二宮 光

ちかいの魔球(漫画)の主人公。読みは「にのみや ひかる」。

  • 二宮 光
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ちかいの魔球(漫画)
正式名称
二宮 光
ふりがな
にのみや ひかる

総合スレッド

二宮 光(ちかいの魔球)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

静岡県浜松市出身。母親と別居し、叔父の家で働きながら学校へ通う。富士高校のエースとして甲子園を目指すが、その夢はライバル校の謀略に敗れる。その後、プロ球界からのスカウトで、昭和36年、巨人軍へ入団。左投げ左打ち。背番号14番。開幕投手として先発。オールスター戦にも選出され、最高殊勲選手となる。

魔球に続く新魔球、第三の魔球を編み出すが、それら魔球は体を酷使するために二宮自身の体へのダメージが大きい。特に第三の魔球は、謎の老人が「1試合に3球以上投げてはいけない」という約束で教示するが、完全試合達成のためにその禁を破り致命傷を負う。日米戦で来日中のデトロイト・タイガース戦で先発し、完封勝利。

その後引退し、帰郷。母校、富士高校野球部の監督となる。

登場人物・キャラクター

富士高校野球部で、二宮光とバッテリーを組むキャッチャー。甲子園の夢が絶たれ、二宮の後を追って、巨人軍に入団する。右投げ右打ち。背番号は119番。短気でおっちょこちょいな性格。大飯食らい。オープン戦で落...

関連キーワード

『ちかいの魔球』に登場する技。二宮光の魔球は、全編を通して、魔球、新魔球、第三の魔球の3種類がある。高校時代からの魔球は、投げた球がピタリと一度止まり、その後ふわりとキャッチャーミットにおさまるという...

登場作品

魔球を投げる富士高校野球部エース二宮光とキャッチャーの久保田吾作は、地区予選でライバル校の謀略で出場辞退となってしまう。しかし、プロ球団からスカウトされ、読売巨人軍に入団。最初の魔球から新魔球、第三の...