巨人の星

巨人軍のエースとして輝くことに命を賭ける星飛雄馬とその父・星一徹の生き様、さらにライバルたちと繰り広げられる激しい闘いの数々を描き、「スポ根」というジャンルを切り開いたとされる熱血野球漫画の傑作。原作・梶原一騎、作画・川崎のぼるで両氏の代表作となった。

概要・あらすじ

元野球選手の星一徹を父に持つ星飛雄馬は、幼い頃から巨人軍のエースになるべく、日夜厳しい練習を重ねていた。待望の巨人軍入団を果たした飛雄馬は、たゆまぬ努力から生み出した魔球を武器に、「巨人の星」として輝くため、花形満左門豊作、オズマら素晴らしいライバルたちと激闘を繰り広げていく。

登場人物・キャラクター

星 飛雄馬

プロ野球チーム・巨人軍の選手。ポジションはピッチャー。左投げ。「幻の名三塁手」と言われた星一徹を父に持ち、巨人軍のエースとして光り輝く星となるべく、幼い頃から厳しい野球の特訓を受けてきた。青雲高校に進学し、甲子園で準優勝を遂げるが事情により中退。その後、巨人軍にテスト入団し、針の穴をも通す絶妙のコントロールと、大リーグボール養成ギブスによって身に付けた豪速球で活躍を期待されたが、球質が軽いという投手にとって致命的な欠点に悩まされる。 しかし厳しい特訓の末、誰も見たことがない魔球・大リーグボールを編み出し、花形満や左門豊作らライバルたちと熱い闘いを繰り広げることとなる。 母とは幼い頃に死別、姉が一人いる。

星 一徹

星飛雄馬の父。元は巨人軍で名三塁手として活躍していたが、太平洋戦争に出征中に肩を壊してしまう。復帰後、衰えたスローイング能力をカバーすべく、魔送球と呼ばれる送球術を開発する。しかし、魔送球がビーンボール紛いのものだったため、巨人軍にふさわしくないとチームメイトの川上哲治に指摘され、自らもそのことを恥じて巨人軍を去った。 野球選手をやめた後は、日雇い労働者として働きながら、息子の飛雄馬を巨人軍のエースとすべく、厳しく野球を教え込んでいた。飛雄馬が巨人軍に入団し活躍し始めると、中日ドラゴンズのコーチとして、飛雄馬の前に立ちはだかることとなる。

星 明子

星一徹の娘で、飛雄馬の姉。亡き母に代わって、父や弟の面倒を見ている。健気で控え目な性格で、一徹に厳しく指導される飛雄馬を物陰から優しく見守っている。飛雄馬が活躍したため、しばらくは飛雄馬のマンションで生活をしていたが、弟の自立を妨げているとの思いから、飛雄馬の前から姿を消してしまう。 花形満、伴宙太の2人から想いを寄せられている。

伴 宙太

プロ野球巨人軍の選手。ポジションはキャッチャー。後に中日ドラゴンズに移籍。青雲高校時代に星飛雄馬と知り合い、はじめは飛雄馬を蔑視していたが、飛雄馬の野球に対する真剣な態度に感銘を受け、自らもキャッチャーとして青雲高校野球部に入部した。甲子園準優勝の後、飛雄馬と一緒に巨人軍のプロテストを受けて補欠合格を果たした。 巨人軍においては、大リーグボールを編み出すための特訓に体を張って付き合うなど、苦楽を共にする。しかし、中日ドラゴンズのコーチに就任した星一徹の強い要望によりドラゴンズにトレードされ、飛雄馬のライバルとなる。

花形 満

プロ野球阪神タイガースの選手。ポジションはファースト。花形財閥の御曹司だが、少年時代は不良少年たちで結成された野球チーム「ブラック・シャドーズ」の選手兼監督でもあった。ある時、星飛雄馬と野球で対戦して以来、真剣に野球に取り組むようになる。高校は紅洋高校に進み、甲子園では青雲高校を決勝で降し優勝。 卒業後は飛雄馬と対戦したいがため、阪神タイガースに入団する。ルーキーイヤーから華々しい活躍でレギュラーを獲得し、大リーグボールを編み出した飛雄馬とは何度も激闘を繰り広げており、良きライバルの関係になっている。

左門 豊作

プロ野球大洋ホエールズの選手。ポジションはライト。熊本農林高校時代に甲子園で星飛雄馬のいる青雲高校と準決勝で対戦し惜敗。高校卒業後は飛雄馬と対戦するため大洋ホエールズに入団する。研究熱心な努力家で、観察眼も鋭い。大リーグボールを開発した飛雄馬とも何度も対戦。 花形同様、良きライバルとなっているが、花形に比べて、打倒・飛雄馬で遅れを取ることが多い。ふとしたきっかけで不良少女軍団のリーダー・京子に恋してしまう。

