怨み屋本舗

怨み屋本舗

怨みを持つ人間に代わって、復讐を代行する怨み屋を生業とする宝条栞が頭脳を駆使し、依頼人に代わって復讐を果たす様を描く。

概要

怨みを持つ人間から依頼を受け、多額の報酬と引き換えに復讐を代行する「怨み屋」を生業とする女性宝条栞の元には数々の依頼が舞い込んでくる。そして、情報屋獅堂詠示や実弟でホストの宝条脩をはじめとする協力者と共に、依頼人の復讐を果たすべく、様々な手段を用いて、ターゲットを破滅へと追い込んでいくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

「怨み屋」を生業とする女性。長い黒髪で長身の美女。ただし、髪はウィッグなので髪型は一定していない。本名は物語終盤近くまで明かされることはなく、通称「怨み屋」と呼ばれていた。表の顔は探偵業。情に流される... 関連ページ:宝条 栞

結んだ長髪にヒゲ、眼鏡がトレードマークだが、物語後半では短髪になる。通称「情報屋」で自称クラッカー。ネットワーク上のデータを非合法に入手して怨み屋に情報を売り、「総理大臣の預金残高も調べられる」と豪語... 関連ページ:獅堂 詠示

宝条栞の実弟で「怨み屋」の協力者。ホストクラブ勤務で人気もトップクラスだが、専門が金持ちの熟女専門という特殊なスキルを持つ。ホストらしく端正な顔立ちが特徴。自信家なうえナルシストで話術に長けている。ま... 関連ページ:宝条 脩

25歳独身。オタクでストーカーで同人作家。完成品ガレージキットなどのグッズをネットオークションで売っている。過去に作ったフィギュア作品は、自身のサイト「十二月田本舗」で閲覧可能。宇宙からの電波を受信す... 関連ページ:十二月田 猛臣

髪はショートカット。内気で男性恐怖症の、都立高校三年生。クラスでも存在感が薄く、友達作りが下手。母親の再婚相手に犯されており、思い悩んで集団自殺の集まりに参加。宝条栞に救われる。後に「継父を自分と母親... 関連ページ:杉河 里奈

怨み屋本舗、沖縄支店の支店長。体格のいいオカマで、自称アイちゃん。元々は琉球空手を学ぶために沖縄にやってきて、そのまま沖縄に住み着いた。怨み屋の仕事だけでは食えないので、兼業でお水のバイトや、観光客向... 関連ページ:相果川 剛志

知念 夕子

昔はアメ女(米兵好きの女)だったが、海兵隊の彼氏が交通事故を起こし、その相手が死亡したのをきっかけに、相果川と知り合う。その後住む場所もなくなり、相果川の家に転がりこんだが、家賃も払っていない居候状態となっている。「怨み屋」の仕事をサポートをする工作員の一人。私生活は意外とだらしない。

年齢不詳。裏の世界では有名な闇医者で、免許はあるが開業届を出していないだけ。非合法の整形手術や去勢などを行う。「怨み屋」のことを「お嬢様」と呼ぶマゾ。シュウとも幼い頃からの知り合い。人に会う際にはアイ... 関連ページ:ドクター

栞の両親

父、宝条拓人 母、由貴。円満な家庭を築いていたが、父親が民事専門の弁護士で、聖福教「被害者の会」の顧問弁護士となったことから、聖福教と対立。桐野美鈴にそそのかされた薬物中毒の男によって殺され、家は炎上する。

警視庁松島警察署の刑事。風貌は逆立てた短い髪で左顎に傷。「怨み屋」の関わる事件に度々遭遇し、関係者の残した「ウラミヤ」という謎の言葉を追って独自に捜査を開始する。公明正大を心情に生きており、警察内部の... 関連ページ:宿木 聡

諸田 和友

ギャンブルで借金を作ったことから、「情報屋」に警察の情報を売るようになった公務員。通称「耳」。後に警視庁鉄道警察隊から、本庁の刑事総務課に異動。自分の弱みを握っている「情報屋」の正体を突き止め、逆に脅迫するが「怨み屋」にはめられ、殺される。

