ボクの手塚治虫

秋田県奥羽山脈で育った矢口高雄が、少年時代に手塚治虫のマンガに出会い、多大な影響を受けた自伝エッセイマンガ。『毎日中学生新聞』に連載されていた「おーい!! やまびこ」から手塚治虫の部分を抜き出して1冊にまとめたもの。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ボクの手塚治虫
作者
ジャンル
自伝

総合スレッド

ボクの手塚治虫(漫画)の総合スレッド
2016.08.23 17:39

新着関連スレッド

手塚 治虫(ボクの手塚治虫)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.08.23 17:39
卓兵衛(ボクの手塚治虫)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.08.23 17:39

新着関連スレッドもっとみる

概要

平成元年2月9日、マンガの神様、手塚治虫の訃報が矢口高雄のもとにあった。手塚先生の作品との出会いがなければ、マンガ家になっていなかったという矢口高雄は少年時代のこと、手塚作品との出会いのことを回想し描いていく。

登場人物・キャラクター

主人公
本名は高橋高雄。代表作の『釣りキチ三平』で広く知られる著者が、平成元年2月9日の手塚治虫の訃報を受け、少年時代の手塚作品との出会い、そして今日、マンガ家として活躍しているのは手塚治虫がいなくてはありえ...
矢口高雄の母。アバとは秋田弁で母親のこと。子供のころから小説を読むのが好きで、仕事の合間や夜に読んでいた読書家。そのため、高雄が寝る前に毎晩本を読み聞かせていた。
矢口高雄の住む村の血気盛んな若者。タカオの伯母に気があり、理由をつけて遊びに来ていた。タカオに手塚治虫の『流線型事件』をプレゼントする。
月刊漫画『ガロ』の編集長。戦後物資のなかったころの思い出を語る。実在の人物、長井勝一がモデル。
タカオの東京にいる従兄。高雄の1つ上で、夏休みを利用してタカオの家に遊びに来た。手塚治虫の『メトロポリス』をタカオにプレゼントする。
『銀河鉄道999』などのマンガ家。手塚治虫のマンガコレクターとしても有名。矢口高雄は、絵のうまい手塚治虫と絵の下手な手塚治虫がいると感じ、手塚治虫の偽物がいるのではないかという疑問を抱いた際に、松本零...
大工であるタカオの父に弟子入りした若者。男兄弟のいないタカオの兄のような存在で、タカオを村のお祭りに連れて行く。村の映画上映でタカオはディズニーの『ピノキオ』を観るのだった。
タカオの母の本家筋にあたる家の息子。大きな土蔵のある裕福な家に住む。マンガを読みたいというタカオに対し、マンガは読み終えた後、便所紙にしているという。その便所で、タカオは漫画誌『漫画少年』を初めて見る...
昭和3年11月3日、大阪府豊中市に生まれ、3歳の時に兵庫県宝塚市へ移り住んだ。13歳にして、彼の作品の有名なキャラクターであるヒゲオヤジを生み出す。太平洋戦争中も漫画を描き、その枚数は3千枚といわれる...