アームストロング・オズマ

元セントルイス・カージナルス所属の野球選手で、後に中日ドラゴンズに入団。ポジションはライト。カージナルス在籍時に日米野球で来日し星飛雄馬と初対決。その後、一年契約で中日ドラゴンズに入団し、コーチの星一徹考案の大リーグボール打倒ギブスをつけて特訓。その結果、驚異的なスイングスピードを誇る「見えないスイング」を会得して飛雄馬の大リーグボール1号と対決することとなる。

速水 譲次

プロ野球巨人軍の選手。代走専門。陸上競技のオリンピック代表候補だったが、「金メダルは腹の足しにもならない」と言い切り、プロ野球で活躍することを目標に巨人軍のプロテストを受けた。走塁、遠投では非凡な才能を発揮、打撃テストでも俊足を活かして内野安打を決め合格。最終テストとなる星飛雄馬との一対一の対決に敗れるも、俊足を買われて補欠入団となる。 飛雄馬に対し激しいライバル心を抱いており、陰では飛雄馬の失敗をほくそ笑んだり、飛雄馬に不利な情報を監督に伝えなかったりした。なお、プロ入り後は代走による出場のみで打席に立つことはなかった。

牧場 春彦

漫画家。青雲高校の生徒で、野球を題材にした漫画を描きたいと思っていたことから、星飛雄馬をスケッチしていた。伴大造の横暴で野球部が解散になった時、義憤に駆られて大造を闇討ちしてしまうが、事実を知った飛雄馬が春彦をかばい身代わり退学したことで、春彦自身は退学を免れる。 高校卒業後も飛雄馬との交流は続き、後に飛雄馬をモデルにした漫画で漫画家デビューを果たす。

伴 大造

伴宙太の父親。伴自動車工業社長。青雲高校PTA会長。青雲高校に非常に強い影響力を持っており、入学試験でも自ら面接を行う。同業の花形モーターズに強いライバル心を持っており、青雲高校が甲子園の決勝において、花形モーターズの御曹司・花形満のいる紅洋高校に敗れたことに腹を立て、野球部の解散を命ずる。 このことが原因で牧場春彦に闇討ちを受けるが、事件そのものは公にはならなかった。当初、息子巨人軍入りを渋っていたが、花形モーターズが、花形満の名を冠した車を販売することを知り、その対抗意識から宙太の巨人軍入りを認めた。

日高 美奈

宮崎県の山奥の診療所で働く少女。高校2年の時、自分が黒色肉腫に冒され、余命いくばくもないことを知り、限られた命を病気に苦しむ人々のために捧げようと、高校を中退して山奥の沖診療所で働くこととなる。ある日、巨人ファンの患者の子を連れて、巨人軍宮崎キャンプに来て、そこで星飛雄馬と出会う。

橘 ルミ

女性アイドルグループ「オーロラ三人娘」のメンバー。テレビ局主催の新春ボウリング大会で、星飛雄馬・花形満・左門豊作の3人と共演した際に、星飛雄馬に好意を持ち、半ば強引に付き合うこととなった。巨人軍の宮崎キャンプに目立つ格好をして押しかけたり、わがままな言動で飛雄馬を怒らせ、結局はケンカ別れすることになった。

京子

スケバン集団・竜巻グルーブのリーダー。「お京さん」「あねご」とも呼ばれる。左門豊作を罠にはめて恐喝しようとしたが、居合わせた星飛雄馬に阻止された。その際、自分の頬を張った飛雄馬に一目惚れする。その後、事件をめぐるいざこざの最中に小指を負傷し、その後遺症で小指が動かなくなってしまう。

ター坊

多摩川グラウンド近くに住む巨人ファンの少年。星飛雄馬、伴宙太とも親しく、飛雄馬の馬鹿正直な性格を子どもながらに尊敬している。大リーグボール1号を開発するため飛雄馬と伴が多摩川グラウンドで特訓していた時は、秘密が漏れないように協力した。

川上 哲治

巨人軍の監督。現役時代は星一徹とチームメイト。一徹が魔送球を編み出した時、邪道だと諭し、それがきっかけとなり一徹は球界を去るが、一徹のことは「最高の三塁手」として認めていた。一徹の息子・飛雄馬が野球選手を目指していることを知ると、陰ながら見守っていた。飛雄馬が高校中退すると、異例の入団テストを行い、飛雄馬に巨人軍入りへの道を開いた。 飛雄馬入団後は、自身の現役時代の背番号「16」を渡し、大きな期待を寄せる一方で、厳しい指導を行っている。実在の川上哲治がモデル。

