HUNGRY JOKER

記憶を亡くした天才科学者が、自分の過去を知るために超常物質「エウレカ」を用いて、さまざまな敵と戦いながら冒険の旅を続けるファンタジー漫画。「週刊少年ジャンプ」2012年50号から2013年34号にかけて連載された作品で、第7回近未来杯を受賞している。

正式名称
HUNGRY JOKER
作者
ジャンル
ダークファンタジー
レーベル
ジャンプコミックス(集英社)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

過去の記憶を失っている天才科学者の少年・ハイジは、「大量の光る死体と黒いリンゴ」という唯一の記憶を手掛かりに、自分の過去を追っていた。そんなある日、自分の記憶の中の「黒いリンゴ」が、適合した者に能力を与える超常物質「エウレカ」のうちの1つ、「ニュートンのリンゴ」であることを知る。そして、ハイジは自分の過去を解き明かす旅を続けるうちに、世界の滅亡を目論む、生まれながらのエウレカの適合者集団「黒い軍神」との戦いに巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

主人公

推定14歳の天才科学者の少年。6年前から記憶喪失となっており、「ハイジ」という名前も自分で付けたものである。唯一の記憶は幼少期の自分が目にした「大量の光る死体と黒いリンゴ」という漠然としたものしかない... 関連ページ:ハイジ

鳥居大路 千歳

ハイジの助手を務める18歳の女子大学生。薬品を間違えたり、何もないところでつまずいたりするドジっ娘。助手としての能力は低いものの、ハイジにとっては、何故か良い研究成果を上げるための重要なファクターと見なされており、重宝されている。好きなものはロールキャベツと苺大福と可愛い動物。

「ホワイトジョーカー」のメンバー。普段は王英博物館の警備員を務めている男性。表向きは何事にも動じない冷静沈着な人物に見えるが、表情に出さないだけで、実際は結構な小心者。それでも、「ヤバい状況ほど慌てず... 関連ページ:アラン・ブラックマン

「ホワイトジョーカー」のメンバーの少女。天真爛漫で常に笑顔を絶やさない明るい性格で、ハイジを「ホワイトジョーカー」に勧誘した人物。アラン・ブラックマンの助手を務めている。「ピタゴラスの金槌」の音波を浴... 関連ページ:ミラ・カルディコット

「ホワイトジョーカー」のメンバーで18歳の少女。6年前に、ある事件でエウレカ「シュメールのルビー」を身体に埋め込まれており、そのまま適合者となった。能力を発現すると、ヴィヴィアン=ブランシャール自身の... 関連ページ:ヴィヴィアン=ブランシャール

「ホワイトジョーカー」に所属する24歳の医者。その美貌と包容力、さらに過度のスキンシップで、患者を治すとともに次々と惚れさせていく、天然魔性の女と認知されている。しかし、女性の方が安心してもらえるし、... 関連ページ:リズ・アキランティ

メディコ

リズ・アキランティの助手を務めるサル。白衣を着用しており、小柄のハイジくらいであれば、軽々と持ち上げて走ることのできる力を持つ。リズの良きパートナーとして、日夜治療のサポートをしている。

霧の迷宮の近くに住む青年。陰気で、発する言葉もいちいちネガティブで根暗な性格。霧の迷宮ができたのと時を同じくして、一緒に暮らしていた祖母がいなくなってしまったため、現在は寂しい一人暮らしを送っている。... 関連ページ:ニルス

「黒い神軍」に所属する男性。エウレカ「メンデルのエンドウ」の適合者だが、同時に「ダーウィンの種」という進化のエウレカの適合者でもあり、いかなる攻撃にも適応する超速進化を可能としている。人間に対しては、... 関連ページ:キルド

ラギンス

「黒い神軍」に所属する男性。「ホワイトジョーカー」の本部に侵入して研究員を容赦なく殺すなど、好戦的で残忍な性格。人間を常に見下している。エウレカ「タレスの琥珀」の適合者で、電気を操る能力を持つ。

ロザリー

「黒い神軍」に所属する女性。キルドと行動をともにしているが、彼を自分たちとは違う「貪欲なる神」と評し、強い信頼を寄せている。具体的には不明だが、何らかのエウレカの適合者であり、磁力を操る能力を持っている。

ドドメキス

「黒い神軍」に所属する男性。霧の迷宮でハイジたちと交戦する。エウレカ「クラーレの嘴」の適合者で、毒を操る能力を持つ。女性に対しては神経毒により美しいままで動きを止め、決められた動作だけを行う自分の人形として、自宅に連れ去っている。男性や老人に対しては、猛毒で苦痛を与えてから殺している。

ナシャス

「黒い神軍」に所属する男性。「黒い神軍」の中では上位の地位にあり、ドドメキスからは「様」付けで呼ばれている。具体的には不明だが、何らかのエウレカの適合者で、空間を操る能力を持つ。また、6年前は記憶操作のエウレカも使いこなしていた。

ニルスの祖母

ニルスの祖母。霧の迷宮の近くに住み、ニルスとともに生活していたが、霧の迷宮ができてから突如として姿を消している。彼女の周囲では何故か奇妙な現象が頻発する。また魔女のような外見をしているため、近隣住人からは「魔女」と呼ばれていた。

ジェームズ

ハイジが追っている光る死体が、キルドの力により変化させられて怪物化したもの。強力な爆破でハイジの研究室を破壊するなど、人知を超越した破壊力を秘めている。なお、この「ジェームズ」という名前は、ハイジによって付けられた。

