レディ&オールドマン

レディ&オールドマン

好奇心旺盛な少女のシェリー・ブライトと不老不死の男、ロバート・ウィンツのちぐはぐな男女バディが、1963年のロサンゼルスの街を駆け巡るハードボイルドロマン。「ウルトラジャンプ」2015年11月号から連載の作品。

正式名称
レディ&オールドマン
作者
ジャンル
裏社会・アングラ
レーベル
ヤングジャンプコミックス(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

1963年のロサンゼルス郊外。好奇心旺盛な少女のシェリー・ブライトは、ボーイフレンドのテッドとのドライブ中に気分が乗らなくなり、別れを告げて一人でバス停まで歩いて帰る事に決めた。その道中、刑務所から100年の刑期を終えて出所した男、ロバート・ウィンツと出会う。シェリーはロバートを連れ帰り、父親のサミュエル・ブライトに頼み込んで、自宅のガレージに居候させる事にする。ロバートの素性に興味津々なシェリーは、かつてサミュエルが行っていた運び屋の仕事をロバート共に始める事を決意する。こうしてちぐはぐな男女バディの運び屋「レディ&オールドマン」が結成された。

第2巻

ちぐはぐな男女バディの運び屋「レディ&オールドマン」を結成したシェリー・ブライトロバート・ウィンツは、依頼された仕事を行う中、さまざまな事件に巻き込まれていく。それでも二人は、なんとか危機を逃れ、時には事件を解決しながら日々を過ごしていた。順調に運び屋の仕事をしていた二人だったが、サミュエル・ブライトがロバートの素性を探るために、警察や裏の社会組織の人間が動き始めた事を察知。シェリーの身を案じて、ロバートに出て行ってほしいと告げる。こうしてロバートは一人、シェリーに別れを告げぬままSAM'S DINERを去ってしまう。

第3巻

SAM'S DINERを去ったロバート・ウィンツは、以前に「レディ&オールドマン」に仕事を依頼をした事のあるナットのもとに身を寄せる事になった。そこへ、ロバートのあとを追って駆けつけたシェリー・ブライトが現れ、二人は運び屋の仕事を再開する。そんな中、裏の社会組織が、ロバートと行動を共にしているシェリーの正体を探り始めた。一方、ロバートを尾行し続けているロス市警察の警部補、ビル・ミルズは、シェリーが運転しているバイクの助手席に座るロバートに車で急接近して発砲。ロバートは瀕死の重傷を負ってしまう。

第4巻

シェリー・ブライトは、ビル・ミルズから受けた銃弾で瀕死の重傷を負ったロバート・ウィンツを病院に連れて行き、彼の回復を祈り続ける日々を送っていた。そんな中、運び屋「レディ&オールドマン」のロバートが死んだという噂が街に流れ始める。しかし、不老不死の体を持つロバートは奇跡的に重傷から回復。そんな彼に対し、シェリーは仕事を再開する前に、ロバートと共同生活をしているナットと親しくなりたいと提案。こうしてシェリーとロバートはナットの昔話を聞く事になる。一方その頃、裏の社会組織の掃除屋、ジョニークレイグが、シェリーとロバートを追うために本格的に動き始める。

登場人物・キャラクター

シェリー・ブライト (シェリーブライト)

運び屋の少女。年齢は19歳。業界では、「レディ」という通り名で知られている。金髪のロングヘアを中分けにしていて、瞳の色はエメラルド。母親は幼い頃に家を出て行ってしまっており、ハイスクールを卒業してからは、父親の経営しているSAM'S DINERでウェイトレスとして働いている。好奇心旺盛で勝手気ままな性格をしているが、父親に似ておせっかいで世話焼きなところもある。 刑務所から出所したばかりのロバート・ウィンツと偶然に出会った事がきっかけで、彼を自宅のガレージに居候させている。ロバートと組んで「レディ&オールドマン」という運び屋をしている。好きな役者はスティーブ・マックイーン、好きなミュージシャンはエルヴィス・プレスリー。 好きな食べ物はホットドッグ、ドーナツ、チョコレートサンデー。特技はバイクの運転。

