帯をギュッとね!

帯をギュッとね!

中学時代別の学校でライバル同士だった粉川巧たち5人が同じ高校に進学したことから始まる柔道部を舞台とする青春マンガ。ライバル校との試合を中心軸に、恋愛模様やギャグを織り込んだ軽快なストーリー運びが特徴で、いわゆる「スポ根」ものでありつつも爽やかな「ラブコメ学園もの」としての性格が強い作品。

概要

柔道部のない県立浜名湖高校に入学し、偶然クラスメイトになった粉川巧たち5人は、中学時代から柔道のライバル同士だった。協力して柔道部を立ち上げ、他校との試合をしていくことで新たなライバルとも出会い、5人それぞれが強くなっていく。無名校ながら地区大会でも勝ち進み、やがて全国大会へと駒を進めるまでに成長していく。

登場人物・キャラクター

主人公

県立浜名湖高校柔道部で主に先鋒を務める。実力者揃いのチームの中で初期の頃は不安定な存在だったが、天性の勘の鋭さを持ち、ここぞというときに爆発的な力を発揮してどんどん実力をつけていった。部のマネージャー... 関連ページ:粉川 巧

『帯をギュッとね!』の登場人物で、粉川巧とは同級生で同じ県立浜名湖高校柔道部に所属、部長を務める。実家が浄土真宗の寺のため丸坊主にしている。巧とは北部中学から一緒でその頃からの親友。チームのムードメー... 関連ページ:杉 清修

『帯をギュッとね!』の登場人物で、粉川巧とは同級生で同じ県立浜名湖高校柔道部に所属し、副部長を務める。いつも閉じているような細い目が特徴。入浴時以外はいつも髪を逆立てているため、「ハリネズミ頭」などと... 関連ページ:斉藤 浩司

『帯をギュッとね!』の登場人物で、粉川巧とは同級生で同じ県立浜名湖高校柔道部員。チームで一番小柄ながら、巴投げを得意とする実力者。三溝幸宏とは同じ東部中学に通っていた幼なじみで、気の強い性格でいつも引... 関連ページ:宮崎 茂

『帯をギュッとね!』の登場人物で、粉川巧とは同級生で同じ県立浜名湖高校柔道部員。高校一年生にして身長195センチという体格に恵まれ、内股や祓い腰を得意とするダイナミックなスタイルが身上。東部中学柔道部... 関連ページ:三溝 幸宏

近藤 保奈美

県立浜名湖高校柔道部マネージャー。粉川巧とは幼馴染みで、恋人同士。大人しく真面目な性格だが、巧のことになると夢中になって行動が大胆になる。みずから他高校柔道部に接触し、選手のデータを集めてくる行動力も持つが、巧が窮地に陥ると反射的に泣き出したり、無意識のうちに大声を上げて応援していることがある。

近藤保奈美同様、県立浜名湖高校柔道部マネージャーで、後に正式な部員となる。ポニーテールの髪がトレードマークで、保奈美とは対照的に感情豊かで激しやすい性格。保奈美とは中学が一緒でその頃からの親友同士だが... 関連ページ:海老塚 桜子

来留間 麻理

粉川巧の一年後輩で、県立浜名湖高校柔道部初の女子部員。三方ヶ原工業高校で藤田恵の二年先輩で天才と呼ばれていた来留間大志の妹で、兄譲りといえる桁違いの才能と天然ボケを発揮する。中学が一緒で同じ年に入部した仲安昌邦と仲がいい。

『帯をギュッとね!』の登場人物で、粉川巧たちの属する県立浜名湖高校1年8組の担任教師で、柔道部顧問。黒縁メガネをかけた理知的な印象の美人数学教師ということで生徒たちの人気も高い。マイペースな性格に剣道... 関連ページ:倉田 龍子

