天上の虹

天上の虹

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝・持統天皇。冷徹な政治家として悪名高い持統天皇を、愛のために生きたひとりの女として捉え、その激動の人生を美しい万葉の歌とともに描きあげた歴史ロマン作品。

概要

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎しみから、父より偉く負けない力をつけようと心に誓った讃良。やがてそれは、夫の大海人を天皇に就かせるという、確固たる意志へと変わっていく。

一方で、権力固めのために次々と妻を娶り子を成す夫を、愛するが故に葛藤する讃良。苦悩の末、夫の戦友として生きる決意をした讃良は、日本を立派な律令国家とすることで、己の愛を顕現させようとする。

登場人物・キャラクター

主人公

645年、父の中大兄皇子が中臣鎌足と共に大化の改新を成し遂げ、その年に誕生した。中大兄の第二皇女。祖父の命を奪い、母の心を犠牲にしてまで政権に固執する父を恨み、父に負けない力をつけようと、幼いながらも... 関連ページ:鵜野讃良皇女

鵜野讃良皇女の父で、後に即位して天智天皇となった。天皇が実権を持ち、それを皇子が支える皇親政治を確立させるため蘇我入鹿を殺害し、大化の改新を成し遂げ、わずか19歳で政治家の道を歩み出した。政敵を容赦せ... 関連ページ:中大兄皇子

鵜野讃良皇女の叔父で、後に夫となる人物。才気にあふれ何事にも峻厳な兄の中大兄皇子とは正反対で、情に厚く大らかな性格をしているため、年若い頃は兄の言いなりになっていた。愛情豊かで情に厚く、母の皇極天皇の... 関連ページ:大海人皇子

鵜野讃良皇女の母であり、中大兄皇子の妃嬪。その寵愛ぶりは、正妃の倭媛から嫉妬を買うほどで、間を置かず大田皇女と讃良のふたりの娘を授かっている。心優しく穏やかな愛情を持って夫を慕っていたが、自分の訴えに... 関連ページ:遠智娘

鵜野讃良皇女の祖母にあたる女性で、中大兄皇子、大海人皇子、間人皇女の母親。温和で争いを好まない性格のため、政治はすべて蘇我入鹿に任せていた。中大兄が入鹿を討った後に退位したが、後を継いで天皇となった弟... 関連ページ:皇極天皇

鵜野讃良皇女の叔母で、中大兄皇子の妹。実の兄妹でありながら中大兄と愛し合っていたが、天皇の位に固執する兄から、叔父の孝徳天皇のもとに嫁ぐように告げられ、皇后となる。孝徳天皇の死後、兄に請われて一時的に... 関連ページ:間人皇女

中大兄皇子の腹心であり、共に大化の改新を成し遂げた忠臣。中大兄の側近として、二人三脚で政治を行っており、中大兄の元妻である鏡王を譲られるなど、信頼も厚い。息子の不比等に対し、だれが天下を取るのかを見極... 関連ページ:中臣 鎌足

皇極天皇の世話をする采女のひとりで、幼少期の鵜野讃良皇女や大田皇女に勉強を教えていた、美しい女性。思慮深く洞察力に優れ、大人の女性としての落ち着きを持ち、讃良や大田から姉のように慕われている。歌謳いの... 関連ページ:額田王

鵜野讃良皇女の実姉。父である中大兄皇子の命令で、13歳で叔父の大海人皇子のもとに正妃として嫁ぐ。自分よりも人のことを考える優しい気立てをしており、女性にやすらぎを求める大海人の寵愛を受けた。百済出兵の... 関連ページ:大田皇女

鵜野讃良皇女の実弟。誕生と同時に母の遠智娘を亡くし、姉の讃良と大田皇女とともに祖母である宝姫尊の手元で育てられたが、讃良が大海人皇子に嫁いた時に、いっしょに大海人に引き取られた。生まれつき口をきくこと... 関連ページ:建皇子

鵜野讃良皇女の祖母である宝姫尊の弟、軽皇子(孝徳天皇)のひとり息子で、讃良のいとこにあたる美少年。父を飾り物の天皇にしただけでなく、実の兄妹でありながら裏で皇后の間人皇女と愛し合い、父をないがしろにす... 関連ページ:有間皇子

鵜野讃良皇女の祖父、蘇我倉山田石川麻呂の弟。中大兄皇子と中臣鎌足が蘇我入鹿を殺害した乙巳の変以来、落ちぶれた立場となった蘇我氏を盛り返したいという野心を持っている。己の出世のため、卑怯な手段を用いるこ... 関連ページ:蘇我 赤兄

中大兄皇子と妃嬪の伊賀宅子娘の間に産まれた男の子で、鵜野讃良皇女の異母弟にあたる。いとこである大海人皇子と額田王の娘である十市皇女と、大海人と尼子娘の息子である高市皇子の3人で幼い頃からいっしょに遊ん... 関連ページ:大友皇子

大海人皇子の長女で母は妃嬪の額田王。母親に似てたおやかで美しく、素直な少女。いとこである、中大兄と伊賀宅子娘の息子、大友皇子と、大海人と尼子娘の息子、高市皇子とは幼なじみ。好意を素直に表す高市と両思い... 関連ページ:十市皇女

大海人皇子と妃嬪の尼子娘の間に産まれた長男。百済出兵のため政府が筑紫に移動している間に、父の大海人の正妃、大田皇女が大伯皇女と大津皇子を、鵜野讃良皇女が草壁皇子を産んだことを目の当たりにし、己が跡継ぎ... 関連ページ:高市皇子