ロバート・ウィンツ (ロバートウィンツ)

運び屋の男性。年齢は121歳。業界では、「オールドマン」という通り名で知られている。黒髪で背が高く、白と赤のツートーンカラーのウエスタンシャツにベージュ色のチノパンを着用している。軽い傷ならすぐに完治してしまう驚異的な自己再生能力と、不老不死の特異体質の持ち主で、20歳前後の青年と変わらない外見をしている。物静かで穏やかな、優しい性格をしている。 「ラス・ウィンツ」という名の双子の弟と町外れの山の中で生活していたが、ラスは17、8歳の頃に家を出て行ってしまった。その後、名家の一家を殺害して家に火を点けた疑いをかけられ、投獄される事となった。以降、冤罪を訴える事なく無実の罪で、刑務所に100年のあいだ入所していた。あまりにも長い刑期から、刑務所官達のあいだでは「旧収容棟の最後の住人」と一目置かれていた。 刑期を終えて出所した時に、偶然シェリーブライトと出会った事がきっかけで、シェリーの自宅のガレージに居候させてもらう事になった。「レディ&オールドマン」という運び屋としてシェリーとバディを組む事になる。誕生日は11月22日で、時計が好きで、過去に修理師をしていた事から細かい作業が得意。 シェリーからは「ロブ」という愛称で呼ばれている。

ラス・ウィンツ (ラスウィンツ)

ロバート・ウィンツの双子の弟。黒髪で背が高く、ロバートとそっくりな外貌をしており、見た目は20歳前後の青年と変わらない。軽い傷ならすぐに完治してしまう驚異的な自己再生能力と、不老不死の特異体質を持つ。17、18歳の頃に家を出て自立を始めて、それから数年後にロバートと再会をし、夕食をいっしょに食べたあとに消息を断つ。 その後、間もなくロバートが名家の一家を殺害して家に火を点けた疑いをかけられて投獄された事から、深いかかわりがあるのではないかと、ロバートの相棒のシェリー・ブライトに疑いをかけられている。ロバートとは対照的に社交的な性格をしていて、手先が不器用。お酒が大好物で、よく酒場に顔を出す。誕生日は11月22日。

サミュエル・ブライト (サミュエルブライト)

シェリー・ブライトの父親。短髪で半袖のシャツを着用しており、エプロンを身につけている。かつての妻は、家を出て行ってしまった。SAM'S DINERという喫茶店を経営しており、シェリーがウェイトレスとして手伝っている。普段は突き放した物言いをする事が多く、近寄りがたい雰囲気を醸し出している。しかし、おせっかいな性格で、世話焼きな一面を持っており、助けを求めている人間を放ってはおけず、シェリーが連れて来た素性のわからないロバート・ウィンツをガレージ小屋で居候させている。 実は「ジャッカル」という通り名で運び屋していた過去があり、愛車のバイクで全米中にさまざまな物を運んでいた。喫煙者で、趣味はバイク。

ナット (ナット)

ナット運送会社の経営者である痩せ型の男性。ボーダーのシャツの上から白衣を着用している。「レディ&オールドマン」に仕事の依頼をした事がきっかけで、シェリーブライトとロバートウィンツと知り合う。ロバートがサミュエル・ブライトに家を出ていくように言われてからは、ロバートを会社兼自宅に住まわせ、その後シェリーも加わって、三人で共同生活を送っている。 一見すると覇気のない飄々とした人物に見えるが、観察眼が鋭く、時折核心を突いた発言をして周囲を驚かせる事もある。また、「レディ&オールドマン」に全面的に協力をしている、心強い支援者でもある。好きな食べ物はアイスクリームで、中でもチョコレートサンデーが大好き。

ゴードン (ゴードン)

