七人のナナ

七人のナナ

アメリカに出張した父親のお土産によって、平凡な女子中学生の鈴木ナナは、7人のナナに分裂。それぞれ、泣き虫や色っぽい、頭がいいなどの違った個性を持つナナたちだが、ただ一つ共通するのは、同じクラスの神近優一のことが好きなこと。そんな7人が、神近君を狙って争奪バトルを開始。さらに、いろんなライバルも登場し、学校は大騒動になるラブコメディー。原作は今川泰宏。

正式名称
七人のナナ
作画
原作
ジャンル
ラブコメ
レーベル
少年チャンピオンコミックス(秋田書店)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

アメリカのニューヨークの骨董品屋で鈴木ナナのパパが見つけてきたのは、クリスタル・イン。本来なら水晶の中に虫などが入っている希少なものだが、パパがナナに土産として渡したのは、「七色のプリズム」を包み込んだ水晶だった。月に照らしてはいけないという禁止事項を知らずに、ナナが月にかざすと、クリスタル・インは壊れ、ナナは気絶してしまう。

翌朝、ナナが目覚めると、そこには別に6人のナナがいた。彼女たちは、泣き虫だったり、豪快だったり6人6様の個性があったが、1つだけ、好きな男の子が神近優一という点では一緒だった。誰が彼のハートを射止めるか、さらにはライバルの女の子も増え、学校や温泉などで神近君争奪戦が繰り広げられる。

登場人物・キャラクター

鈴木 ナナ

オリジナルのナナ。古都町第三中学校3年A組の普通の女子中学生。7月24日生まれのしし座、O型。出席番号7番。好きな食べ物は八つ橋で、嫌いな食べ物は納豆。勉強はほとんどできず、20点前後の答案をママに見られないよう隠している。アメリカに出張していたパパが、ニューヨークの骨董品屋で買ってきたクリスタル・インを、ナナにプレゼントしたときから彼女の運命が変わる。 ナナは、ナナっぺ(ゴーカイなナナ)、ナナさま(冷静なナナ)、ナナぽん(妖しいナナ)、ナナっち(ちょっとイジワルなナナ)、ナナっこ(のんびり屋のナナ)、ナナりん(泣き虫ナナ)、オリジナルナナ(普通のナナ)の7人に分裂。 クラスメートで幼馴染の好きな男の子、神近優一を巡り、ときには協力、ときには争って、全員が接近しようとする。最初は、彼女の分裂を近親者しか知らなかったが、のちに担任教師にばれ、7人で古都町第三中学校へ通うようになる。料理が得意で、7人のナナの中ではリーダー格。

ナナっち

鈴木ナナが7人に分裂したうちの1人。ちょっとイジワルなナナ。パパのアメリカ土産のクリスタル・インによって、鈴木ナナが分裂し、誕生した。カンニングなど悪いことを平気でやる不良のナナだが、困っている人を助ける一面もある。古都町第三中学校の化学部に所属する。

ナナっぺ

鈴木ナナが7人に分裂したうちの1人。ゴーカイなナナ。パパのアメリカ土産のクリスタル・インによって、鈴木ナナが分裂し、誕生した。スポーツ万能で、熱血少女。怒ると怖い。古都町第三中学校のバスケ部に所属する。

ナナさま

鈴木ナナが7人に分裂したうちの1人。冷静なナナ。眼鏡をかけている。パパのアメリカ土産のクリスタル・インによって、鈴木ナナが分裂し、誕生した。頭脳明晰で冷静沈着。7人の中では飛びぬけて頭がよく、他の6人はオリジナルのナナと同様、勉強は不得意。そのため、ママから6人の家庭教師を依頼されたこともある。 古都町第三中学校のパソコン部に所属。

ナナぽん

鈴木ナナが7人に分裂したうちの1人。妖しいナナ。他の6人より胸が大きい。パパのアメリカ土産のクリスタル・インによって、鈴木ナナが分裂し、誕生した。趣味は占いで、催眠術やコックリさん、写経にはまったこともある。他の6人より見た目が大人っぽく、超ナイスバディなところが自慢。 古都町第三中学校の新体操部に所属する。

