ラーマチャンドラ

ラーマチャンドラ

シャングラッド神紀(漫画)の登場人物。

登場作品
シャングラッド神紀(漫画)
正式名称
ラーマチャンドラ
ふりがな
らーまちゃんどら
関連商品
Amazon 楽天

概要

ヒ連(ヒンドゥー梵我主義連邦共和国)の情報院局長を務める神。最高の智将として知られ、ヒ連の事実上のNo.3。かつてヒ連の現主流派がシャンカラの治めるカイラーサ国を襲撃した際に、特殊部隊の司令官を務めた。シャンカラの首から下の肉体と、その体内に宿った赤子を盾にとって、ウマーシャンカラに無神論を放棄することを迫った。

登場作品

シャングラッド神紀

神が王として人を統治する政体の「神治国家」が乱立する世界、シャングラッド。人々を虐げる不当な搾取を行う神々を殺すべく、主人公ウマーとその相棒であるシャンカラは旅を続けていく。「無神論者の悪魔」と呼ばれ... 関連ページ:シャングラッド神紀

SHARE
EC
Amazon
logo