ナットの旧友。痩せ型で背が高く、前髪を上げて横に分けている。ナットの経営しているナット運送会社の一部を使用して、手広く仕事を請け負っている。まじめで堅実な性格をしており、ビッグアイをはじめとするさまざまな裏社会の人間とも関係を持っているナットの事を心配している。ナーバスな一面があり、仕事に行き詰まってストレスを抱えて体調を悪くし、その後交通事故に遭って命を落としてしまう。

ジョニー (ジョニー)

「ジョニー&クレイグ」という通り名で掃除屋の仕事をしている男性。金髪の痩せ型で、切れ長の目が特徴。白いシルクハットをかぶり、白いストライプのスーツを着用している。以前は刑事をしていたが、市警の汚職事件の責任をすべて背負って退職し、裏社会に身を投じる。現在も警察内に知人がいるため、たびたび出入りするが、基本的に煙たがれている。 クレイグと共に行動する事が多く、さまざまな裏社会の人間と取引を行っている。クレイグとは対照的にお喋りで、女たらしな性格をしているが、取引や交渉能力に長けている。愛煙家で、ヘビースモーカー。

クレイグ (クレイグ)

「ジョニー&クレイグ」という通り名で掃除屋をしている大柄な男性。黒いシルクハットを目深にかぶり、黒いスーツを着用している。以前は刑事をしていたが、市警の汚職事件の責任をすべて背負い退職し、裏社会に身を投じる。現在も警察内に知人がいるため、たびたび出入りするが、基本的に煙たがれている。ジョニーと共に行動する事が多く、さまざまな裏社会の人間と取引を行っている。 愛煙家で、ヘビースモーカー。

ビッグアイ (ビッグアイ)

裏社会で名を知られる男性。小柄で黒いタートルネックのシャツの上からスーツを着用しており、指には高価な指輪が何個もはめている。ギョロッとした目が特徴。狡猾で人脈が広く、ジョニーとクレイグと取引を行っているほか、ナットとも交流があり、ナットが経営しているナット運送会社の倉庫を買い取っている。また、SAM'S DINERのサミュエル・ブライトと知己の仲で、サミュエルの娘のシェリー・ブライトと不老不死のロバート・ウィンツに興味を抱いている。 ロバートがビル・ミルズの拳銃によって撃たれて重傷を負った事を知った際には、速やかに医者を手配した。しかし、「レディ&オールドマン」の知名度を上げるためにロバートが死んだという噂を大々的に流すなど、意味深な行動を取る事がある。 葉巻を嗜む。

ビル・ミルズ (ビルミルズ)

ロス市警察の警部補を務める男性。髪を整髪料でオールバックにして、スーツを着用している。元受刑者のロバート・ウィンツが出所後、SAM'S DINERを追われて消息がわからなくなってしまった際に、本部長から新たにロバート追跡を任命された。冷酷な性格をした切れ者で、任務のためには手段を選ばない。調査中にロバートと急接近した際には拳銃を発砲し、ロバートに重傷を負わせた。 また、ビッグアイ、ジョニー、クレイグといった裏社会の組織の人間達とのつながりも深い。

本部長

ロス市警察の本部長を務める男性。髪は整髪料でオールバックにして、メガネをかけてスーツを着用している。元受刑者のロバート・ウィンツが出所後、SAM'S DINERを追われて以来、消息がわからなくなってしまい、頭を悩ませていた。そこで警察内で評判の高いビル・ミルズ警部補にロバート追跡の任務を与える。

マックス (マックス)

ロス市警察の男性。オールバックで丸メガネをかけて、ワイシャツの上からジャケットを羽織っている。まじめで仕事熱心な性格から、市警の汚職事件に関与した事がきっかけで退職し、裏社会に身を投じるようになったジョニーとクレイグの事を毛嫌いしており、かかわり合いになる事を極端に嫌う。喫煙者で、タバコを嗜む。

ミッチ (ミッチ)

