伝染るんです。

伝染るんです。

奇妙な登場人物が日常生活の中で地味に奇妙な言動をして、周囲の人物や読者を不安にさせる、不条理4コマギャグ漫画。1991年に第37回文藝春秋漫画賞を受賞。

正式名称
伝染るんです。
作者
ジャンル
ナンセンス
レーベル
小学館文庫(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

かわうそかっぱかえるなど、様々な登場キャラクターの不条理なやりとりが繰り広げられる4コマ漫画。基本的には、一話完結で構成されている。

全体的にシュールかつナンセンスなギャグが満載で、単行本版では一見、落丁や製本ミスに見えるよう、わざと構成された本の作りがそれをさらに強調している。

登場人物・キャラクター

太った男性が茶色の着ぐるみを着たような、2足で立つ謎の生き物。人語を話し、自分をかわうそと称する。友達にかっぱ、かえるなどがおり、男子中学生を嫌うが、近所の老人達には慕われている。ハワイやビフテキによ... 関連ページ:かわうそ

かっぱ

かわうその友達だが、かわうその不可解な言動によく振り回される。特に「ハワイに行ったことがある」、「若者の友達が多い」、「ボインの姉がいる」という点がかわうそから強く妬まれている。父親が「紫色のぬらぬらした大男の小役人」だと、なぜかかわうそに思い込まれている。

かわうそやかっぱの友達の、2足で歩き人語を話すカエル。ハワイに行ったことがありかわうそに妬まれるが、かっぱほどには被害を受けない要領のよさを持つ。幼少期からのアルバムを持っているがおたまじゃくしの姿の... 関連ページ:かえる

かえるの従兄弟で、おしゃぶりを咥えオムツをつけたカエルの赤ん坊。初登場は生まれた日の翌日で、既にカエルだった。かえると同様、おたまじゃくしについて聞かれると赤ちゃん言葉で誤魔化す。カエルでありながら成... 関連ページ:しんちゃん

しんちゃんのパパ

しんちゃんの父でかえるのおじ。カールした鼻ひげを生やしている。「無精髭」という店を経営しており、自分の毛深さをかっぱに味わわせようと、あえてムダ毛処理せずかっぱの来店を心待ちにしている。店で自ら蛇踊りのイベントを始め、しんちゃんに心配されている。

下の人

かわうそを肩車してその上に服を着ている、覆面の男。背が伸びたと周囲に思わせるため、かわうそが雇ったと思われる。周囲の人が彼を気づかうと、かわうそが「下の人などいないっ!」と抗議する。さらに彼ごと肩車する「下の下の人」、かわうそに肩車される「上の人」などのバリエーションもある。

くま

身長数十センチほどの、シルエットが熊に似た小さな生き物。胸の月の輪以外真っ黒で目や口も見えず、言葉も発しないため何を考えているか分からない。山で遭遇した伊藤の周辺にしばしば現れ、意味不明だがおおむね親切な行為をしてゆく。かわうそとも知り合いだが、かわうその奇行に困らされる事が多い。

天狗

身長数十センチの小さな天狗。かわうそやくまの知り合いらしく、かわうそに黙ってハワイに行ったことを自ら告白し、どんな罰でも受けると潔く告げる。その後、地味ないやがらせを受けた。

頭と両手、両手首に包帯を巻き、他は常に裸の少年。町や学校でも裸でいる。小学4年生で姓は不明だが、作文の名前欄には最初の字「吉」が書かれていた。しばしばコマの外に「オール5」と書かれており、キャラクター... 関連ページ:たけひろ

頭と即頭部を包帯で覆った、学生服の少年。近くの人を不安にさせるような言葉を小声でつぶやく。頭の包帯にはおおむね血がにじみ、顔が青ざめている。さらに、バスで「幼い頃、心に深い傷を負った方の優先席」に座っていたことから、幼い頃心に深い傷を負ったと思われる。街中でイチャイチャするカップルを嫌悪している。

モテモテ

『伝染るんです。』で存在が語られた、ニューギニアの奇獣。背中の皮が伸びて袋状になったものの中で暮らす、体長2cmから72cmの生物。フクロイヌ科。この生き物を知らない会社員が課長を「女性にもてる」の意味で「もてもて」と言ったため、激怒された。似た存在に「妖怪アルジ」、「あきらめ猿」などがいる。

伊藤

角刈りの大学生。山でくまと遭遇して死んだふりをしたが、くまにリュックの中を探られる。以後、くまが身近に現れるようになり、意味不明だがおおむね親切なことをされる。くまの影に怯える伊藤だが、少しすつくまが気になり始める。

頭にこけしを乗せた、概ね半裸の少年。腹から下には経文や絵が赤く書きこまれている。しばしば暗い表情で、周囲の人を不安にさせるような事をつぶやく。道で話しかけてきた人などに「もっとお母さんみたいに聞いてく... 関連ページ:こけし

