手塚治虫物語

手塚治虫物語

漫画の神様と称された天才漫画家・手塚治虫の生涯を描く伝記漫画。晩年まで衰えなかった旺盛な創作意欲の源泉や、生涯追い求めた漫画やアニメの夢に迫った作品。

正式名称
手塚治虫物語
作者
ジャンル
伝記
関連商品
Amazon 楽天

概要

手塚漫画の代表的なキャラクター、ヒゲオヤジを語り部に、漫画原稿約15万枚、アニメーション60余作という、膨大な作品を残した手塚治虫の軌跡をたどる。物語は1928年11月3日、手塚の誕生から始まる。手塚が幼い頃、一家は兵庫県宝塚市へ移住。手塚は、歌劇や、父が買ってくる漫画本等に親しみ、想像力豊かな漫画少年に成長していった。

恵まれた環境でのびのびと育つ手塚少年だったが、やがて戦争が日本に暗い影を落とし始める。

登場人物・キャラクター

主人公

漫画の神様と言われた漫画家。また国産初のTVアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作し、後世に大きな影響を与えたアニメーション作家でもある。本名は手塚治。昭和3年11月3日、大阪府豊中市生まれ。幼い頃、宝塚... 関連ページ:手塚 治虫

伴 俊作

手塚治虫が生み出したキャラクターの一人。本作の語り部、解説者として全編にわたり登場する。

手塚 粲

手塚治虫の父。法律家の家庭に育った人物で、大企業のサラリーマン。俳句や写真など、豊かな趣味の持ち主。家庭用の映写機で、当時は珍しいディズニーや日本のアニメを見せたり、漫画本を買ってくるなど、手塚に大きな影響を与える。同名の実在人物がモデル。

手塚 文子

手塚治虫の母。厳格な軍人の家庭に育った女性。宝塚歌劇が好きで、手塚を連れてよく観劇していた。また、寝物語に、身振り手振りや声音を使ってお話を語って聞かせるやさしい母親。同名の実在人物がモデル。

稲井先生

手塚治虫の小学校3年生ときの担任。授業中に、手塚が描いた漫画を読む少年を厳しくしかり、その漫画を取り上げる。しかし、漫画の出来に感心し、手塚に漫画を返す際、「大いに漫画を描きなさい」と話す。生徒の個性を見極め、活かす方針の教師。同名の実在人物がモデル。

酒井 七馬

大阪在住のベテラン漫画家。昭和21年に結成された関西マンガクラブ顧問。手塚を誘い、約200ページの長編漫画『新宝島』を合作する。『新宝島』では、原作・構成を担当。同名の実在人物がモデル。

加藤 謙一

GHQの思想統制で、講談社を追い出され、学童社という出版社をおこす。漫画雑誌「漫画少年」を創刊し、手塚治虫の『ジャングル大帝』の連載を決める。手塚の作品を大いに評価し、在阪の手塚に、掲載原稿の詳細な分析を送り続けた。温かくも厳しい、手塚のよき指導者。 同名の実在人物がモデル。

福井 英一

漫画家。手塚治虫と同じく、「東京児童漫画会(児漫長屋)」の一員。熱血柔道漫画『イガグリくん』を大ヒットさせ、手塚と人気競争を繰り広げたライバル。手塚が自分への嫉妬から、『漫画教室』という漫画の中で、『イガグリくん』の作風を悪い例として挙げているのを見て断固抗議する。 同名の実在人物がモデル。

手塚治虫の妻。昭和33年夏に見合いをし、約1年の交際ののち、結婚。手塚とは血のつながらない、いとこにあたり、小さなときに遊んだことがあるが、見合いの時までその事実を知らなかった。小さなころからの漫画好... 関連ページ:岡田 悦子

集団・組織

虫プロダクション

『手塚治虫物語』に登場する組織。手塚治虫が、念願のアニメ制作のために設立した会社。昭和36年6月、練馬区富士見台の自宅兼仕事場で活動を開始した。翌年には母屋の隣に「虫プロ第一スタジオ」を建設。第一回作... 関連ページ:虫プロダクション

場所

トキワ荘

『手塚治虫物語』に登場するアパート。昭和28年夏ごろ、「漫画少年」編集部の紹介で、手塚治虫が入居した豊島区椎名町の新築アパート。のちに、藤子不二雄をはじめ、多くの漫画家が住み、「漫画家アパート」として有名になる。

その他キーワード

桃太郎 海の新兵

『手塚治虫物語』に登場するアニメ。太平洋戦争の最中、戦意高揚のために制作、公開された漫画映画。昭和20年4月12日、大阪の松竹座で、勤労動員をさぼった手塚治虫が鑑賞する。戦争で夢と希望を失いかけた手塚を勇気づけ、自分の漫画映画を作ることを決意させた。

マァチャンの日記帳

『手塚治虫物語』に登場する漫画。手塚治虫のデビュー作となった4コマ漫画。終戦直後、隣に住む、毎日新聞印刷局に勤める女性の紹介で、大阪毎日新聞の学芸部の人間と面会。昭和21年の正月から「毎日少国民新聞」に連載されることになった。

新宝島

『手塚治虫物語』に登場する漫画作品。原作・構成:酒井七馬、作画:手塚治虫。昭和22年4月1日に発売された、約200ページのボリュームを持つ、戦後初めての漫画単行本であり、戦後ストーリー漫画の出発点とな... 関連ページ:新宝島

鉄腕アトム

『手塚治虫物語』に登場する漫画。昭和26年4月号から「少年」に連載された『アトム大使』を前身とし、昭和27年4月号から改題して同誌に連載された。非常な人気を得て、国産初のTVアニメシリーズになるなど、手塚の代表作となった。

西遊記

『手塚治虫物語』に登場するアニメ。昭和35年8月に公開された。手塚治虫が東映動画に招かれ、初めてアニメーション製作に携わった作品。自身の漫画『ぼくのそんごくう』が原作。悟空の恋人が死ぬ結末を描こうとするが、周りに反対され断念する。

SHARE
EC
Amazon
logo