保健室の死神

顔は怖いが優しい性格の養護教諭・派出須逸人が、弱っている人間の心につけこみ悪事を成す病魔から、生徒たちを守るべく奮闘する物語。

正式名称
保健室の死神
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
 
ホラー
レーベル
ジャンプ・コミックス(集英社)
巻数
全10巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

常伏中学校に赴任してきた新任養護教諭派出須逸人は、顔立ちこそ恐ろしいが、とても生徒思いの良い先生。彼は人間の心につけこみ悪事を成そうとする存在、病魔を滅する力を持っており、病魔に蝕まれて暴走する生徒たちをその力で救っていく。

登場人物・キャラクター

派出須 逸人 (はです いつひと)

常伏中学校に新たに赴任してきた養護教諭で、普段は保健室に常駐している。ボサボサの白髪に、ヒビ割れた顔面と、ホラー映画から飛び出してきたかのような恐ろしげな容貌だが、その実性人見知りがちで繊細な性格。生徒たちのことを心から気遣っているが、外見のせいで恐れられてしまうことが多い。弱った人間の心につけこみ悪事を成そうとする存在・病魔を滅する力を持ち、生徒たちが病魔に取りつかれたときは、自らの危険も顧みず戦う。

明日葉 郁 (あしたば いく)

常伏中学2年組所属の男子生徒。派出須逸人と出会ってから、保健室にしばしば出入りするようになる。気弱な性格で、クラスでも目立たない地味タイプ。一方非常に明晰な頭脳の持ち主で、仲間内では参謀の役回りを果たすことが多い。頼まれたらNOとは言えないお人好しぶりが災いし、病魔関連のトラブルにしばしば巻き込まれる。

藤 麓介 (ふじ ろくすけ)

常伏中学2年A組所属の男子生徒。派出須逸人と出会ってから、保健室にしばしば出入りするようになる。非常に面倒くさがりな性格で、何事に対してもやる気がない。よく授業をさぼって保健室で寝ており、保健室の一角に彼専用のスペースができている始末。かなりの美形かつ運動神経もよいので、女生徒に非常に人気があるが、本人には全く意識がない。 実家は格式ある料亭を営んでおり、兄をはじめ厳格な性格の家族とは折り合いが悪い。

美作 蓮太郎 (みまさか れんたろう)

常伏中学2年A組所属の男子生徒。派出須逸人と出会ってから、保健室にしばしば出入りするようになる。高圧的で強引なガキ大将タイプだが、包容力があり、面倒見も良いので男子の友人からの信頼は厚い。一方、肥満体型と女好きな性格から、女生徒には嫌われがち。バイタリティが高い反面思慮に欠けるところもあり、病魔関連のトラブルに巻き込まれることが多い。 本好暦とは幼馴染で仲が良いが、彼の自分に対する偏愛には気づいていない。

鏑木 真哉 (かぶらぎ まや)

常伏中学2年B組所属の女子生徒。派出須逸人と出会ってから、保健室にしばしば出入りするようになる。長い黒髪を持つ美少女で、素直な性格なので男女共に人気がある。幼いころから空手をやっており、大勢の不良男子を一人で全滅させるほどの実力の持ち主だが、本人は女の子らしくない自分にコンプレックスを抱いている。 病魔に罹っていたところを派出須逸人によって救われ、彼に恋心を抱くようになった。

本好 暦 (もとよし こよみ)

常伏中学2年A組所属の男子生徒。物静かな性格で、重度の人見知り。幼いころ、いじめられていた自分を助けてくれた美作蓮太郎を異常なに敬愛しており、何よりも彼のことを優先して行動する。蓮太郎と親しくなった明日葉郁に嫉妬し病魔に罹るが、派出須逸人に救われて改心。郁をはじめとした保健室メンバーとも交流を持つようになる。 非常に優秀な頭脳の持ち主だが、少しズレたところがあり、趣味の発明品でトラブルを引き起こすことも少なくない。

花巻 美玖 (はなまき みく)

常伏中学2年A組所属の女子生徒。小動物的なかわいいルックスを持ち、成績もよい優等生だが、極度のあがり症で、何かにつけて赤面してしまう癖がある。人としゃべることにも苦手意識があり、失敗してしまったと思うと深い自己嫌悪に陥り、トイレに籠って雄たけびを上げる。マイペースで物怖じしない藤麓介にあこがれ、淡い恋心を抱いているが、なかなかその思いを打ち明けられずに煩悶している。 病魔に取りつかれていたところを派出須逸人に助けられ、保健室メンバーと一緒にいる機会が増えた。

安田 貢広 (やすだ みつひろ)

