一之瀬 怜子

ピアノの森(漫画)の登場人物。読みは「いちのせ れいこ」。別称、怜ちゃん。カイとは親族関係にある。

  • 一之瀬 怜子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ピアノの森(漫画)
正式名称
一之瀬 怜子
ふりがな
いちのせ れいこ
別称
怜ちゃん

総合スレッド

一之瀬 怜子(ピアノの森)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

主人公カイの母親。森の端という歓楽街で生まれ育ち、一度も外で暮らしたことがない。15の時にカイを産んだ。父親が不詳なことや、娼婦をやっていることで世間からはしばしば批判されているが、カイだけはどんな事があっても守り、ひたむきに愛情を注いでいる。カイにはいつか森の端を出てほしいと願っており、阿字野の下でピアノを弾くよう勧める。

かなり美しい女性で、雨宮はが初めてカイの家に訪れた時は天使だと思ったほど。

登場人物・キャラクター

森の端という歓楽街に、娼婦の息子として生まれた。3歳の時部屋の窓から落下するが、森に続いている大きな木がクッションとなり、そのまま捨てられていたピアノの上に落ちた。この日からピアノはカイにとっての遊び...

関連キーワード

カイが生まれ育った歓楽街。チンピラやヤクザがはびこり、学校では立ち入り禁止の場所として教えられている。

登場作品

森の端と呼ばれる歓楽街で、娼婦の子供として生まれた一之瀬海は、3歳の時から森のピアノを弾いて育った。陽の光や月明かりに照らされ、森に住む動物たちを観客に見立てては演奏会を開く日々。森が育んだカイの才能...