坂田 銀時

坂田 銀時

銀魂(漫画)の主人公。読みは「さかた ぎんとき」。別称、銀さん。

登場作品
銀魂(漫画)
正式名称
坂田 銀時
ふりがな
さかた ぎんとき
別称
銀さん
関連商品
Amazon 楽天

概要

江戸のかぶき町にある何でも屋万事屋銀ちゃんのオーナーで、自分なりの武士道を持った侍。万年金欠気味であることから、基本、万事屋へ依頼されたことは何でも引き受けている。普段はだらしのない生活を送っているが、いざというときは頼りになるため、周囲からの支持は高い。特に好きなものは漫画誌ジャンプと甘い食べ物。

極度の甘党であり、ファミレスなどを訪れた際には、パフェをはじめとした甘い物を注文することが多い。定期的に甘いものを取らないとストレスが溜まってしまうようで、医師から糖尿病寸前の状態だと診断されてしまう。剣の腕は一級品で、かつて、地球人と天人と呼ばれる異星人の間で勃発した攘夷戦争に参加していた頃は「白夜叉」と呼ばれ恐れられていた。

現在は木刀洞爺湖を愛用している。

関連人物・キャラクター

神楽

戦闘民族夜兎の血を引いている。出稼ぎを目的として地球にやって来たが、用心棒稼業に嫌気がさし、足を洗おうとヤクザたちから逃げていたところ、坂田銀時、志村新八と遭遇。彼らに救われたことがきっかけで何でも屋... 関連ページ:神楽

関連キーワード

万事屋銀ちゃん

『銀魂』に登場する店。かぶき町にある何でも屋で、オーナーは坂田銀時。大家のお登勢が経営するスナックお登勢の2階に構えている。現在志村新八神楽らと共に3人で営んでいるが、新八と神楽が働き出す前は、正体不明の黒人たちが働いていたこともある。人探しから大工仕事まで、仕事を選ばずに何でも行う。

登場作品

銀魂

異星人天人の来襲によって価値観が変わってしまった江戸を舞台に、かぶき町で何でも屋万事屋を営む侍魂を秘めた男坂田銀時とその仲間たちの生き様を描いていくSF人情コメディ。 関連ページ:銀魂

SHARE
EC
Amazon
logo