大田皇女が産んだ皇女。6歳で母を病気で喪い、弟の大津皇子とともに祖父の中大兄皇子に引き取られ、育てられる。大海人が大友皇子から政権を奪った壬申の乱の後、大海人が即位して天武天皇となり、その命令で、国の... 関連ページ:大伯皇女

大田皇女が産んだ皇子。産まれた時から父の大海人にそっくりな顔立ちと、男の子らしい逞しさを備えている。体が丈夫で武芸に秀でており、詩歌の腕前も相当なことから、讃良が産んだ草壁皇子とは正反対で頼もしいと、... 関連ページ:大津皇子

鵜野讃良皇女が大海人皇子との間にもうけた、跡継ぎ。小さい頃から体が弱くてよく熱を出していたことや、武芸が苦手で美しいものを愛でる優しい性格であったことなどから、祖父の天智天皇からは、母である讃良ではな... 関連ページ:草壁皇子

中大兄皇子が即位し天智天皇となり、近江に遷都した後、19歳で鵜野讃良皇女と運命的な出会いを果たす。幼い讃良が心を寄せた有間皇子に良く似た外見であることと、やさしい響きである「やまとことば」で詠いたいと... 関連ページ:柿本 人麻呂

天智天皇の忠臣、中臣鎌足の息子。天智天皇と色夫吉娘の子、川島皇子の学友でもある。ほかの人間と等しくないという意味である「不比等」という名前に劣等感を抱いていたが、父の鎌足から大臣という立場から天下を取... 関連ページ:中臣 史

天智天皇と色夫吉娘の間に産まれた皇子。いとこで天武天皇の息子の大津皇子、忍壁皇子とその兄弟の穂積皇子と泊瀬部皇女、磯城皇子と仲が良く、後に泊瀬部と結婚する。草壁皇子への対抗心を露わにする大津を忍壁とと... 関連ページ:川島皇子

天武天皇とカジ媛娘の間に産まれた皇子で、弟の磯城皇子と、妹の泊瀬部皇女と多紀皇女がいる。いとこで天武天皇の息子の大津皇子と、川島皇子とはとても仲が良かった。幼い頃から優れた観察眼を持っており、なにをや... 関連ページ:忍壁皇子

志貴皇子

天智天皇と越道君娘の間に産まれた皇子。控えめで思慮深く、苦境に立たされた川島皇子を励まし続ける。文章表現の才能があるとして、高市皇子に認められている。歴史上の実在の人物、志貴皇子がモデル。

天智天皇と姪娘との間に産まれた皇女。姪娘は、鵜野讃良皇女の母である遠智娘の異母妹なので、讃良にとっては従妹にあたる。利発で、思ったことをハキハキと発言する?剌とした性格。皇族であることに誇りを持ち、目... 関連ページ:阿閇皇女

天智天皇と姪娘との間に産まれた皇女で、阿閇皇女の一歳違いの姉。姪娘は、鵜野讃良皇女の母である遠智娘の異母妹なので、讃良にとっては従妹にあたる。天武天皇の補佐役となった高市皇子の社会的立場を整えるため、... 関連ページ:御名部皇女

山辺皇女

天智天皇と蘇我赤兄の娘である常陸娘との間に産まれた皇女。おっとりとして優しい気質をしており、大伯皇女に雰囲気が似ていることを気に入った大津皇子から熱心に求婚される。歴史上の実在の人物、山辺皇女がモデル。

蘇我赤兄の娘で天武天皇の妻のひとり大蕤娘の縁者で、鵜野讃良皇女と天武天皇の世話をする采女のひとり。美しくて賢い女性で、草壁皇子と大津皇子のふたりから好意を寄せられる。控えめに文を送ってくる草壁よりも、... 関連ページ:大名児

鵜野讃良皇女の愛息である草壁皇子と、正妃の阿閇皇女との間に産まれた皇子。讃良にとって初めての男孫で、将来の天皇になるべく育てられており、讃良の計らいでわずか9歳の時に、10歳も年上の紀皇女と婚約する。... 関連ページ:珂瑠皇子

天武天皇と大蕤娘の娘で、兄の穂積皇子と妹の田形皇女がいる。性別や地位に縛られたくないという、精神的な自由さと強さを兼ね備えており、そこを鵜野讃良皇女に見込まれ、19歳の時に、草壁皇子と正妃の阿閇皇女の... 関連ページ:紀皇女

天武天皇と大江皇女の息子で、長皇子の弟。大江皇女の父は、鵜野讃良皇女と同じ天智天皇、母は川島皇子や泉皇女を産んだ色夫古娘である。血筋からいえば、讃良の実子である草壁皇子と同じ立場であるにもかかわらず、... 関連ページ:弓削皇子

鵜野讃良皇女の孫である珂瑠皇子の世話係兼教育係として、幼少期から面倒を見ている采女。珂瑠に天皇らしい強さを持って欲しいと願う讃良の意を汲み取って、厳しいながらも母親のような愛情で珂瑠に接し、一番の信頼... 関連ページ:三千代

天智天皇の愛息の大友皇子と、天武天皇と額田王の娘である十市皇女との間に産まれた男児。天武天皇が大友派から政権を奪った壬申の乱の後、母の十市と共に暮らしていた。複雑な立場に置かれている母を気遣い、勉強し... 関連ページ:葛野

鵜野讃良皇女の夫である天武天皇の時代に、地方視察をしていた多品治の養子。実は、謀反で死罪となった大津皇子と蝦夷の女性アマメの間に産まれた息子だった。養父の多品治の進言により、日本各地に言い伝えられてい... 関連ページ:安麻呂

SHARE
EC
Amazon
logo