七帝柔道

七帝柔道

七帝柔道記(漫画)に登場する柔道の形式。読みは「ななていじゅうどう」。

登場作品
七帝柔道記(漫画)
正式名称
七帝柔道
ふりがな
ななていじゅうどう
関連商品
Amazon 楽天

概要

「立ち技で投げた後以外は寝技をかけてはいけない」とする一般的な講道館柔道とは異なり、寝技を重視する。審判による「待て」もなく、「有効」や「効果」のようなポイントもなく、勝負は「一本勝ち」のみという、より実戦に近い過酷なルールを持つ。このルールは、北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学の7つの国立大学(旧帝大)にのみ継承されており、このことから七帝柔道と呼ばれている。

この大学同士で一年に一度、七帝戦が行なわれている。

登場作品

七帝柔道記

1986年、一人の青年が北海道大学に入学した。彼の名は増田俊也。高校時代は地元でならした柔道青年だったが、さらなる飛躍を求め、北大柔道部に入部することにしたのだ。熱い決意を胸に入部した増田だが、北大柔... 関連ページ:七帝柔道記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
七帝柔道記
logo