以心伝心のお月さん

以心伝心のお月さん

杉田百子は父の杉田夏生と2人で暮らしていたある日、突然無口な少年の矢島欣治と同居することになる。環境の変化に戸惑いながらもお互いに相手を想う、純粋で不器用な恋の物語。

正式名称
以心伝心のお月さん
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
マーガレットコミックス(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

杉田百子は、父親の知り合いの子である矢島欣治と一緒に暮らすことになった。同い年の欣治は無口で何も喋らず、百子は気疲れしてしまう。欣治は杉田夏生の飲食店で働くことになり、そこで映画監督の守井新吾にスカウトされる。欣治が出演することになった映画は、百子が大ファンである刀間洋の主演作品だった。百子はそれがきっかけで洋とは何となく親しくなっていくものの、欣治とは言葉の行き違いや態度のすれ違いで、距離がなかなか埋まらない。

ある日、百子は洋よりも欣治のことが気になって仕方ない自分の気持ちを自覚し始める。また欣治もだんだんと百子に笑顔を見せるようになる。そして同居して3か月近く経ったころ、欣治に海外にいる両親から自分達のところへ来ないかと手紙が来る。

百子に別れを告げて両親の所に向かう決心をした欣治は、1つの決断を下すのだった。

登場人物・キャラクター

杉田 百子

16歳で普通の女子高校生。父親の杉田夏生と2人暮らし。なぜか「夏生さん」と名前で呼んでいる。ロックバンド「ボカシ」のボーカルである刀間洋の大ファン。突然、夏生の知り合いの子である矢島欣治と、同居することになって戸惑う。

矢島 欣治

16歳の少年。イギリスに両親がいるが杉田夏生に預けられ、杉田百子を含めて3人で暮らすことになる。学校に行かず、夏生の店で働いている。無口で余計なことは言わず、あまり笑顔も見せないが、とても人に気を遣う性格。映画監督の守井新吾の目に留まり、刀間洋主演の映画に出演することになる。

杉田 夏生

杉田百子の父で34歳。飲食店「テルサラ」を経営していて夜は家にいないことが多い。知り合いの子の矢島欣治を預かる。分別があり、迷ったり悩んだりしている百子や欣治に助言をする。

バンド「ボカシ」のボーカルを務める青年。ライブ活動のほかに、映画やドラマにも出演している。その結果ソロ活動が増えてきたことで、バンドメンバーとの間には溝が生じている。悪ぶってはいるが、それはあくまでポ... 関連ページ:刀間 洋

一郎

杉田百子の従兄で、現在大学受験に二浪中。百子のことを妹のように思っていてよく遊びに来る。恋愛感情はないのだが、百子の悲しそうな顔を見るのが嫌だと思っている。矢島欣治が拾ってきたカラスが発端で、欣治とケンカになり泣かせてしまう。

エキストラの女の子

若干つり上がった目が特徴的な、1人暮らしの高校生。刀間洋主演の映画にエキストラで出演。明るく元気な性格で、遠慮せずに言いたいことをはっきり言うタイプ。矢島欣治が映画で注目されることを予言。欣治を誘い、少しの間だが一緒に暮らす。

守井 新吾

いつもサングラスをかけている映画監督の男性。杉田夏生の店の常連客で、そこで映画の打ち上げなどを開いたりする。人を見る目に長けていて、働いていた矢島欣治を映画にスカウトする。映画の仕事に対して真剣で、真面目にやらない欣治を叱りつける。----。

SHARE
EC
Amazon
logo