図書館の主

図書館の主

私立の児童書専門のタチアオイ児童図書館で、司書を務める御子柴貴生は、口は悪いが本に関する知識が非常に豊富で観察力に優れ、対象となる人物が必要とする本を示し、問題解決に貢献する。また、現在の社会における図書館のあり方を考える内容も提議されており、本と人のあり方の再考を促すヒューマンドラマ漫画となっている。連動企画として『読売KODOMO新聞』に御子柴による「児童書書評」が掲載されたり、朝日新聞出版からノベライズ、『小説 図書館の主 塔の下のライブラリアン』が刊行された(作者は真堂樹)。

概要

中小企業の課長で、すさんだ生活をしていた30代の男、宮本は、忘年会の帰りに、まだ照明が明るく点った私立のタチアオイ児童図書館に入り込んでしまう。そこで出会った口の悪い男、御子柴貴生と話をし、本の整理を手伝わされる途中で宮本は自分が抱えている心の問題を深く理解させてくれる物語に出会う。以後、彼はその図書館の常連となり、様々な人々が自分の心の中にためてしまったわだかまりを、御子柴が示す児童書で解きほぐしていくのを見る。

物語が進むに連れ、現代日本社会と図書館が抱える諸問題や、御子柴自身が抱える屈折も明らかになっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

私立の児童書専門のタチアオイ児童図書館で、司書を務める青年。口は悪いが知識が非常に豊富で観察力に優れ、人を見てその人間にあった児童書を示すことができる。眼鏡をかけ、オトガイがとがっていて、いつも黒いエ... 関連ページ:御子柴 貴生

30代なかばの男性で、独身。中小企業で課長をやっている。学生時代はバンド活動、会社に入ってからは競馬にハマる。競馬の借金や見通しの立たない生活で、すさんでいたとき、偶然、タチアオイ児童図書館に入って御... 関連ページ:宮本 光一

タチアオイ児童図書館職員。若い女性で、気っ風の良い性格。就職活動中にオーナーを空手で助けたことが縁で、同館で働くことになる。高卒で陸上自衛隊に入り、士長で退官。司書の資格を持っておらず、取ろうと考えて... 関連ページ:板谷 夏夜

タチアオイ児童図書館司書。若い女性で、控えめでやさしい性格。眼鏡をかけ、茶色のウエーブのかかった髪を一本太めに編んでいる。司書の資格を持っている。就職活動で連敗中に、同館の人材募集の張り紙を見て就職を... 関連ページ:神田 みずほ

初登場時は、小学4年生の男児。仲間の清水健志らと、退屈しのぎに同級生の野口をいじめていたが、宿題のため入ったタチアオイ児童図書館で、御子柴から『宝島』を勧められ、以後本の虜となり、それが縁で野口とも仲... 関連ページ:神崎 翔太

御子柴が子供の頃、地元の公共図書館で司書をやっていた中年男性。伝法な口調で話す。御子柴に児童書の楽しさを教え、司書のあり方を指し示してくれた人物。図書館が建て直されるため、定年間近で市役所に戻される。... 関連ページ:徳間

タチアオイ児童図書館の利用者の若い母親。怜央という名の幼い息子をいつも連れており、彼に少しでも接触しようとするものに対し、過剰な警告を与えて怒っていた。姑や夫の無神経な言動から、神経が疲弊した結果だっ... 関連ページ:吉川 響子

タチアオイ児童図書館のオーナー。元気ハツラツな老女。不動産を中心に、デベロッパーとしても手を広げる小手川グループの会長。三年前、社長を退き会長になった際、暇を持て余して公立図書館に入り浸り、そこで出会... 関連ページ:小手川 葵

街の本屋(谷岡書店)で児童書担当として働きながら、絵本作家を目指す小柄な青年。熱血で、情熱的に本を勧める。「図書館があるから本屋で本が売れない」とタチアオイ児童図書館に怒鳴り込んだことがあったが、居合... 関連ページ:伊崎 守

宮本の部下である、美人のシングルマザー。名前・年齢は不明。ものすごく腹黒で打算的で、宮本との再婚を狙っていた。タチアオイ児童図書館の常連の一人となる。しかし、宮本に全くその気がないので、みずほに譲って... 関連ページ:金子

桐ヶ谷高校3年生で、児童文化研究会(「児文研」)としてタチアオイ児童図書館のクリスマス会にボランティアを行うためにやって来る。実は御子柴の妹で、御子柴と会うために一時的に児文研に入った。両親が離婚した... 関連ページ:津久井 桂

桐ヶ谷高校2年生で、児童文化研究会(以下「児文研」)としてタチアオイ児童図書館のクリスマス会にボランティアを行うためにやって来る。3年生が受験で退部したあと、児文研が自分一人になってしまったので焦って... 関連ページ:森下 美波

宮本の大学時代からの友人。出版社で編集をしている。名前は不明。前はビジネス書担当で、家にほとんど帰らず仕事をしていたが、児童書担当に配置転換され、昇進はしたものの鬱屈している。仕事のヒントをつかもうと... 関連ページ:取手

大学時代、御子柴と同じ講義(司書の資格をとるためのもの。講師は相模原)を受けていた。書店勤務をしていたが、書店が図書館の管理委託を行うことになり、竹花は公立図書館で司書となり、児童書を担当することとな... 関連ページ:竹花 由多加

SHARE
EC
Amazon
logo