七生子シリーズ

主人公である女子高生が出会う様々な形の愛を通じ、思春期から大人への成長を描いた漫画。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
七生子シリーズ
作者
ジャンル
恋愛一般

総合スレッド

七生子シリーズ(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

桐門高校(七生子シリーズ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40
親戚の家(七生子シリーズ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40

新着関連スレッドもっとみる

概要

主人公である女子高生加賀見七生子が自分の過去や出生の秘密、同級生の恋愛、自身の初恋を通じ、様々な愛の形があること、そして自分が本当に愛するべき人を認識するまでを描く。『雨男』『死せる王女のための孔雀舞』『さらばマドンナの微笑』『我はその名も知らざりき』の4作品から構成される短編連作。

登場人物・キャラクター

主人公
桐門高校に通う女子高校生。クラスでは委員長を務め、成績も良く、友人達の信頼も厚いが、その一面で学校をサボリ空き家となった親戚の家で、スケッチをしながらひとりタバコをふかすような、影を持った少女。
彫りが深く野性的な、魅力的な顔立ちをした20代の男性。祖父がイギリス人のクォーター。雨宿り先として、空き家だと思って駆け込んだ家で七生子と出逢う。後に七生子の通う桐門高校に美術教師として赴任。

場所

主人公である加賀見七生子が通う高校。県内でも名門で知られる。
加賀見七生子父方の祖母の家だが、本来の持ち主であるおじが海外から戻らず、祖母が亡くなってからずっと空き家になっており、七生子の隠れ家となっている。