ローゼンメイデン(Rozen Maiden)

ローゼンメイデン(Rozen Maiden)

引きこもりの少年桜田ジュンが突如やってきた謎の生きる人形の真紅によって新たな世界や困難に出会うことになり成長していく姿と人形たちの戦いを描いた物語。PEACH-PITの代表作。突然連載が終了し、後に『ローゼンメイデン』という作品に引き継がれている。

正式名称
ローゼンメイデン(Rozen Maiden)
作者
ジャンル
ファンタジー一般
 
バトル
レーベル
集英社 / ヤングジャンプコミックス(集英社)
巻数
全10巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

桜田ジュンは引きこもりの中学生でくだらないものを通販で購入しては返品することを趣味としていた。ある日、送られてきた怪しいダイレクトメールに答えてしまったことで薔薇乙女真紅が送られて来てしまい、真紅や他の薔薇乙女との戦いに巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

桜田 ジュン

中学生2年生のメガネをかけた男の子。不登校で家に引きこもっている。ひねくれており自己中心的な面もあるが、本当は気弱で優しい性格をしている。裁縫が得意で壊れた人形の魂を呼び戻すことができる腕前の持ち主。真紅に契約者にされてしまい翻弄される。

桜田 のり

桜田ジュンの姉。高校生のメガネをかけた女の子。ドジでボケているが優しい性格をしており桜田ジュンに横暴な態度をとられてもいつも桜田ジュンのことを心配している。海外に行っている両親の代わりに家のことを一切引き受けている。

真紅

薔薇乙女シリーズの第五ドール。金髪のツインテールに赤い衣装が特徴。プライドが高く高飛車な性格をしているが、契約者を敬う誇りある一面もある。アリスゲームを自分なりの方法で勝ち抜こうと考えている。他の薔薇乙女のドールに頼られる存在。紅茶の淹れ方に強いこだわりがある。

雛苺

薔薇乙女シリーズの第六ドール。金髪の巻き髪におおきなピンクのリボンをつけているのが特徴。寂しがりな性格で前の契約者と離れ離れになったこともあって今の契約者である柏葉巴に強く依存している。他の薔薇乙女シリーズよりも幼く甘えたがり。当初は人形を大きくする能力があった。苺大福が好物。

翠星石

薔薇乙女シリーズの第三ドール。蒼星石の双子の姉。長い茶髪と、深緑色のロングドレスが特徴。オッドアイ。契約者の結菱一葉から真紅のところに逃げてきた。毒舌で性悪だが、人見知りで争いごとを避ける一面もある。人の心を育てる庭師の如雨露を持っている。

蒼星石

薔薇乙女シリーズの第四ドール。翠星石の双子の妹。ショートカットで帽子をかぶったボーイッシュな衣装が特徴。オッドアイ。結菱一葉の復讐に賛同していた。生真面目な性格をしており冷酷な面もある。翠星石に愛憎入り混じった強いコンプレックスを抱いている。大きな庭師の鋏で戦いに挑む。

金糸雀

薔薇乙女シリーズ第二ドール。おさげのロール髪とオレンジ色の衣装が特徴。見た目は幼く、間の抜けたところもあるが意外としっかりしている。契約者の草笛みつに溺愛されている。雛苺と仲が良い。桜田ジュンの周りを偵察していたが桜田のりに見つかって家に招き入れられた。

水銀燈

薔薇乙女シリーズ第一ドール。長い銀髪と黒い衣装が特徴。背中に黒くて大きい翼が生えている。人を小馬鹿にしており、冷酷で好戦的な性格。他の薔薇乙女よりもアリスゲームに執着している。契約者の柿崎めぐにだけは心を許すことがある。

雪華綺晶

薔薇乙女シリーズ第七ドール。ウエーブのかかった長い二つ結びの髪と白い衣装が特徴。右目が空洞になっており薔薇が生えている。おどけてはいるものの非情に好戦的で他のドールに攻撃を仕掛けてくる。真紅たち既存のドールにも知られておらず謎が多いので不気味がられている。

柏葉 巴

雛苺の契約者の女の子。桜田ジュンの幼馴染み。優等生で学級委員を務めており、成長して疎遠になった桜田ジュンにも気をかけている。雛苺に好かれすぎて生命力を完全に奪われそうになった。

柿崎 めぐ

水銀燈の契約者の女の子。心臓の病気でずっと入院しており、自分の命が長くないことを察している。水銀燈のネジを回したわけではなく、すぐに契約を結ぶこともなかったが徐々に打ち解けていく。水銀燈に自分の命を使い切ってもらうことを望んでいる。

結菱 一葉

蒼星石と翠星石の契約者である年老いた男性。しかし翠星石にはその後、逃げられてしまった。双子の弟の結菱二葉の死を受け入れられず、自身を結菱二葉として生きていた。逃げた翠星石のローザミスティカと庭師の如雨露を奪うため、ドール達を自分の夢へ誘い込んだ。

その他キーワード

ローザミスティカ

薔薇乙女シリーズのドール達の魂のようなもの。失ってしまうと自由に動いたり喋ったりできなくなり普通の人形になってしまう。1つのローザミスティカが七つに割られ薔薇乙女シリーズのドールに与えられたため、薔薇乙女シリーズのドールにはローザミスティカを奪い合うアリスゲームが宿命付けられている。

薔薇乙女

『ローゼンメイデン』に登場するドール。伝説の人形師ローゼンによって作られた7つのドールのシリーズ。ローゼンをお父様だと慕っている。存在自体が都市伝説のようなものだと言われており、実在するかどうかも怪しいと言われている。

書誌情報

ローゼンメイデン 全10巻 〈ヤングジャンプコミックス〉 完結

第1巻

(2008年12月発行、 978-4088775661)

第2巻

(2009年9月発行、 978-4088777023)

第3巻

(2010年2月発行、 978-4088778112)

第4巻

(2010年9月発行、 978-4088790299)

第5巻

(2011年5月発行、 978-4088791197)

第6巻

(2011年11月発行、 978-4088792149)

第7巻

(2012年5月発行、 978-4088793702)

第8巻

(2012年12月発行、 978-4088795751)

第9巻

(2013年7月発行、 978-4088795638)

第10巻

(2014年4月18日発行、 978-4088797779)

SHARE
EC
Amazon
logo