佐々木 小次郎

フィルムは生きている(漫画)の登場人物。読みは「ささき こじろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
フィルムは生きている(漫画)
正式名称
佐々木 小次郎
ふりがな
ささき こじろう

総合スレッド

佐々木 小次郎(フィルムは生きている)の総合スレッド
2016.10.19 13:57

概要

宮本武蔵のライバル。有名な佐々木財閥の御曹司で跡取り息子だが、家業を継ぐことを嫌い、アニメ作家を志望して家出する熱血漢。坊主頭で面長。巨大なペンを背負い、大きなインク壺を腰にぶら下げて歩く。自分の才能に絶対の自信を持つ傲慢な性格で、家出中に路上で武蔵と知り合い、50円を賭けてお互いの似顔絵早描き競争をして勝つ。その後、武蔵と意気投合し、将来は一緒にアニメ映画を作る夢を語り合うが、すぐに意見の食い違いで絶交し、終生のライバルとなる。

武蔵を敵視してはいるが、彼の健康を気遣う優しさも持っている。父親とはのちに和解し、資金援助を受けてアニメ制作会社を創立。武蔵と対決するためにスタッフを叱咤して作品を完成させる。

登場作品

アニメ作家を目指して上京した宮本武蔵は、同じ夢を持つ佐々木小次郎と知り合い、親友となる。彼らは2人でアニメ制作会社に勤めるが、「絵に動きがない」とクビになってしまう。発奮した彼らは、それぞれ武蔵が「二...