いつもポケットにショパン

いつもポケットにショパン

ピアニストを目指す女子高生須江麻子が、周囲の人々との交流を通じて成長していく様を描いた青春物語。

正式名称
いつもポケットにショパン
作者
ジャンル
ピアノ
レーベル
集英社文庫 コミック版(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

須江麻子緒方季晋は小学校時代、同じピアノ教室に通っていた幼馴染みだった。季晋はピアノの勉強のためにドイツへ旅立ち、離ればなれに。ふたりが高校生となり、再会することができたが、麻子の予想に反して季晋は冷たく当たる。その理由は、ふたりの母親との間にあった確執と、ドイツで起きた列車事故による怪我がきっかけだった。

登場人物・キャラクター

主人公

白川音楽学園の生徒で、1年次に寮の同室だった末永依里と親友になる。緒方季晋とは、ピアノのレッスンから遊びまでいつも一緒の幼馴染だったが、事情により離ればなれになったため再会を夢見ていた。不器用でおさげ... 関連ページ:須江 麻子

緒方 季晋

須江麻子の幼馴染み。中学生になる時、西ドイツへ留学したが、列車事故により失明、亡くなった緒方華子の角膜を移植して回復した。緒方華子の意志を継いで須江麻子に強烈なライバル心を抱いている。各地のピアノコンテストでいつも上位に入るという、堂園音楽学園の三羽ガラスの1人。

須江 愛子

須江麻子の母で、国際的なピアニスト。気むずかしいように見えるが、実際は不器用で誠実な性格。学生時代、自分に優しく接してくれた緒方華子を大切に思っていた。

緒方 華子

緒方季晋の母で、元ピアニスト。腱鞘炎を慢性化させてしまい引退した。ピアニストとしても敵わず、思いを寄せていた村上稔も奪われたため須江麻子に激しいライバル意識を燃やしている。息の留学に付き添って来ていた西ドイツで、列車事故に巻き込まれて死亡。

末永 依里

白川音楽学園で須江麻子と同室だった。伊波に好意を寄せている。

上邑 恭二

持病の喘息のため、堂園音楽学園から白川音楽学園に転入してきた。各地のピアノコンテストでいつも上位に入るという、堂園音楽学園の三羽ガラスの1人。二階堂まりあに好意を抱いている。

伊波

白川音楽学園の生徒で、ひょうきんで少し無神経な性格。

松苗 元基

白川音楽学園のピアノ教師。厳しい指導で有名。白川音楽学園から引き抜かれて堂園音楽学園へ転勤した。須江愛子とは同年代のピアニスト。

折田

白川音楽学園の生徒で須江麻子と同室になった。タバコの火の不始末が原因で部屋が火事になり、喫煙がばれて退学になった。その原因を須江麻子のせいだと思い込み、復讐しようと企んでいた。須江麻子の演奏に感激し、和解する。

二階堂 まりあ

各地のピアノコンテストでいつも上位に入るという、堂園音楽学園の三羽ガラスの1人。派手なルックスで活動的。自分とは違う雰囲気をもつ、控えめな上邑恭二に思いを寄せている。

村上 稔

須江愛子の元夫で須江麻子の父。須江愛子との仲を反対していた須江愛子の母に認めてもらうため、海外で修行を積む。昭和フィルハーモニーの常任指揮者として帰国し、須江麻子と再会した。

間宮

白川音楽学園の生徒で、末永依里と同室。

SHARE
EC
Amazon
logo