ルードウィヒ・B

ルードウィヒ・B

作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの半生を描いた伝記作品。オリジナルキャラクターであるフランツ・フォン・クロイツシュタインとルードウィヒの因縁など、史実にはない出来事が多く加えられていることが特徴。連載中に作者・手塚治虫が逝去したため未完となった、手塚の遺作の一つ。

概要

ウィーンの貴族、クロイツシュタイン家に息子・フランツが誕生、しかし、母は出産の際命を落としてしまう。その原因をクジャクの「ルードウィヒ」と逆恨みした父は、フランツに「ルードウィヒ」という名を恨むように教え込むのだった。フランツ8歳のころ、1770年12月17日。ドイツのボンにルードウィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが産声をあげた。

音楽家の父と祖父を持つ彼は、幼いころから音楽の才能を発揮、6歳にして新聞に取り上げられることに。それをある事件から勘当され、ボンへと追放されたフランツが偶然にも目にしてしまう。フランツは怒りルードウィヒを襲撃し、耳に怪我を負わせてしまう。一時は聴力を失ったルードウィヒだが、音楽家に師事して成長。

ルードウィヒモーツァルトのもとでの修行や、彼のミューズとなる女性・エレオノーレとの出会いを経て、成功への道を歩んでいく。一方、フランツは事あるごとにルードウィヒを妨害するも一様に失敗。その後ウィーンに舞い戻ったフランツは、ハイドンに弟子入りしてウィーンで名をはせていたルードウィヒと直接の対面を果たすこととなる。

登場人物・キャラクター

主人公

音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンをモデルとしている。1770年12月17日、ドイツのボンに生まれる。音楽家の父と祖父を持ち、幼い頃から厳しく音楽の訓練を受けてきた。6歳のときフランツに杖で殴... 関連ページ:ルードウィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

オーストリアの貴族。母は出生とともに死亡。その原因を耳元で鳴いたクジャクの「ルードウィヒ」だと考えている父に「ルードウィヒ」と名の付くものを憎むように教えられた。幼い頃、母を侮辱した相手を後ろから刺し... 関連ページ:フランツ・フォン・クロイツシュタイン

実在する人物。宮廷顧問官の娘。男まさりで活発な性格。ボン時代のルードウィヒ・ヴァン・ベートーヴェンにレッスンを受け、交友を持つこととなる。幼いころ、フランツにいじめられていたルードウィヒを助けたことが... 関連ページ:エレオノーレ・ブロイニング

実在する人物。エレオノーレを訪ねたところ偶然ルードウィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの演奏を聴き、その才能に惚れ込みんだ。ルードウィヒはエレオノーレをめぐる恋敵だと思い込んでいたが、後に婚約者がいることが... 関連ページ:ワルトシュタイン伯爵

音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトとしている。音楽家として名を馳せている。即興演奏を見せたルードウィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの才能を認め、弟子に取った。女性関係などにだらしがないが、次か... 関連ページ:モーツァルト

SHARE
EC
Amazon
logo