仙人の壺

中国の古い怪奇譚(志怪・伝奇小説)を漫画化した短篇集。普通の漫画と異なり、1ページを上下2コマに分割するか、1ページ1コマだけの漫画であり、絵物語的な作品。8ページの漫画のあと、作者のエッセイが付く形式をとっている。恐怖というより、とぼけた味わいで非日常を感じさせる作品が多い。本のタイトルは最初の作品『仙人の締め切り』と最後の作品『息子の壺』を切ってつなげたもので、『仙人の壺』という作品が収録されているわけではない。もともと少年漫画月刊誌に連載したものが、『チャイナ・ファンタジー』というタイトルで出版されたが、それが絶版となり、『仙人の壺』『李白の月』の2冊に分けて再び出版された。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
仙人の壺
作者
ジャンル
エッセイ

総合スレッド

仙人の壺(漫画)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

新着関連スレッド

華陰山(仙人の壺)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:09
使者(仙人の壺)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:09

新着関連スレッドもっとみる

概要

※短編集のため、あらすじは書けません。

登場人物・キャラクター

主人公
魏の時代の仙人。山を下りて、「道術で景帝に用いられたい」と話し、景帝に厚くもてなされる。王族の館をあてがわれるも、なかなか術を見せないので、景帝に催促された。顔は長く無精ヒゲを生やしている。食べ物は黄...
三国時代の魏の帝。名前と行いは作中に登場するが、姿は描かれない。仙人の修羊公を用いて厚くもてなすが、なかなか道術を使わないのでいら立つ。
「道術を見せよ」という景帝の意向を、なかなか術を使わない修羊公に伝えに来た人物。名前は不明の中年男。彼の口上の途中で、修羊公はおもむろに、変化の術を使ってみせ、仙人だと納得させた。

場所

仙人である修羊公が、都に来るまで住んでいた山。山上の石室で寝起きしていた。