ランスロット・タルタロス

ランスロット・タルタロス

タクティクスオウガ(漫画)の登場人物。別称、暗黒騎士ランスロット。

登場作品
タクティクスオウガ(漫画)
正式名称
ランスロット・タルタロス
ふりがな
らんすろっとたるたろす
別称
暗黒騎士ランスロット
関連商品
Amazon 楽天

概要

ローディス教国より派遣された暗黒騎士団ロスローリアンの団長。漆黒の甲冑に身を包んだ隻眼の男性。かつて世界規模の偉業を成し遂げており、ローディスのトップである教皇からも多大な信頼を得ている。国の中でもトップレベルの剣の腕を持ち、騎士道精神を重んじているが、苛烈で非情な面も併せ持つ。ゼノビアの聖騎士であるランスロット・ハミルトンと同じ名前を持つため、区別のために「暗黒騎士ランスロット」と呼ばれることがある。

また、その聖騎士ランスロットに、かつて片目を奪われている。

登場作品

タクティクスオウガ

古代、ゼテギネアの時代。ヴァレリア島は、統一者である覇王ドルガルアが後継者不在のまま没したことで、「バクラム」「ガルガスタン」「ウォルスタ」の3民族が覇権を争う紛争状態に陥る。しかし、島の人口の大多数... 関連ページ:タクティクスオウガ

SHARE
EC
Amazon
logo