公害Gメン

公害Gメン

スペクトルマン(漫画)に登場するチームの名称。読みは「こうがいじーめん」。

登場作品
スペクトルマン(漫画)
正式名称
公害Gメン
ふりがな
こうがいじーめん
関連商品
Amazon 楽天

概要

蒲生譲二が所属する。作中では東京都公害局の管轄下にある公害研究所のメンバーを指す通称となっている。もともとは公害被害の調査のための組織だが、ゴリが地球の公害に着目し、それを拡大させる怪獣を作り出すことが多いため、結果的に怪獣と戦う機会が多い。そして第19話『月世界怪獣ムーンサンダー』のエピソードにおいてスペクトルマンが一時的に消息不明となったため、より怪獣に対抗するために装備などを特化した怪獣Gメンへと組織が変更された。

登場作品

スペクトルマン

高度な科学力を持つE惑星で、猿人ラーは社会秩序を乱す存在として宇宙永久追放の刑に処された。しかし、それを不服としたラーは破壊の限りを尽くす。そして、その様子を見ていた天才科学者・ゴリは、平和で無気力に... 関連ページ:スペクトルマン

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo