の母親である七海笑子の父親。早くに母親を亡くした孫のガウェイン・七海を男手ひとつで育て上げる。ゴルフクラブ作りの職人としてもその名を知られる人物で、「円卓12(リングトゥエ... 関連ページ:七海 大造

七海 笑子

ガウェイン・七海の母親。画家であり、「円卓12(リングトゥエルブ)」のデザインも手がける。ガウェイン・七海が絵を得意とするのは、母親譲りの才能である。また、性格も息子と同じく明るくて人懐っこい。しかし体が弱く、ガウェイン・七海を産んだ年の夏に亡くなってしまう。

ウーゼル・フェニックス

ガウェイン・七海の父親。伝説的な才能を持つプロゴルファーで、息子と同じく「ライジングインパクト(太陽の光跡)」のギフトを持つ。キャメロット学院の創設者でもあるが、その後忽然と姿を消してしまう。

ガウェイン・七海の父親であるウーゼル・フェニックスの双子の弟。グラール・キングダムの創設者で、クエスター・フェニックスの父親でもある。兄と同じくプロゴルファーだったが、プレイヤーとして兄を超えることが... 関連ページ:アーサー・フェニックス

場所

キャメロット学院

『ライジングインパクト』の主な舞台となる、世界的に有名なゴルフの名門校。ガウェイン・七海の父親であるウーゼル・フェニックスが創設者で、イギリス、アメリカ、日本に開校されている。中でもイギリス校が最もレ... 関連ページ:キャメロット学院

書誌情報

ライジングインパクト 全17巻 集英社〈ジャンプ・コミックス〉 完結

第1巻

(1999年5月発行、 978-4088727165)

第2巻

(1999年6月発行、 978-4088727318)

第3巻

(1999年12月発行、 978-4088728049)

第4巻

(2000年2月発行、 978-4088728278)

第5巻

(2000年4月発行、 978-4088728506)

第6巻

(2000年6月発行、 978-4088728742)

第7巻

(2000年8月発行、 978-4088728957)

第8巻

(2000年10月発行、 978-4088730233)

第9巻

(2000年12月発行、 978-4088730486)

第10巻

(2001年3月発行、 978-4088730882)

第11巻

(2001年5月発行、 978-4088731117)

第12巻

(2001年8月発行、 978-4088731452)

第13巻

(2001年10月発行、 978-4088731711)

第14巻

(2002年2月発行、 978-4088732213)

第15巻

(2002年4月発行、 978-4088732510)

第16巻

(2002年6月発行、 978-4088732732)

第17巻

(2002年8月発行、 978-4088732961)

ライジングインパクト 全10巻 〈集英社文庫 コミック版〉 完結

第1巻

(2007年1月発行、 978-4086185561)

第2巻

(2007年1月発行、 978-4086185578)

第3巻

(2007年3月発行、 978-4086185585)

第4巻

(2007年3月発行、 978-4086185592)

第5巻

(2007年4月発行、 978-4086185608)

第6巻

(2007年4月発行、 978-4086185615)

第7巻

(2007年5月発行、 978-4086185622)

第8巻

(2007年5月発行、 978-4086185639)

第9巻

(2007年6月発行、 978-4086185646)

第10巻

(2007年6月発行、 978-4086185653)

SHARE
EC
Amazon
logo