北の魔神

聖マッスル(漫画)の登場人物。読みは「きたのまじん」。聖マッスルとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
聖マッスル(漫画)
正式名称
北の魔神
ふりがな
きたのまじん

総合スレッド

北の魔神(聖マッスル)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

『聖マッスル』に登場する巨大鯨。「4の章 北の魔神」に登場。9年前に病気で鯨の墓場に流れ着いた子鯨を15人の漁師に屠られてしまい、復讐の鬼と化す。子を食べられた怒りで14人の漁師を立て続けに殺め、残った老漁師コタンクルも一騎打ちで勝利して倒す。その後、コタンクルの仇討ちに燃える、その孫ポイヤウンペの代わりに決闘に臨んだ聖マッスルと戦う。

この戦いで、聖マッスルコタンクルが急所へ打ち込んでいた銛を深々と刺し、ついに北の魔神を倒した。

登場人物・キャラクター

記憶喪失の状態で、花畑にて目覚めた筋骨たくましい全裸の青年。自分が何者かを探し求めて、文明の荒廃した世界を放浪する。当初は名無しの身だったが、巨人王との一騎打ちの際に人々から「聖なる筋肉、聖マッスル!...
「4の章 北の魔神」に登場。北の地で熊に襲われた聖マッスルを助ける。隻腕だが経験豊かな老漁師で、9年前に病気で鯨の墓場に流れ着いた北の魔神の子を屠った一人。復讐の鬼と化した北の魔神に一騎打ちを挑むが、...

登場作品

たくましい筋肉と高潔で不屈の精神を持つ青年聖マッスルは、ある日花畑で目覚めたが、自身の記憶を失っていることに気づく。彼は己を知る者を探して世界をさまよううちに、荒廃した死の都市、権力者が圧政をしく恐怖...