秦野

宿木とコンビを組む、警視庁松島警察署の若き刑事。署内では宿木は堅物扱いされ、快く思っていない物もいるが、秦野は気に行っている。

漆原 正太郎

かつては「電脳少年K」をヒットさせたマンガ家。次回作を練っている時期に、「前世は妻だった」と信じるストーカーに付きまとわれ対処を「怨み屋」に依頼。解決後は、その顛末をマンガにした。その後も度々トラブルに巻き込まれ、その都度依頼しているお得意様。本当は「怨み屋」のことをマンガにしたいと思っている。

木経 透子

思い込みが激しく、悪知恵だけは回る。他人を怨むのが趣味。実家は地方の資産家で、金には困っていない。プライドが異様に高く、過去に警察に逮捕されたりアイコラをばらまかれたことから怨み屋に怨みを持っている。その後宝条栞と同じ顔を持つ桐野美鈴を狙って聖福教に入信、最終的には桐野を刺殺して逃亡する。

宝条栞の高校時代の同級生。聖福教を信仰している両親の元で育つ。父は聖福教の幹部職員(総務部長)。いじめから助けたことから、栞に好意を持ちストーカーと化した。その後栞の父親が聖福教被害者の会を支援してい... 関連ページ:桐野 美鈴

集団・組織

怨み屋

『怨み屋本舗』に登場する集団。法律などでは晴らせない怨みを、依頼者から高額の依頼料を受け取り、怨みを晴らす。殺人だけではなく「社会的抹殺」も行う。料金は難易度や規模に応じて変わるが、数百万~数千万程度... 関連ページ:怨み屋

聖福教

『怨み屋本舗』に登場する宗教団体。信者数約四万人の新興宗教で、政界にもつながりがあるとされる。教祖は三像院輝子。元々は普通の宗教団体だったが、数年前に教祖が病気で倒れ、ひ孫の三像院輝臣が代理教祖となっ... 関連ページ:聖福教

書誌情報

怨み屋本舗reboot 全13巻 〈ヤングジャンプコミックス BJ〉 完結

第1巻

(2009年7月発行、 978-4088776873)

第2巻

(2009年7月発行、 978-4088776880)

第3巻

(2009年9月発行、 978-4088777108)

第4巻

(2009年11月発行、 978-4088777702)

第5巻

(2010年2月発行、 978-4088777924)

第6巻

(2010年4月発行、 978-4088778464)

第7巻

(2010年7月発行、 978-4088790022)

第8巻

(2010年10月発行、 978-4088790497)

第9巻

(2010年12月発行、 978-4088790848)

第10巻

(2011年3月18日発行、 978-4088791241)

第11巻

(2011年7月19日発行、 978-4088791760)

第12巻

(2011年11月発行、 978-4088792309)

第13巻

(2012年1月発行、 978-4088792613)

怨み屋本舗巣来間風介 全6巻 〈ヤングジャンプコミックス BJ〉 完結

第1巻

(2007年12月発行、 978-4088773735)

第2巻

(2008年4月発行、 978-4088774374)

第3巻

(2008年7月発行、 978-4088774800)

第4巻

(2008年10月発行、 978-4088775326)

第5巻

(2009年1月発行、 978-4088775845)

第6巻

(2009年6月発行、 978-4088776521)

怨み屋本舗revenge 全11巻 〈ヤングジャンプコミックスGJ〉 完結

第1巻 REVENGE

(2012年3月発行、 978-4088793030)

第2巻

(2012年6月発行、 978-4088793719)

第3巻

(2012年9月発行、 978-4088794655)

第4巻

(2012年12月発行、 978-4088795089)

第5巻

(2013年3月発行、 978-4088795522)

第6巻

(2013年7月発行、 978-4088796192)

第7巻

(2013年10月発行、 978-4088796758)

第8巻

(2014年1月発行、 978-4088798110)

第9巻

(2014年5月19日発行、 978-4088798424)

第10巻

(2014年7月18日発行、 978-4088798783)

第11巻

(2014年11月19日発行、 978-4088900186)

SHARE
EC
Amazon
logo