ナナっこ

鈴木ナナが7人に分裂したうちの1人。のんびり屋のナナ。ほのぼのとして心優しい娘。魚のぬいぐるみ「ビリーちゃん」をいつも抱いている。パパのアメリカ土産のクリスタル・インによって、鈴木ナナが分裂し、誕生した。料理が不得意だったが、三人組(林葉、木枯、森沼)との料理対決で、神近優一のためにラーメンを作って勝利した。

ナナりん

鈴木ナナが7人に分裂したうちの1人。泣き虫のナナ。パパのアメリカ土産のクリスタル・インによって、鈴木ナナが分裂し、誕生した。感受性が強く、読書が好き。また、幽霊が相手でも怖がることなく、友達になろうとしたことがある。古都町第三中学校の文芸部に所属。

神近 優一

古都町第三中学校3年A組の男子中学生。成績抜群で、誰にでもにこやかな受け答えをする少年。鈴木ナナと小野寺瞳は幼馴染。のちに進学用特別クラスにも、3人そろって合格している。また、ナナが7人に分裂していても、すぐに受け入れた。趣味は風景写真の撮影だが、石や蟻など、ちょっと変わったものを撮るのが好き。 いつもにこやかな彼だが、遠縁の親戚の娘である萱野月枝が転入してきたときは、表情は曇っていた。

小野寺 瞳

古都町第三中学校3年A組の女子中学生。肩までかかったセミロングヘアに眼鏡をかけた少女。鈴木ナナとは大親友で、一番の理解者。ナナと瞳、神近優一とは幼馴染でもある。毎朝登校時には、ナナを誘ってから学校へ行く。ナナが7人に分裂したときは、いきなり彼女たちの性格を1人ずついい当てることができた。 のちに、進学用特別クラスにナナと神近と彼女がそろって合格している。

三人組

古都町第三中学校の女子中学生で、林葉、木枯、森沼の3人のこと。リーダー格はヘアバンドをしている林葉で、顔にそばかすがあるのが木枯。他の2人より胸の大きいのが森沼。三人組はいつもいっしょで、何かと鈴木ナナや他の6人のナナにいじわるをして、神近優一から離そうとする。 神近ファンクラブの発起人でもある。

生活指導

古都町第三中学校に勤める教師。顔は非常に怖く、いつも怒っているようだが、実は生徒想い。鈴木ナナの担任で、最近ナナの様子が変わったことから家庭訪問する。このとき、7人のナナがいろいろ画策し、先生にうさぎの着ぐるみを着せることに成功。写真を撮り、それを使って脅迫することで、7人全員が学校に通うことができるようになった。 そしてこの日以降、自宅で彼は、うさぎの着ぐるみを着ることがクセになってしまった。

萱野 月枝

名門の私立桜百合中学校から古都町第三中学校の進学用特別クラスに転入してきた女子中学生。5教科以外に、音楽や身体面でもすべて完璧な美少女でお金持ち。遠い親戚にあたる神近優一に好意を持っているが、神近自身は彼女が苦手で、彼女が転入してくる前から表情がかなり暗かった。 7人のナナにとっては最大のライバルでもある。

その他キーワード

クリスタル・イン

通常のクリスタル・インには、水晶の中に虫などが入っているが、これはハート型の「七色のプリズム」が入っていた。鈴木ナナのパパが、アメリカ出張時にニューヨークの骨董品屋で購入したもので、ナナにアメリカ土産としてプレゼントしたもの。骨董品屋のばあさんからは禁止事項として、この水晶を月に照らさないよういわれていたが、ナナはそれを聞かずに月にかざし、7人に分裂するきっかけとなった。

ナナレンジャースーツ

鈴木ナナの祖父の六造が、7人のナナにプレゼントした特殊スーツ。防犯用電気ショックの手袋の、瞬間電圧をさらに3万ボルトまで上げ、そのうえ、表面はスペクトラ(防弾チョッキなどに使われる特殊素材)使用で強度も高い。ベルトのボタンを押すと、最終兵器「お色気爆弾」が使用可能。 これを使えば、相手に強力な攻撃ができるが、スーツが消え去って全員裸になってしまうので、一度しか使えない。

関連

七人のナナ

書誌情報

七人のナナ 全3巻 〈少年チャンピオンコミックス〉 完結

第1巻

(2002年4月発行、 978-4253201810)

第2巻

(2002年6月発行、 978-4253201827)

第3巻

(2002年8月発行、 978-4253201834)

SHARE
EC
Amazon
logo