坂本 三郎

坂本 三郎

まんが道(漫画)の登場人物。読みは「さかもと さぶろう」。

登場作品
まんが道(漫画)
正式名称
坂本 三郎
ふりがな
さかもと さぶろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

新漫画党のメンバーで、『漫画少年』誌上で『ひねくれ卓坊』を執筆。個性的なタッチの作品で、満賀と才野も注目していた。寡作な漫画家で、作品の質と締め切りのことで編集者と折り合いがつかず、新漫画党を脱退して漫画家も辞めてしまう。実在の漫画家、アニメーターの坂本三郎がモデル。

関連人物・キャラクター

満賀道雄

作者である藤子不二雄Ⓐ自身がモデル。転校した小学校で才野茂と出会い、漫画を通して意気投合する。高校を卒業後、伯父が社長を務める立山新聞社に一時勤務するが、漫画家という夢の実現のために才野と一緒に上京。... 関連ページ:満賀道雄

関連キーワード

新漫画党

『まんが道』に登場する組織。寺田ヒロオが中心となって『漫画少年』に作品を載せている若手漫画家のグループ。結成時のメンバーは寺田ヒロオ、満賀道雄、才野茂、永田竹丸、坂本三郎、森安直哉で、後に鈴木伸一、石... 関連ページ:新漫画党

登場作品

まんが道

漫画を描くことが好きな二人の少年満賀道雄と才野茂は手塚治虫の『新宝島』に衝撃を受ける。「漫画」という共通の夢を持った二人は合作という執筆体制をとって、憧れの手塚治虫の背中を追いかけプロの漫画家を目指し... 関連ページ:まんが道

SHARE
EC
Amazon
logo