長島 茂雄

プロ野球巨人軍の選手。ポジションはサード。巨人軍入団会見の席で、星飛雄馬に魔送球を投げつけられるが、事前に川上哲治に魔送球の存在を聞いていたため、怯むことなく素手でキャッチする。常勝巨人軍のレギュラーとして華々しく活躍。王貞治とともに「O.N」と並び称された。 飛雄馬入団後も、良き先輩として飛雄馬と接した。実在の長嶋茂雄がモデル。

王 貞治

プロ野球巨人軍の選手。ポジションはファースト。早稲田実業時代に草野球で星飛雄馬と対戦したことがあり、その時は大リーグボール養成ギブスを外した飛雄馬の速球をキャッチャーが捕れないと判断し、とっさにバントを試みた。その後親しくなり、一緒に出前をするなどした。巨人軍入団後、最初は不振だったが、一本足打法を開眼してからは、ホームランバッターとして活躍。 長島とともに巨人軍を支える選手となっている。飛雄馬の大リーグボール1号の実験台ともなった。実在の王貞治がモデル。

堀内 恒夫

プロ野球巨人軍の選手。ポジションはピッチャー。右投げ。入団1年目から活躍し、新人王に輝いている。星飛雄馬の入団テストの時にピッチャーとして登板。三塁打を許している。投球後に帽子が斜めになるダイナミックな投球フォームが特徴。実在の堀内恒夫がモデル。

金田 正一

プロ野球巨人軍の選手。ポジションはピッチャー。左投げ。通算400勝など数多くの大記録を打ち立てた大投手。巨人軍に入団する前の国鉄スワローズ時代に、ルーキーだった長嶋茂雄と対戦して4打席4三振に打ち取っている。星飛雄馬が巨人軍に入団した時は、すでに全盛期を過ぎていたが、飛雄馬は大先輩として尊敬していた。 台湾キャンプで、変化球を教えて欲しいという飛雄馬に、オリジナルの魔球を開発することを勧めた。引退後は解説者として活躍。実在の金田正一がモデル。

森 昌彦

プロ野球巨人軍の選手。ポジションはキャッチャー。巨人軍を支えた名キャッチャーで、星一徹からも一目置かれている。伴宙太が控えキャッチャーだったため、星飛雄馬が登板した一軍の試合の多くは森とバッテリーを組んでいる。実在する森祇晶(昌彦から改名)がモデル。

柴田 勲

プロ野球巨人軍の選手。ポジションは外野手。「赤い手袋」がトレードマークで、盗塁の名手。台湾キャンプでは、金田正一の怪我に動揺した飛雄馬の暴投がバットに当たり、結果的にアウトになったが、これが後に大リーグボール1号のヒントとなる。実在の柴田勲がモデル。

高田 繁

プロ野球巨人軍の選手。ポジションは外野手。俊足巧打の名選手でファンの人気も高かった。星飛雄馬がテスト入団した翌年に期待のルーキーとして入団した。実在の高田繁がモデル。

集団・組織

巨人軍

『巨人の星』に登場するプロ野球チーム。セントラル・リーグ所属。星飛雄馬が入団した時の監督は川上哲治。飛雄馬の在籍期間中に日本シリーズ6連覇を達成した。実在の球団・読売ジャイアンツがモデル。架空のキャラクターを除き、登場する選手は、実際に読売ジャイアンツに在籍していた選手、OBがモデルとなっており、いずれも実名(当時)で登場している。 また、巨人軍以外の球団・選手も基本的には同様である。ちなみに、巨人軍の正式な球団名は「東京読売巨人軍」で、「読売ジャイアンツ」はニックネーム。ファンやマスコミの間では、「ジャイアンツ」「巨人」という呼称も使われている。なお、作中では6連覇までが描かれているが、その後、日本シリーズ9連覇を達成。 この時期を特に「栄光のV9時代」と呼ぶ。

その他キーワード

魔送球

『巨人の星』に登場する送球術。戦争で肩を壊した星一徹が、送球の遅れをカバーするために開発した。投げた玉がランナーにぶつかるかのような軌道を描いて一塁手のグラブに収まるため、ぶつかると思った走者が一瞬ひるみ、その結果アウトとなる。「ぶつからないことがわかれば効果がないのでは」という川上哲治の問いに、一徹は「たまにぶつけてやればよい」と答えたが、「それではビーンボールと同じ」と諭される。 そのことを恥じた一徹が引退したため、誰も使う者はいなくなったが、息子の飛雄馬が子どもの頃から見様見真似で投げ方を覚えており、長嶋茂雄の巨人軍入団会見の席で、長嶋に向かって投げつけている。後に大リーグボール2号へと応用された。

大リーグボール養成ギブス

『巨人の星』に登場するトレーニング器具。バネを利用して投球に必要な筋力を鍛えるもので、上半身に装着する。星飛雄馬は子どもの時に日常的に身に付けていた。ただし、名前こそ大リーグボール養成となっているが、後に魔球としての大リーグボールを開発する際には、使用されてはいない。

