化石円盤

化石円盤

電光オズマ(漫画)に登場する宇宙船。

登場作品
電光オズマ(漫画)
正式名称
化石円盤
ふりがな
かせきえんばん
関連商品
Amazon 楽天

概要

ベガン星人の母船。宇宙探検の途中で地球の側を通りかかった際にエンジンが故障し、修理のために着陸した場所が運悪く泥沼で、そのまま深く沈んでしまい飛び立つことができなくなってしまった。乗員のベガン星人は、自然に地表に出るまで睡眠状態で待つことにした。1億年後の現代、円盤は、大地震によって中央アフリカのウガンダの地面にようやく出ることができた。

表面には古代の生物の化石が付着している。高速で飛行し、あらゆるメカの動力を停止させる放射能を発する。

関連人物・キャラクター

ベガン星人

『電光オズマ』に登場する異星人。地球から140万光年離れたアンドロメダ大星雲にある遊星ベガンから1億年前に飛来した。太古の睡眠状態より覚醒した彼らは、母星が暗黒星と衝突して消滅したことを知る。そこで隊... 関連ページ:ベガン星人

登場作品

電光オズマ

昭和30年後半、松本零士(当時のペンネームは松本あきら)の初期SFアクションのひとつ。超然たる戦士オズマや超兵器群、奇想天外な侵略者など、その後の作品世界の原点となる要素が散見される。 関連ページ:電光オズマ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ベガン星人
登場作品
電光オズマ
logo