『伝染るんです。』に登場する生物。球状の肉の塊に口が生えたかのような生き物で、川に棲んでいる。直径は1m近く。大人二人が川に入って抱えるように捕え、焚き火で焼いて食べる「丸焼き」はキャンプの醍醐味とされている。「キューンキューン」と鳴く。

笠に目があり、手足が生えていて2足歩行する椎茸。常に赤いマフラーを巻いている。おいしく食べられることを望んでおり、椎茸を嫌ったり軽く見たりする人間を激しく憎み、時には殴る。肉に対しては対抗意識を燃やし... 関連ページ:しいたけ

すずめ

三角帽子をかぶって虚ろな目をした、鳥のような2匹の生き物。通行人の好みや未来を勝手に決めつけて、嘲笑するかのように語り合い、しばしば通行人を怒らせる。体が黒いだけで同じことをするカラスもいるが、すずめの変装と思われる。

山崎先生

白い円筒形の体、赤い縞模様の腕、尖った鼻と口、整った目と眉、赤い爪、といった、何の動物かもわからない謎の中学教師。生徒たちも彼の正体を疑問に思い質問するが、いつも軽く聞き流されている。担当教科は英語で生徒思いの良い教師と評判だが、奇行や非人間的な能力をしばしば発揮し、周囲を困惑させる。

斎藤

とある家庭の庭の木の洞に、5円の家賃で住んでいるオスのかぶと虫。浪人生だったが、後に大学生になる。調子に乗りやすいが打たれ弱い性格で、しばしばショックを受けて泣きながら飛び去っていく。人間のセクシータレントやAV女優を好み、大学にも好きな異性がいる。

職業などは不明だが、周囲の人々から「先生」と呼ばれ、尊敬を集めている老紳士。「さて久しぶりに弱音を吐くかな」と楽しげに言ってから身を震わせて「もう……終わりだ……」と重々しくつぶやくなど、マッチポンプ... 関連ページ:「さて久しぶりに」の先生

可憐な中学2年生の少女だが、世界征服や人々が蟻のように働く世の中を夢見て、その野心をポエムに綴っている。ポエムには「星野ミッチィ」と署名しており、先生に名字を呼ばれたため、「星野」までは本名と思われる... 関連ページ:星野ミッチィ

トオル

クラスメイトのミッチーに好意を抱く、中学2年生の素直な少年。父は医者。スマートな体型で、長い四肢をくねらせながらミッチーと会話する。ミッチーの不可解な言動や、ミッチーから寄せられる謎の期待にしばしば困惑させられる。

ペドロ

トオルにユニークな友達ができるように、とミッチーが願った6日後に現れた、中近東風の少年。ミッチーの願いが作用し易いらしく、願いのままにトオルと仲違いして仲直りし、ゲイリー富田や猫と謎の集会を開き、ミッチーをいじめようとした。

シークレット奥さん

一見では普通の家庭の主婦だが、シークレットシューズのような「装着することで誰にも気づかれず見た目を補整するもの」を好み、周囲の人々に勝手に装着させて、その変化を陰から眺めてほくそ笑むことを趣味としている。明言はされていないが、斎藤の下宿先の大家とよく似ており、同一人物と思われる。

王様

トランプのキングの図柄のような容姿と服装の、太った男性。日本の庶民的な家屋でお妃様、お姫様と共に庶民的に暮らしているが、周囲の人々は皆彼を「王様」と呼んで敬意を示している。まれに庶民が無礼をはたらく事もあるが、その際は王様により錫杖で殴打される。お姫様への躾は厳しい。

機長

大型旅客機の機長。乗客に機内放送で笑い声を聞かせ続ける、機体の外壁を這い回り外から乗客を覗き込む、機内放送で「あ」と言ったあと押し黙る、「ばか」と小声でつぶやかれて逆上し機体を1回転させる、といった行為で、乗客をたびたび不安に陥れる。

源さん

こけしが行きつけの寿司屋で働く、若い寿司職人。布団に酢のにおいがつき、うなされていても酢飯を握れば落ち着くほど、寿司に取り組んでいる。好きな言葉は「まぐろ」。だが小さい頃の夢は歌手になることだった。

吉本

とある会社の社長秘書。社長室へ勝手に動物(かわうそ)を招き入れるが、動物の珍しい行動を目撃するのはいつも社長の方で、いつも悔しがっている。社長が動物と仲良くなるにつれ一層嫉妬し、動物の耳をなくしたり、巨大化させたりした。

総一郎

『伝染るんです。』と同時期にビッグコミックスピリッツで連載していた漫画『F』(六田登)の登場人物赤木総一郎とよく似ている。かわうそと親しいらしく、自分の近況を写した絵葉書を送ってきた。その絵葉書はかわうそを感動させたが、次の手紙は叔父への激しい憎しみに満ちたもので、その晩かわうそはうなされた。

その他キーワード

タニス

『伝染るんです。』で存在が語られる架空のスポーツ。競技者がひざに四角いラケットをくくり、ふたご球というボールを打ち合うもの。たけひろの父はその世界選手権者と思われ、たけひろもタニスの世界チャンピオンを... 関連ページ:タニス

SHARE
EC
Amazon
logo