中原 スナコ

中原 スナコ

ヤマトナデシコ七変化(漫画)の主人公。読みは「なかはら すなこ」。別称、スナコ。

登場作品
ヤマトナデシコ七変化(漫画)
正式名称
中原 スナコ
ふりがな
なかはら すなこ
別称
スナコ
関連商品
Amazon 楽天

概要

長い黒髪の少女。北海道から叔母・中原美音が経営する下宿にやって来た。登場当初は前髪で目を隠していた。中学生の時に好きだった男の子に「ブスは嫌いなんだよ」と言われ、それがトラウマとなっている。異常なほど自らの容姿にコンプレックスがあり、鏡を見ると極端に怖がる。また美しいものを極端に恐れている。地味で孤独を愛しているが、そのためかえって悪目立ちしている。

普段は三頭身で描かれることが多いが、いざというときにはモデルのような容姿になる。ホラーやスプラッタをこよなく愛している。

登場作品

ヤマトナデシコ七変化

高野恭平、織田武長、遠山雪之丞、森井蘭丸は揃って見目麗しく女子からの人気も高い高校生。彼らは下宿先のオバちゃんから、姪をレディーにしたら家賃をタダにするという条件を出される。やってきた中原スナコはホラ... 関連ページ:ヤマトナデシコ七変化

SHARE
EC
Amazon
logo