大リーグボール1号

『巨人の星』に登場する魔球。バッターの構えているバットに直接ボールを当て、凡打に討ち取る。自分の球質の軽さに悩んでいた星飛雄馬が、伴宙太とともに特訓の末に編み出した。当時、大リーグの専売特許だった変化球の開発を初めて日本人が成し遂げたことから「大リーグボール1号」と名付けられた。極度の集中力を要するため、投球時の疲労が激しいのが難点。

大リーグボール2号

『巨人の星』に登場する魔球。通称「消える魔球」。投げた球がホームベース手前で打者からは見えなくなる。原理は保護色の応用で、かつて星一徹が開発した魔送球が基になっている。マウンドで高く舞い上がった土煙がボールに巻き込まれ、ホームベース手前で魔送球が起こす土煙に球が溶け込むことで見えなくなる。弱点は土煙が足りないとうっすらと球が見えてしまうこと。 また、グラウンドが湿っている時や風が強い日は使えない。

大リーグボール3号

『巨人の星』に登場する魔球。アンダースローによって投げられる超スローボール。ホームベース付近で推進力がほぼゼロになり、スイングの風圧で球がバットに当たらず、また、当たってもジャストミートできないために凡打になる。小指を怪我した京子が投げたリンゴを左門豊作が取り損ねたことからヒントを得た。スイングが鋭いほど球は当たらないが、ピッチャーなど、打つ気のない緩いスイングだと逆にヒットにされてしまうこともある。 腕にかかる負担が非常に大きいため、投げ続けると腕が破壊されてしまう危険がある。

大リーグボール打倒ギブス

『巨人の星』に登場するトレーニング器具。大リーグボール養成ギブスを打者用に改造したもので、星一徹が打倒大リーグボール1号のためにオズマに装着させた。現役大リーガーだったオズマですら、はじめのうちは満足にスイングできないほど強力なバネを持つ。

見えないスイング

『巨人の星』に登場する打法。大リーグボール打倒ギブスをつけた特訓によりオズマが会得した。あまりのスイングスピードの速さによりスイングそのものが見えないため、こう名付けられた。なお、オズマは3本のバットを持った状態でも見えないスイングを繰り出すことができる。

アニメ

巨人の星

父・星一徹により、幼少期より野球の特訓を受けて育った星飛雄馬は、苦難の末に読売ジャイアンツに入団。多くのライバルと切磋琢磨し、ときには一徹から課された非情な試練に立ち向かい、飛雄馬はジャイアンツの象徴... 関連ページ:巨人の星

巨人の星 特別編 猛虎 花形満

大会社の御曹司として恵まれた環境に育ちながらも非行に走り、放蕩していた花形満は、終生のライバル星飛雄馬との出会いをきっかけに更生。2人は互いにしのぎを削り、高校野球での決戦を経て、勝負の舞台はプロ野球... 関連ページ:巨人の星 特別編 猛虎 花形満

巨人の星 特別篇 父一徹

星一徹は己の果たせなかった夢を息子の飛雄馬に託し、過酷な野球の特訓を強いる。ときには厳しく、ときには愛情をもって接し、飛雄馬は屈指の左腕投手として読売ジャイアンツに入団。星一徹は息子にさらなる試練を与... 関連ページ:巨人の星 特別篇 父一徹

書誌情報

巨人の星 全11巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(1995年6月発行、 978-4062600811)

第2巻

(1995年6月発行、 978-4062600828)

第3巻

(1995年6月発行、 978-4062600835)

第4巻

(1995年6月発行、 978-4062600842)

第5巻

(1995年6月発行、 978-4062600859)

第6巻

(1995年7月発行、 978-4062601030)

第7巻

(1995年7月発行、 978-4062601047)

第8巻

(1995年7月発行、 978-4062601054)

第9巻

(1995年8月発行、 978-4062601122)

第10巻

(1995年8月発行、 978-4062601139)

第11巻

(1995年8月発行、 978-4062601146)

巨人の星 全7巻 〈講談社コミックスDX〉 完結

第1巻

(2003年5月発行、 978-4063347098)

第2巻

(2003年6月発行、 978-4063347104)

第3巻

(2003年7月発行、 978-4063347111)

第4巻

(2003年8月発行、 978-4063347128)

第5巻

(2003年9月発行、 978-4063347135)

第6巻

(2003年10月発行、 978-4063347142)

第7巻

(2003年11月発行、 978-4063347159)

巨人の星 :週刊少年マガジン創刊50周年記念イッキ読み1000p 全1巻 〈講談社コミックスDX〉 完結

第1巻

(2008年5月発行、 978-4063754988)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo