人は見た目が100パーセント

人は見た目が100パーセント

研究室に引きこもり、外との接触が極端に少ない女性3人が、流行のメイクやファッションなどをあらゆる手段を使い研究していくギャグ漫画。毎回ひとつのアイテムを取り上げる一話完結型で、オシャレに慣れない3人が迷走する姿を可笑しくシュールに描いている。

概要

とある製紙会社に勤める優秀な研究員、城之内純佐藤聖良前田満子。これまで研究室に引きこもり、「女子力」などとは無縁だった3人は、「このままではいけない!」と思い立ち、就労後に「美」についての特別研究を始めることに。しかし、付けまつげに柄パン、太眉にアヒル口、何を試しても何故か笑える結果に。それでもめげない3人は、何度も試行錯誤を繰り返し、ダサい自分を卒業するため日々奮闘するのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

30歳。製紙会社の研究員。細身で長身だが、とにかく地味でダサい。つぶらな裸眼がコンプレックスであり、普段は眼鏡をかけることでキリッと仕事のできるイメージを保っているが、外した途端に気弱になり、自分をと... 関連ページ:城之内 純

主人公

製紙会社の研究員。25歳。小柄でぽっちゃりした体型。「おやじ女子」「ぽっちゃり女子」などの言葉が流行る割に、自分がモテないことを不思議がっており、積極的に「美」の研究に励む。しかし、服を買うより美味し... 関連ページ:佐藤 聖良

主人公

製紙会社の研究員。40歳。「細眉」や「肩パット」など、「美」についての知識が非常に古く、発言の端々に哀愁が漂うアラフォー。どんなに流行のメイクを学んでも、なぜだか、異常に濃いノーズシャドウだけは治らな... 関連ページ:前田 満子

主人公の3人が勤務する製紙会社の総務課社員たち。キラキラした今どきの若い女性で、おしゃれや流行に敏感。主人公3人の「女子力」のお手本でもある。 関連ページ:益田・岸根

SHARE
EC
Amazon
logo