倉田 典善

県警察で柔道の師範をしているこわもての巨漢だが、倉田龍子の父親で中学時代から粉川巧らの実力に注目し、コーチ役も務めるなど師匠同然の存在。丸刈り頭に刃物傷らしき三日月型の傷跡がある上、細く鋭い目つきは白目がち、口ひげやスーツ姿もともすれば警察というよりもヤクザ風に見える。

西久保 亨

倉田典善が指導する県警察柔道部に所属する機動隊員。元国体強化選手で県警柔道部でも指折りの存在だったが、倉田典善が引き合わせたことから県立浜名湖高校柔道部を指導することになり、後に退職後正式にコーチとして就任する。

三方ヶ原工業高校柔道部員で、粉川巧のライバル。内股を得意とし、中学時代に全国優勝しているつわもので、1年生にして県大会優勝候補でもある強豪校のレギュラーに選ばれる。ナルシスト傾向がありプライドが高く、... 関連ページ:藤田 恵

関谷 和実

三方ヶ原工業高校柔道部員。藤田恵と同学年だが、チームの中でももっとも段位取得が遅かった。しかし返し技全般を得意とし、その実力も高かったため昇段試験で対戦した粉川巧を破っている。

石塚 孝裕

近藤保奈美と海老塚桜子の中学時代の先輩で、当時保奈美に好意を持っていて告白したが断られた過去がある。中学時代はバレー部だったが、県内有数の進学校である佐鳴高校で柔道部に入り、県立浜名湖高校を仮想敵に腕を磨いていた。女生徒たちからはアイドル並みの人気がある。

『帯をギュッとね!』の登場人物で、佐鳴高校柔道部の女子部員。高校柔道選手権の女子体重別個人戦で全国優勝している実力者。石塚孝裕とは両思いだが、弟袴田豊らの邪魔が入ることが多く関係がしにくい。ショートカ... 関連ページ:袴田 今日子

袴田 豊

『帯をギュッとね!』の登場人物で、佐鳴高校の柔道部員。袴田今日子の弟で、高い実力を持つ姉にコンプレックスを抱き柔道を辞めていたが、海老塚桜子に一目惚れして自発的に柔道部に入っている。柔道再開前はオールバックの髪型にしていたが、高校柔道選手権の地区予選に出場した際には丸坊主に変えていた。

粉川巧と近藤保奈美の幼なじみ。子供の頃は泣き虫でいじめられっ子だったため巧に助けられることが多かったが、強くなるため格闘技を身につけた。新設校の私立暁泉学園にスポーツ特待生として入学し、柔道部主将とな... 関連ページ:堀内 平八郎

『帯をギュッとね!』の登場人物で、私立暁泉学園の柔道部員。整った顔立ちに髪を長く伸ばしているため女性のように見える上、言葉遣いも女性のようにしているが柔道の実力は高い。試合で「キレ」た状態になると二重... 関連ページ:永田 賢

佐野 直弼

『帯をギュッとね!』の登場人物で、私立暁泉学園の柔道部員。坊主頭で粗暴な性格を持ち、大会中に袴田今日子をナンパしようとするヒールキャラクター。

『帯をギュッとね!』の登場人物で、私立暁泉学園の柔道部員。とても高校生には見えない老け顔の持ち主。本来はゴルフ部員だが、員数合わせのため素人ながら柔道部員も兼任している。勝ち抜き戦に「大将」として出場... 関連ページ:原田 彦蔵

酒井 法男

高校柔道選手権の地区大会で優勝候補のひとつとされた赤石林業高校の柔道部員で、後に部長。地区予選で県立浜名湖高校と当たり、先鋒として粉川巧と試合し敗北する。丸坊主に口ひげが特徴で口は悪いが、巧たちの実力は認めている。

西村 知実

『帯をギュッとね!』の登場人物で、赤石林業航行の柔道部員。190センチの身長を誇る、地区随一の重量級選手だったが、三溝幸宏に敗れる。酒井法男が部長になった後も、副部長となりコンビで幾度となく粉川巧たちと顔をあわせている。斜視で両方の目が別方向を向いているように見えることが多い。

