古橋 正光

しっぷうどとう(漫画)の登場人物。読みは「ふるはし まさみつ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
しっぷうどとう(漫画)
正式名称
古橋 正光
ふりがな
ふるはし まさみつ

総合スレッド

古橋 正光(しっぷうどとう)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

佐倉神城高校と同じエリアにある天方院高校の剣道部員で県内屈指の実力者。左諸手上段という構えの使い手で、それを見た長門烈に鮮烈な印象を残し、長門が左諸手上段を取り入れるきっかけとなる。阿南俊とは幼いころからのライバルで、インターハイ出場をかけた予選決勝の中堅戦で激突、お互い死力を尽くしたうえで勝利する。

それから6年後、全日本選手権大会で長門とあいまみえることになる。

登場作品

落ちこぼれ高校に入学した長門烈は、不良学生に絡まれていたところを剣道部の2年生、阿南俊に助けられ、剣道部に入部する。剣道の経験はない長門だったが、毎日20キロの自転車通学によって鍛えられていた下半身を...