和菓子のアン

老舗和菓子店を訪れるお客様の注文とその背景を、ベテランスタッフが推理する美食ミステリー。主人公はその詳細を聞きながら、和菓子の歴史・由来についてを学んでいく。坂木司の同名小説のコミカライズ作品。原作:坂木司、作画:猪狩そよ子。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
和菓子のアン
原作者
坂木司
作者
ジャンル
ミステリー、推理一般

総合スレッド

和菓子のアン(漫画)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

新着関連スレッド

みつ屋(和菓子のアン)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:10
広報(和菓子のアン)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:10

新着関連スレッドもっとみる

概要

高校を卒業し、将来に迷う梅本杏子は、偶然訪れたデパ地下で和菓子店・みつ屋の前を通りかかり、ひょんなことからみつ屋で働くことに。店長や同僚は、皆プロフェッショナルだけど、それぞれに個性的なキャラクターたち。彼らの客に対する応対や商品知識を通して、梅本杏子は、和菓子の歴史や魅力に目覚めていく。

登場人物・キャラクター

主人公
たまたま出掛けたデパートで和菓子店・みつ屋の前を通りがかり、偶然居合わせた店長の椿はるかに誘われてみつ屋でアルバイトをすることになる。和菓子を食べることが好きなだけで、専門知識などは一切ない。はじめは...
みつ屋東京百貨店の店長。和菓子や茶道に対する抱負な知識と、プロフェッショナルな接客技術、人を見る洞察力に優れている。また、お菓子の廃棄品を出さないことでも、フロア内で一目置かれている。趣味は、株式投資...
和菓子職人志望で、勉強のためみつ屋で働いている。職人修行中ゆえに、和菓子の由来や作り方などに詳しい。見た目はシュッとしたイケメンだが、中身は可愛い物が大好きな乙女系男子。ゲイと間違われることも多いが、...
みつ屋のアルバイト店員。明るくハキハキした性格で、商品知識は椿や立花には及ばないが、要領よく仕事をこなしていく。実は元ヤンで、何事にも物おじしない度胸がある。大学生なので、学校がある日は遅番のシフトに...
東京百貨店化粧品売り場で働く美容部員。椿に頼まれ、わずか3分でスッピンの杏子をナチュラルながらも華やかに変身させた。実年齢を知ると驚愕の悲鳴が上がるほどのメイクアップの達人。周囲からは尊敬の意を込めて...
和菓子店河田屋の主人で、和菓子職人。立花の師匠。パンチパーマにサングラス、柄物のセーターの出で立ちで、客としてみつ屋を訪れ、「腹切り」「半殺し」など物騒に聞こえる和菓子の専門用語を多用したため、杏子に...
東京百貨店の食品フロアにある洋菓子店・金の林檎の派遣社員。エリアマネージャーからの指示で、本社にバレないよう、売れ残りのケーキを翌日に売る賞味期限の改ざんを行っていた。売れ残りのことを「兄」という隠語...
東京百貨店の食品フロアで一番長く働いている年配の女性社員。お酒売り場の生き字引と呼ばれている。一見すると無愛想な印象を受けるが、はじめて遅番シフトに入る杏子を気遣って声をかけてくれるなど、面倒見がいい...
食品売り場のキャンペーンなどを取り仕切る広報部所属の女性。名前などは不明。ビシっとしたスーツ姿にショートボブで、メガネをかけている。フロア全体を通してのフェアを成功させることに熱心で、「知的な食」がテ...

場所

東京百貨店に出店している和菓子屋さん。おせんべいやどらやきなど普段食べる和菓子から、季節の生菓子まで幅広く取り扱う。店長は知識豊富で、洞察力に優れた椿はるか。主人公の梅本杏子と共に立花早太郎、桜井がス...

クレジット

原作