千利休

花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)の登場人物。

  • 千利休
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)
正式名称
千利休

総合スレッド

千利休(花の慶次 ―雲のかなたに―)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

日本の戦国時代の茶人・千利休をモデルとしている。息子の千道安が前田慶次の従者捨丸と諍いを起こしたことがきっかけとなり、慶次と知り合いになる。桃の花の下で茶を馳走になったあと正式に茶席を設け、慶次徳川家康と引きあわせた。慶次はその席で見事な傾きぶりをも見せ、両者は完全に打ち解けて良い関係を築くようになる。

若い頃は与四郎の名で貿易をしており、琉球に向かう道中に戦った海賊船の中で美しい南蛮の娘を救出。しばらく琉球で暮らし、その時に千道安とはちがう息子・与四郎を授かった。

登場人物・キャラクター

日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦...

登場作品

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭...