六道

六道

最遊記シリーズ(漫画)の登場人物。読みは「りくどう」。別称、朱渶。

登場作品
最遊記シリーズ(漫画)
正式名称
六道
ふりがな
りくどう
別称
朱渶
関連商品
Amazon 楽天

概要

妖怪退治をするために各地を転々としている僧侶。大男で体中に札を貼っている。実は玄奘三蔵がまだ金山寺にいた時の札使いの師範代であり兄弟子。江流が珍しく心を開いていた人物。江流が金山寺を去ったその夜に魔天経文を奪いに来た妖怪達に対抗するため禁術・阿羅琊の呪を自らにかけてしまった。

その後10年間自らの痛みを和らげるためだけに良い妖怪も悪い妖怪も区別なく殺し続けた。

関連人物・キャラクター

玄奘 三蔵

23歳の男性。美形で金髪でタレ目が特徴。最高僧でありながら喫煙、飲酒、博打もする破戒僧。プライドが高く気が短い。「死ね」、「殺すぞ」が口癖。自己中心的で冷淡とも言える性格だが実際は仲間思いな一面もある... 関連ページ:玄奘 三蔵

登場作品

最遊記シリーズ

玄奘三蔵が孫悟空沙悟浄猪八戒という3人の妖怪を連れて牛魔王復活を阻止すべく天竺へ向かう。道中様々な敵と出会い、戦いながらそれぞれの過去を紐解いていく。中国の伝記奇譚「西遊記」がベースにされている。峰倉... 関連ページ:最遊記シリーズ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
玄奘 三蔵
孫 悟空
logo