十市皇女

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「とおちのひめみこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
十市皇女
ふりがな
とおちのひめみこ

総合スレッド

十市皇女(天上の虹)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

大海人皇子の長女で母は妃嬪の額田王。母親に似てたおやかで美しく、素直な少女。いとこである、中大兄と伊賀宅子娘の息子、大友皇子と、大海人と尼子娘の息子、高市皇子とは幼なじみ。好意を素直に表す高市と両思いの関係にあったが、結婚しないと、母の額田と高市がどうなってもしらないと大友に言い寄られ、愛する人を守るために結婚を承諾する。

しかし本心を隠しおおせるほどの器用さもなく、常に夫の大友に疑いを向けられ責められるという、辛い結婚生活を送る。歴史上の実在の人物、十市皇女がモデル。

登場作品

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し...