レース鳩0777

偶然、一羽の鳩を助けたことから、鳩レースの存在を知った少年・森山次郎が、パートナーとなる鳩「アラシ」とともに、鳩レースで活躍していく様子を描いた作品。鳩レースの模様を鳩による会話で実況風に描写するなど、臨場感に満ちた構成が特徴となっている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
レース鳩0777
作者
ジャンル
 
スポーツ一般

総合スレッド

レース鳩0777(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

イナズマ(レース鳩0777)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40
山下 佐清(レース鳩0777)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40

新着関連スレッドもっとみる

概要

ある日、森山次郎は道ばたで弱り切った鳩を拾う。その鳩こそ、鳩レース界で知らぬ者はいない名鳩、グレート・ビジョン号だった。次郎の手当の甲斐あってグレート・ビジョン号は回復。飼い主である黒田官兵衛は、次郎にお礼として一匹の鳩を渡す。鳩レースについてはまったくの初心者だった次郎だが、この78-0777号、通称「アラシ」とともに、鳩レースの世界へと足を踏み出すのであった。

登場人物・キャラクター

病気で弱っていたレース鳩を助けたことがきっかけで、鳩レースの世界に足を踏み入れる。鳩レーサーとしてはまったくの初心者だったが、愛鳩の「アラシ」とともに、先輩や仲間達とのふれあい、さらには強力なライバル...
『レース鳩0777』に登場するレース鳩。登録番号は78-0777。7が3つ揃っていることから、おいちょかぶの手役になぞらえて「アラシ」と呼ばれる。毛色は灰色。伝説的なレース鳩「グレート・ピジョン」の子...
鳩レース界の権威。戦時中、山本勘助とともに帝国陸軍で軍鳩の飼育員を務めていた。グレート・ピジョン号、マグナム号のオーナー。グレート・ピジョンを助けてくれたお礼として、次郎にグレートの息子を譲り渡した。...
『レース鳩0777』に登場するレース鳩。登録番号は75-0666。日本国内だけでなく、海外の鳩レースでも優勝経験を持つ伝説的なレース鳩。ジフテリアに罹り、死にかけていたところを次郎に拾われ、一命を取り...
『レース鳩0777』に登場するレース鳩。登録番号は79-0976。アラシと同じ時に生まれた兄弟。父鳩はグレート・ピジョン。額にある星形の傷が特徴。幼鳥の時に、鳩舎のほかの鳩とのトラブルから袋だたきに遭...
大関正宗の祖父。黒田官兵衛の旧友で、ともに陸軍で軍鳩の世話をしていた。鳩舎が移動してもそこに戻ってくる「移動鳩」の第一人者。孫の正宗の増長した態度を快く思っておらず、むしろ次郎の真剣な態度に好感を持っ...
次郎の学校のクラスメイトで、連合会のメンバー。山本勘助の孫にあたる。次郎からグレート・ピジョンやアラシを横取りしようとしたり、法外な値段で次郎にメス鳩を売りつけたりと、何かと意地悪な態度で接していたが...
『レース鳩0777』に登場するレース鳩。登録番号は0108。黒田官兵衛のところで飼われていたが、山本勘助に請われて大関正宗に譲られる。非常に夜目が利くのが特徴で、鳩レースにおいても強力な武器となってい...
連合会のメンバー。かつて陸上選手のホープとして注目されたが、交通事故により左足を複雑骨折し、夢を絶たれる。失意の中、空を飛ぶ鳩の姿に憧れ、鳩レースの世界へと足を踏み入れる。イナズマ号のオーナー。
『レース鳩0777』に登場するレース鳩。登録番号は76-1720。その名の通り、稲妻のようなスタートダッシュを得意とする。あるレースで、グレート・ピジョン号に遅れを取って以来、ライバル心を燃やしている...
連合会メンバー。成績優秀で常に学年トップをキープしており、1位に対して強いこだわりを持つ。「シートン動物記」の中の伝書鳩の物語に感銘を受け、さらに家庭教師の山南敬介の影響でレース鳩を飼うこととなる。一...
『レース鳩0777』に登場するレース鳩。登録番号は77-0001。200km以下の短距離レースにおいて抜群の成績を誇る。ただし、短距離飛行に適した硬い筋肉の持ち主のため、長距離戦になると疲労がたまりや...
連合会のメンバー。老舗の呉服問屋の跡取り息子で、常に着物を着ている。語尾に「〜だな」をつけるのが特徴。絵を描くのが好き。放浪癖があり、旅に出てしばらく帰って来ないこともしばしば。オフクロ号のオーナー。
『レース鳩0777』に登場するレース鳩。登録番号は76-0296。メス。非常に優れた方向感覚と記憶力の持ち主で、常に群れの先頭に立って他の鳩を引っ張っている。佐清が放浪の旅で日本各地に連れて行ってはそ...
次郎たちが所属する日本レース鳩協会連合会の会長を務める。温厚な人柄で、次郎の良き先輩として、親身になって次郎にアドバイスをくれるだけでなく、時には厳しく接したりもする。