モーニングを作った漫画たち

モーニングを作った漫画たち

「モーニング」創刊35周年を記念して、その歴史を彩った名作の誕生の瞬間を、漫画家・コージィ城倉を語り部として、ユーモラスに描いたセミ・ドキュメンタリー漫画。取材に基づいて描かれているが、多少のフィクションが交えられているのが特色。「モーニング」2017年17号より月イチ連載として連載中の作品。

正式名称
モーニングを作った漫画たち
作者
ジャンル
自伝・伝記
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ベテラン漫画家コージィ城倉は、年老いて記憶も定かでなくなってきていた。そんな彼だが、若き頃は、講談社の少年社員であり、創刊したばかりに「モーニング」の編集にも、編集者として携わっていた。彼は、「モーニング」の歴史を彩った名作たちの誕生秘話を、語り部として後世に残すべく、あれこれ語るのだが、何分にも昔のことゆえ、多少のフィクションも混じった回顧譚となっていく。

そんな調子で、若き日のコージィ城倉が関わったとされる、弘兼憲史かわぐちかいじ小林まこと三田紀房ら人気漫画家たちが続々登場。大ヒットとなった作品の誕生秘話が語られていく。

登場人物・キャラクター

主人公

渋谷に事務所を構える老齢の男性漫画家。かつて、「モーニング」編集部の一員だったため、その栄光の歴史を彩った名作たちの誕生秘話を、後世に語り継ごうとする。若き日のコージィ城倉は、田舎の中学を卒業したその... 関連ページ:コージィ城倉

「モーニング」初代編集長の男性。講談社社員。「月刊少年マガジン」編集長を経て、「モーニング」を創刊させた敏腕編集者。人手が足らないこともあって、コージィ城倉を「モーニング」編集部に入れ、編集を手伝わせ... 関連ページ:栗原

漫画家の男性。「島耕作シリーズ」の作者。早稲田大学を卒業後、松下電器に入社したものの退職して、漫画家となった。松下電器・宣伝部時代の経験をもとに、読み切り短編『カラーに口紅』を描くが、「モーニング」編... 関連ページ:弘兼 憲史

漫画家の男性。『沈黙の艦隊』の作者。広島の漁師町出身。家業は給油業で、漁船に給油する海のガソリンスタンドを営んでいた。最初は船を描きたいという思いだけで、『沈黙の艦隊』を描き始めたと述懐している。当初... 関連ページ:かわぐち かいじ

漫画家の男性。『What's Michael?』の作者。「モーニング」で連載していた『マンガの描き方』に出てきた猫のキャラが受けたので、編集部の要請に従って、再びその猫を漫画に出した。ところが、編集部... 関連ページ:小林 まこと

漫画家の男性。『ドラゴン桜』の作者。『ドラゴン桜』連載開始前は、週刊誌2本に加え、「イブニング」で『スカウト誠四郎』を連載する多忙さだった。「モーニング」でも連載すべく、軍事漫画のネームを提出する。し... 関連ページ:三田 紀房

「モーニング」2代目編集長の男性。講談社社員。三田紀房が「モーニング」新連載のため提案してきた軍事漫画のネームを、「地味」と感じて却下した。しかし、三田の漫画を評価していた工富は、更なる企画を求め、こ... 関連ページ:工富

「モーニング」の編集者の男性。もともと「イブニング」で三田紀房の作品『スカウト誠四郎』を担当していた。三田に「モーニング」でも連載させるべく、新企画のネームの提出を求めた。最初に出された軍事漫画のネー... 関連ページ:『ドラゴン桜』の担当編集者

場所

「モーニング」編集部

講談社の漫画雑誌「モーニング」を編集する部署。初代編集長は栗原、2代目編集長は工富。漫画家コージィ城倉は、講談社の少年社員時代、人手の足らない『モーニング』編集部に編集部員として引き込まれたと主張している。しかし、彼の年齢時には少年社員制度は廃止されており、その信憑性は極めて低いものとされている。

その他キーワード

少年社員

講談社で採用された少年社員制度。講談社では、創業5年目の1913年から少年社員の採用が行われ、それは昭和初期まで続いたとされている。採用された少年たちは、掃除、雑用に始まって、投書の仕分け、文書の整理... 関連ページ:少年社員

SHARE
EC
Amazon
logo