看護師さん

看護師の女性。ハイジがジェームズとの戦いで負った傷の療養中に知り合った。ハイジと同じくらいの歳の弟がおり、ハイジのことを特に気にかけて、良く面倒を見ていた。キルドの力により一時は怪物化したものの、ハイジが機転を利かせた「実験」で適切な対処を取ったことで、その後は人間の姿を取り戻している。

鳥居大路 一真

鳥居大路千歳の父親。「ホワイトジョーカー」のメンバーで科学者の男性。懐中時計のようなエウレカを持つ適合者だったが、能力は不明。6年前にナシャスと交戦して命を落としている。生前は千歳と妻想いの良い父親だった。

鳥居大路千歳の母

鳥居大路千歳の母親。6年前に夫である鳥居大路一真に先立たれて以降、女手一つで千歳を育ててきた気丈な女性。作る料理の栄養バランスはハイジからも絶賛されており、科学的見地から見ても評価が高い。ハイジが自分の夫の一真に似ていると考えている。

集団・組織

ホワイトジョーカー

世界科学救済特務機関。人類滅亡を目論む組織「黒い神軍」の野望を阻止すべく、秘密裏に国際連合によって作られた。具体的な任務および使命は、「黒い神軍」よりも先にエウレカを奪取すること。

黒い神軍

人類滅亡を目論み、「この星の真の主」を名乗っている組織。全員真っ黒の服を着ているということくらいしかわかっておらず、その全容は謎に包まれているが、これまでにいくつもの惨劇を起こしている。メンバーは、全... 関連ページ:黒い神軍

場所

霧の迷宮

フランスのケルシー地方にある高原に突如出現した謎の迷宮。周囲に原因不明の濃霧が発生しているので、この名前が付けられている。迷宮の中には恐ろしい怪物が潜んでいるといわれており、近隣住民は怖がって誰も近づかない場所となっている。

その他キーワード

ニュートンのリンゴ

リンゴのエウレカ。アイザック・ニュートンは、この果実の汁を舐めたため、万有引力の法則の知識を得たといわれている。このリンゴを食べると重力を操る能力が付与されるが、適合しなければ身体に異常をきたし、凄惨な死を迎えることとなる。適合者はハイジ。

アイオロスの球

世界初の蒸気機関のエウレカ。紀元1世紀頃に古代ローマのアレクサンドリアの工学者ヘロンが発明したとされている。霧を作り出す能力を持つ。適合者はもともとニルスの祖母だったが、のちにニルスへ受け継がれている。

ピタゴラスの金槌

古代の金槌のエウレカ。ピタゴラスが使用して音階を発見したといわれているもの。一般的には王英博物館に飾られていると認識されている。しかし、王英博物館に展示されているものはフェイクで、本物の「ピタゴラスの金槌」は、適合者であるアラン・ブラックマンが所持している。使用者を音響兵器に変える能力を持つ。

シュメールのルビー

鋳型のエウレカ。「世界最古の合金」といわれる、古代シュメール文明で青銅を作る際に使用された。金属を操る能力を持ち、適合する人体に組み込まれることによってその力を示す。適合者は、これを子供の頃に埋め込まれたヴィヴィアン=ブランシャール。

タレスの琥珀

琥珀の棒のエウレカ。最古の自然哲学者タレスが、これで毛皮で摩(さす)って静電気を起こし、人類初の「電気」の発見となった。能力は電気を操ることで、電撃を放電して攻撃する他に、電気で筋肉を刺激して、本来の力を超越したスピードとパワーを発揮する、という使い方もできる。適合者はラギンス。

メンデルのエンドウ

エンドウ型のエウレカ。肉体にエンドウを与えることで、怪物のように異常進化させる能力を持つ。与える対象は人間であり、生死問わずに使用可能。対象が生きている人間の場合は、このエンドウを体内から取り出すこと... 関連ページ:メンデルのエンドウ

クラーレの嘴

毒のエウレカ。アマゾンの鳥が樹皮を突き、嘴に毒を塗って獲物をしとめる光景から、矢毒を生み出したというエピソードに着想を得て作られた。神経毒と猛毒を使い分けることができる。適合者はドドメキス。

ラントシュタイナーの絵の具

絵の具のエウレカ。1900年、カール・ラントシュタイナーが血液型の分類を発見したきっかけとなったもの。「ホワイトジョーカー」が追っているエウレカ。近々ラントシュタイナーの絵の具を使った絵画がオークショ... 関連ページ:ラントシュタイナーの絵の具

レントゲンの蛍光紙

蛍光紙のエウレカ。20世紀を目前に、真っ暗な実験室で、ヴィルヘルム・レントゲンがX線の発見をするに至った際、真空管のスイッチを入れた時に、2mほど先の作業台に置いてあったもの。物質を透過するX線で人体や物の構造や内部を見ることができる能力を持つ。適合者はリズ・アキランティ。

エウレカ

科学者などが歴史的な法則などを発見するきっかけとなった物質。適合する者に特殊な能力をもたらす。与えられる能力は、エウレカによってそれぞれ異なる。なお、適合しない者がエウレカを使用した場合は、死に至る危... 関連ページ:エウレカ

書誌情報

HUNGRY JOKER 全3巻 〈ジャンプコミックス〉 完結

第1巻 発見の果実

(2013年4月4日発行、 978-4088707235)

第2巻

(2013年6月4日発行、 978-4088707631)

第3巻

(2013年7月4日発行、 978-4088707723)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo