ルスカ・アッティクス・デミトリアス

拳奴死闘伝セスタス(漫画)の登場人物。別称、黄金のルスカ。

  • ルスカ・アッティクス・デミトリアス
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
拳奴死闘伝セスタス(漫画)
正式名称
ルスカ・アッティクス・デミトリアス
別称
黄金のルスカ
別称
ローマの若獅子

総合スレッド

ルスカ・アッティクス・デミトリアス(拳奴死闘伝セスタス)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

ローマ帝国徒手格闘兵団衛帝隊の一員で、総合格闘技パンクラティオンの使い手である。天性の格闘センスを有し、若輩ながらもほぼ完成された技量を備えている。見事な金髪と甘いマスクの持ち主でもあり黄金のルスカローマの若獅子と呼ばれるほど、市民からの人気も高い。セスタスとは彼が拳闘士デビューしたときに知り合い、親しい友人関係が続いていたが、ある事件をきっかけに大きな溝が生じてしまった。

また、衛帝隊を束ね、ザファルの左膝を破壊した格闘王・デミトリアスを父に持ち、その才能は父親譲り。が、家族を蔑ろにし続けた父に強い反感を抱いており、いつか復讐しようと考えている。

登場人物・キャラクター

ドリスコ拳闘団に所属する、17歳の拳奴(闘技場で拳闘をする奴隷)。戦士としては小柄だが、俊敏な動きと師・ザファルから伝授された拳闘術で、数々の死闘をくぐり抜けてきた。純粋無垢で、本来は戦いを好まぬ心優...

登場作品

物心ついた頃から闘技場で拳闘を行う奴隷、拳奴として育てられてきたセスタス。15歳で拳闘士として出場して以来2年、数々の修羅場をくぐり抜け、明日への命をからくも繋いできた。そんな彼にローマ皇帝ネロの勅命...