坂本 大樹

坂本 大樹

大樹の道(漫画)の主人公。読みは「さかもと たいき」。別称、大樹。

登場作品
大樹の道(漫画)
正式名称
坂本 大樹
ふりがな
さかもと たいき
別称
大樹
関連商品
Amazon 楽天

概要

初登場時23歳。身長183㎝、体重100kg余りの体躯に、澄んだ瞳の男性。95kg超級の柔道選手。川崎の八州製鉄に勤務し、同社柔道部に所属する。金沢市出身で、祖父・坂本平八郎が営む坂本道場で柔道を学んだ。道場の先輩でもある高木誠次の一本背負いに憧れ、彼が学んだ金沢大学に進んだ。

高校時代は目立つ存在ではなかったが、祖父の死をきっかけに真剣に柔道に打ち込み、学生柔道選手権で優勝した。周囲の反対を押し切って一本背負いで世界の頂点を目指す。会社の柔道部の先輩・沢島一彦が講道館杯出場を辞退したため代わりに出場することになり、これをきっかけにして世界に向けての第一歩を歩み始める。

周囲が呆れる程素直な性格で、一度決めたことは守り通す。

登場作品

大樹の道

工業都市・川崎の八州製鉄に勤務する大樹(坂本大樹)は、前年の学生柔道選手権で優勝した逸材。実直な大樹は待てと言われれば何時間でも待ち、会社でも上司の言うことには素直に従う。一本背負いに磨きをかけようと... 関連ページ:大樹の道

SHARE
EC
Amazon
logo