玉城 一史

高校柔道選手権の地区大会で優勝し全国大会に出場した県立浜名湖高校を一回戦で破った沖縄尚北の中心人物。同年大会の男子無差別級個人戦で優勝している。

栗末 鳩子

県立浜名湖高校テニス部の部長。海老塚桜子の並外れた運動能力を知り、副部長の丸智奈(まるちな)とともに勧誘を行う。

杉 薫

杉清修の2年下の妹。杉家を訪れた粉川巧を気に入って好意を寄せるようになるが、自己中心的な腹黒キャラで、兄も含め他人の言うことはあまりきかない性格を持つ。

集団・組織

県立浜名湖高校

『帯をギュッとね!』の主な舞台となる高等学校。柔道部自体が存在していなかったが、粉川巧らが部を設立し、強豪校とも渡り合ってゆくことになる。

三方ヶ原工業高校

『帯をギュッとね!』に登場する相手校のひとつ。県立浜名湖高校柔道部が初めて合同練習を行った相手で、その前年度の高校柔道選手権地区大会の優勝校。

佐鳴高校

『帯をギュッとね!』に登場する相手校のひとつ。県下でも指折りの進学校で、スポーツ面で特に目立ったところはなかったが、石塚孝裕が柔道部に入ったことで強豪校のひとつとして名を連ねるようになる。女子部員も多く、特に袴田今日子がテレビ取材を受けるなど注目を集めている。

暁泉学園

『帯をギュッとね!』に登場する相手校のひとつ。近年新設された私立校で、特に運動部系の活動に力を入れており、スポーツ特待生制度だけでなく施設やコーチ契約にも多額の費用をかけている。全国的に高い成績を収め... 関連ページ:暁泉学園

その他キーワード

山嵐

『帯をギュッとね!』で描かれた柔道技の一種。中学三年生の粉川巧が昇段試験で三溝幸宏を相手に決めた投げ技。タイミングを取ることが非常に難しいため「幻の技」とも呼ばれている。冨田常雄の小説『姿三四郎』に登場する技として有名。

谷落とし

『帯をギュッとね!』で描かれた柔道技の一種。高校柔道選手権地区大会で赤石林業高校と対戦した際、大将戦前の斉藤浩司に倉田典善が奇襲戦法として教え、ぶっつけ本番で使われた技。相手の膝を持ち上げてバランスを崩し、背中から倒して一本を取っている。

ヴァン・デ・ヴァル投げ

『帯をギュッとね!』で描かれた柔道技の一種。モスクワオリンピックで金メダルを獲得した、ベルギー人のロベルト・バンドワールが考案した双手刈りから相手を持ち上げて後方に倒す技。高校柔道選手権地区大会で三溝幸宏が使用している。

書誌情報

帯をギュッとね! 全16巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(2002年11月発行、 978-4091934215)

第2巻

(2002年11月発行、 978-4091934222)

第3巻

(2003年1月発行、 978-4091934239)

第4巻

(2003年1月発行、 978-4091934246)

第5巻

(2003年3月発行、 978-4091934253)

第6巻

(2003年3月発行、 978-4091934260)

第7巻

(2003年5月発行、 978-4091934277)

第8巻

(2003年5月発行、 978-4091934284)

第9巻

(2003年7月発行、 978-4091934291)

第10巻

(2003年7月発行、 978-4091934307)

第11巻

(2003年9月発行、 978-4091934314)

第12巻

(2003年9月発行、 978-4091934321)

第13巻

(2003年11月発行、 978-4091934338)

第14巻

(2003年11月発行、 978-4091934345)

第15巻

(2004年1月発行、 978-4091934352)

第16巻

(2004年1月発行、 978-4091934369)

SHARE
EC
Amazon
logo