清掃員の仕事をしている男性。オールバックで目が細く、両頬にそばかすがある。襟付きの長袖シャツを腕まくりしている。SAM'S DINERの常連客で、お喋りで、世話好きな性格。SAM'S DINER以外にも、K's BARなど、さまざまな飲食店に顔を出している。

マダム (マダム)

アンディの母親。髪型はボブヘアで、サングラスをかけ、スーツを着用している。アンディという息子が一人いて、結婚を控えている。サミュエル・ブライトとは「ジャッカル」という通り名で運び屋をしていた頃からの古い付き合い。息子が結婚をする時にはサミュエルに連絡するという約束をしていたため、その約束を果たしに久しぶりにSAM'S DINERにやって来た。 これがきっかけで「レディ&オールドマン」の最初の依頼者になる。

アンディ (アンディ)

マダムの息子。金髪で襟足を刈り上げている。背が高く、襟付きの長袖シャツとスラックスを着用している。リアの婚約者で、リアからは「ダーリン」という愛称で呼ばれている。社交的なリアとは対照的に、内向的でおとなしい性格をしている。マダムがシェリー・ブライトとロバート・ウィンツにアンディの捜索を依頼した事をきっかけに、シェリーとロバートと交流を持つようになる。

リア (リア)

アンディの婚約者の女性。ボブヘアで前髪を中分けにしていて、黒目がちな大きな瞳をしている。明るく社交的な性格で、誰とでも人見知りをせずに会話をする事ができる。マダムがシェリーブライトとロバートウィンツにアンディの捜索を依頼した事をきっかけに、シェリーとロバートと交流を持つようになった。実は「パパ」という愛称で呼んでいる裏社会の大物人物の愛人で、裏社会の人間との交流があり、ジョニーとクレイグとも知り合いの間柄。 アンディからは「ハニー」という愛称で呼ばれている。

ハリー (ハリー)

元清掃員の男性。前頭部の髪が後退しており、普段はハットをかぶっている。ワイシャツの上からジャケットを羽織っている。20年以上前にロバート・ウィンツが収容されていた旧収容棟で、月2回清掃をしていた。長年刑務所の中で犯罪者と接していた事から、本当に悪者なのかどうか、その人の顔を見るだけで大体わかってしまう位に人を見る目があり、ロバートと目が合っただけで無実だと察した。 シェリー・ブライトとロバートが運び屋の仕事を始めた事がきっかけで知り合う。

テッド (テッド)

シェリー・ブライトの元ボーイフレンドの男性。髪をリーゼントにして、襟付きの半袖シャツを着用している。ドライブデート中に、シェリーに突然別れを告げられるが、未だにシェリーに未練を抱いており、よりを戻したいと思っている。周囲の異性からは退屈な男と評され、二人が別れて当然だったと思われている。

ケン・ミルズ (ケンミルズ)

シェリー・ブライトとハイスクール時代にクラスメイトだった男性。前髪を真横に分けており、襟付きの長袖シャツを着用している。黒目が大きく、まつ毛が長いのが特徴。シェリーが運び屋の仕事を始めた事を人伝に知り、あこがれの女優に花束と手紙を届けてもらえるように「レディ&オールドマン」に依頼する。

場所

SAM'S DINER (サムズダイナー)

サミュエル・ブライトが経営している喫茶店。ロサンゼルスの郊外にあり、娘のシェリー・ブライトがウェイトレスとして店を手伝っている。軽食やコーヒー、ミルク以外にもお酒も取り扱っている。サミュエルが若い頃には、「ジャッカル」という通り名で運び屋の仕事も請け負っていた。

ナット運送会社 (ナットウンソウガイシャ)

ナットが経営している運送会社。主に配送業とロッカー業が中心で、ロサンゼルス郊外に広い敷地を構えている。巨大な倉庫の中にはダンボールで梱包された荷物が大量に積まれている。倉庫には、裏社会のサミュエル・ブライトから居候先のSAM'S DINERのガレージを追い出されたロバートウィンツが、新しい居候先としてナットと共に共同生活をしている。

SHARE
EC
Amazon
logo