常伏中学2年A組所属の男子生徒。非常にスケベな性格で、常時そういった言動を繰り返していることから、「稀代のエロリスト」と称されている。自分の欲望に正直な性格で、のぞきや痴漢などさまざまなエロトラブルを引き起こす。そのため何度も病魔に取りつかれており、退治する派出須逸人を悩ませている。 あまりにも粗相が過ぎたために、一時期は登場する際、全身にモザイクをかけられていた。

三途川 千歳 (みとがわ ちとせ)

常伏中学の校長。ゴスロリ風の衣装に身を包んだ小柄な女性で、年齢・素性共に不詳。派出須逸人はかつて彼女の生徒だったが、その頃から容姿が変わっていないという。飄々とした性格で、生徒や教員に悪戯をするのが趣味。学校内外に謎の権力・コネクションを持っており、いつも何か悪だくみをしている。 病魔のこと、また逸人の能力についても知っており、逸人にとっては最大の理解者である。

才崎 美徳 (さいざきみのり)

常伏中学校2年A組の担任で、担当科目は体育。整ったルックスと規格外の巨乳で、男子生徒から非常に人気がある。非常に生真面目な性格で、規則やモラルに厳しい。生徒たちの前では気丈に振舞うが、実際は動揺しやすくそそっかしい性格。精神の甘さを突かれて病魔に取りつかれたところを派出須逸人に助けられて以来、密かに恋心を抱くようになった。 逸人の気を引こうと奮闘するが、いつも空回りに終わっている。

蛇頭 鈍 (へびず にぶる)

美容院サロン・ユグドラシルの経営者兼スタイリスト。気だるげな雰囲気をまとった妖艶な美女で、 気に入った相手にセクハラを行うのが趣味。美容師として働く傍ら、病魔に悩む人間にカウンセリングと治療をも行っている。同じサロンで働く伊賦夜経一、また派出須逸人とは中学時代からの友人だったが、ある事件をきっかけに逸人に対し怒りを抱き、経一と共に袂を分かった。

伊賦夜 経一 (いぶや けいいち)

美容院サロン・ユグドラシルの従業員兼用心棒。褐色の肌と筋肉質な肉体を持つ熱血漢。物事を深く考えず、思慮に欠けるところがあるので、同僚の蛇頭鈍からはいつもぞんざいな扱いを受けている。趣味はギャンブルで、仕事をさぼってパチンコに行くことも多い。鈍に惚れており、事あるごとにアプローチしているが、いつも適当にあしらわれている。 派出須逸人とは中学時代からの友人だったが、ある事件をきっかけに逸人に対し怒りを抱き、鈍と共に袂を分かった。

卑川 操 (ひかわ みさお)

病魔に取りつかれた父親から虐待を受けていたところを、派出須逸人らによって救いだされた少女。父親によって特殊な教育を施されてた結果、同年代の少女に比べ高い身体能力を持つようになった。一方情緒や社会性に乏しいところがあり、奇抜な行動で周囲の人間を驚かせることもしばしば。父親から引き離されてからはサロン・ユグドラシルに預けられ、伊賦夜経一によくなついている。

その他キーワード

病魔 (びょうま))

『保健室の死神』に登場する架空の病気。人間の負の感情から生まれた思念体のようなもので、罹患者の心につけ込んで悪事を働かせる。罹患者の望みを叶えるような能力を発露させることが多く、病魔に取りつかれた人間はたいていの場合、言葉巧みに操られてします。病魔に取りつかれたまま長い時間が経過すると、罹患者は病魔に精神を乗っ取られてしまう。 病魔に取りつかれた人間のことを「罹人(かかりと)」と呼ぶ。

書誌情報

保健室の死神 全10巻 集英社〈ジャンプ・コミックス〉 完結

第1巻 ウワサのハデス先生

(2010年2月発行、 978-4088700052)

第2巻 アンチ・ハニー・トラップ

(2010年4月発行、 978-4088700304)

第3巻 チョコレート・コンプレックス

(2010年6月発行、 978-4088700557)

第4巻 サロン・ユグドラシル

(2010年8月発行、 978-4088700922)

第5巻 ウワサのあやしい占い師

(2010年10月発行、 978-4088701172)

第6巻 波乱の林間学校

(2010年12月発行、 978-4088701523)

第7巻 白熱!町内運動会

(2011年3月発行、 978-4088701790)

第8巻 再会

(2011年5月発行、 978-4088702254)

第9巻 追憶

(2011年7月発行、 978-4088702605)

第10巻 まだまだウワサのハデス先生

(2011年10月発行、 978-4088702872)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo