右京 真吾

柔道一直線(漫画)の登場人物。一条直也とはライバル関係。

  • 右京 真吾
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
柔道一直線(漫画)
正式名称
右京 真吾
レーベル
光文社文庫Comic series(光文社) / ネコ・パブリッシング

総合スレッド

右京 真吾(柔道一直線)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

主人公・一条直也のライバル。全国高校選手権大会の出場選手中、大物と目された3人のうちの一人。京都代表花影学園主将。水も滴る貴族的な美少年。身軽さで相手を翻弄して鋭くしとめる柔道が得意で今牛若丸の異名を持つ。必殺技・花ふぶきの使い手。直也に敗れた後、復讐のため直也と同じ講道館の段位テストを受け、再戦する。

別人のように殺気だった執念の鬼と化し、直也の必殺技・地獄車を破って勝利するが、あまりにも凄惨な試合内容に両者ともに段位認定はされなかった。のちに野試合で三度目を戦い、地獄車の柔軟な変化に再び敗北。心身ともに「柔」の極意に触れ、直也と友情で結ばれる。

登場人物・キャラクター

北九州市小倉出身。初登場時は青葉中学校の2年生。柔道部所属。鬼車の異名を持つ元講道館柔道六段の車周作に出会い、その技と精神に惚れこみ押しかけ弟子になる。火の玉ボーイとあだ名されるほど一本気で単純な性格...

関連キーワード

『柔道一直線』に登場する必殺技。京都出身の右京真吾が使う。空中高く放り投げた相手を、ジャンプで追いかけ、さらに空中で投げる。着地時はひざを落として完全にとどめを刺す。敵味方が空中で入り乱れ舞うさまが花...

登場作品

昭和39年の10月。九州にある柔道塾で練習に明け暮れる主人公一条直也。そこに師範の講談館時代の先輩・車周作が訪ねてきて、東京オリンピックでの日本柔道の敗北を予言する。結果ははたして日本柔道の完敗であっ...