影武者徳川家康

影武者徳川家康

影武者として徳川家康に仕える世良田二郎三郎元信。天下統一を目前に控えた関ヶ原の戦いにて、石田三成配下の武将・島左近勝猛が放った刺客の手で家康が暗殺されてしまう。以降、二郎三郎が本物の家康として振る舞うことを余儀なくされる。原作は隆慶一郎による同名小説『影武者徳川家康』。作画を原哲夫、脚本を會川昇が務める。

正式名称
影武者徳川家康
作画
原作
ジャンル
歴史IFもの
 
戦国時代
関連商品
Amazon 楽天

概要

時は戦国時代末期。もともとは身分の上下を気にしないことが信条の道々の者だった主人公の世良田二郎三郎元信は、その鉄砲の腕を買われて一向一揆に加わっていた。そこで二郎三郎が出会ったのが元徳川家家臣の本多弥三郎正信。10年にわたりともに各地で転戦した二郎三郎と正信だったが、正信にはある考えがあった。

それは徳川家康に瓜二つの二郎三郎を家康の影武者にすること。のちに織田信長によって一向一揆が鎮圧されると正信は徳川家に帰参し、二郎三郎を家康の影武者に推挙する。
それから10年の時がたち西暦1600年、ついに戦国時代が終わりを迎えようとしていた。

新しい世を作ろうとする家康と、豊臣家に対する忠義を貫こうとする石田三成は全面的に対立。関ヶ原にて雌雄を決することとなる。数に勝る石田方に対し、徳川方は調略で対抗。その気配を感じ取った三成の家臣・島左近勝猛は、配下の忍・六郎に家康暗殺を命じる。六郎は困難を極める徳川陣営への潜入に成功。

瓜二つの影武者の存在に当惑するものの、鋭い観察眼によって本物を看破し、見事家康暗殺を成し遂げるのだった。その情報がもたらされたことで戦場は一時混乱に陥るが、息が絶える前の家康にあとを託された二郎三郎が家康として振る舞うことで事態は収束。小早川秀秋の寝返りを契機に石田方は壊滅し、関ヶ原の戦いはわずか1日にして徳川方大勝利で幕を閉じる。


これで天下が定まったと、二郎三郎はかねてよりの願いだった自由な道々の者へと戻ろうとするが、唯一真相を知る徳川家重臣・本多平八郎忠勝に、「真田昌幸によって上田城に足止めされ、遅参している徳川秀忠の到着まで家康を演じてほしい」と懇願され、これを承諾。

しかし実際に秀忠に接すると、表向きに見せる誠実な人柄とは裏腹に、内面は残酷で暗い野望を秘めた人物だった。それを知った二郎三郎は、敗軍の将となった三成と面会し、三成が私心なくただ豊臣家のために義を尽くす人物であることを知り、秀忠の野望を阻むために水面下で戦うことを決意する。

登場人物・キャラクター

主人公

元々は身分の上下にとらわれず、自分の思うままに生きる道々の者だったが、思いを寄せる女性・せきが一向衆だったため自身も一向一揆に加わった。鉄砲の達人で、戦力として重用される。三河の一向一揆に参戦した際、... 関連ページ:世良田 二郎三郎 元信

若きころより徳川家康に仕え重用されていたが、家康が一向衆に弾圧を加えたことにより、自身の信仰を守るため徳川家を離れ、一向一揆に身を投じた。そこで家康に瓜二つの世良田二郎三郎元信と出会い、いつの日か徳川... 関連ページ:本多 弥三郎 正信

徳川家の重臣で徳川家きっての豪傑でもある。先手侍大将を任じられるなど徳川家康からの信頼も厚い。名槍・蜻蛉切の使い手。関ヶ原の戦いでは当初、前線で奮戦していたが、家康を暗殺したのち自陣に戻ろうとした石田... 関連ページ:本多 平八郎 忠勝

太田道灌の孫という出自を持つ美貌の女性。13歳のときに徳川家康の側妾となり、一身に寵愛を受けるようになる。一方、性格は勝ち気で、歴戦の勇士である徳川家諸将を相手取って一歩も引かない。関ヶ原の戦いに際し... 関連ページ:お梶の方

徳川家康の三男で家康の後継者とみなされている。温厚で人当たりが良いがそれは偽りの仮面であり、本質は陰険で残忍。長兄である徳川信康に切腹を申し付け、次兄である秀康を人質として他家の養子にした家康を怖れ、... 関連ページ:徳川 秀忠

自分を引き立ててくれた豊臣秀吉に忠義を誓い、その遺児・豊臣秀頼を盛りたてるため徳川家康と対立。私心なく義のために働く清廉な人柄だが、潔癖な面がある。また自身の清廉さがゆえに他者を疑わないところがあり、... 関連ページ:石田 三成

重臣として石田三成に仕える豪将。三成の清廉さと義理堅さをこよなく愛するが、一方でその潔癖さゆえの危うさを知る。関ヶ原の戦いに際しても、味方が数に勝るも、実際に信頼に足る相手は少なく勝利がおぼつかないこ... 関連ページ:島 左近 勝猛

石田家の重臣・島左近に仕える忍。石田方が関ヶ原の戦いに敗れることを予見した左近から、徳川家康の暗殺を命じられる。徳川軍の伝令将校である使番のひとりを抹殺して具足を奪い変装、家康の至近に迫ることに成功。... 関連ページ:六郎

徳川家に仕え、徳川家康の小姓となった青年。関ヶ原の戦いでも家康の至近に侍っていたため、石田方の武将・島左近勝猛が放った刺客に家康が暗殺され、遺された影武者の世良田二郎三郎元信が本物の家康として振る舞う... 関連ページ:門奈 助左衛門

徳川家康の馬の口取りを務める素朴な老人。関ヶ原の戦いでも家康の至近に侍っていたため、石田方の武将・島左近勝猛が放った刺客に家康が暗殺され、遺された影武者の世良田二郎三郎元信が本物の家康として振る舞うよ... 関連ページ:すり

クレジット

脚本

SHARE
EC
Amazon
logo