夏の夜の獏

人間の精神年齢をビジュアル化した、大人びた少年とその家族の物語。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
夏の夜の獏
作者
ジャンル
叙情的、リリカル

総合スレッド

夏の夜の獏(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

おとうさん(夏の夜の獏)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:34
おじいちゃん(夏の夜の獏)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:34

新着関連スレッドもっとみる

概要

8歳の少年羽山走次の精神年齢は20歳。そんな彼の目を通すと、周囲の大人たちの精神年齢は皆子供ばかり。走次は唯一精神年齢と肉体年齢のつりあいが取れているハウスキーパーの青井小箱に好意を抱く。キャラクターの外見を精神年齢を基準にビジュアル化した作品。

登場人物・キャラクター

主人公
8歳の少年だが、精神年齢は20歳。そのため小学校では浮いた存在となっており、いじめを受けているが、本人は子供のすることだからとさほど気にしていない。文章も堪能で、子供が書いたものとは思えない出来である...
羽山走次の家におじいちゃんのケアとハウスキーパーをするため週五日で通っている女性。精神年齢が実年齢と一致しているため、作中でも20歳程度の女性として描かれている。夜は夜学生として学校に通っているため、...
羽山走次の兄。19歳だが、精神年齢は小学生程度であるため、作中の外見は少年。家出中で、友人の家に転がり込んでいる。青井小箱とは恋人同士だが、周囲にはそのことを明かしていない。
羽山走次の母親。精神年齢が小学生程度であるため、作中の外見は少女。会社の上役と不倫関係にある。おとうさんと離婚した後に走次を引き取るため、偶然を装って不倫相手と走次を会わせる。
羽山走次の父親。精神年齢が小学生程度であるため、作中の外見はめがねをかけた少年。会社の部下のOLと不倫関係にある。おかあさんと離婚した後に走次を引き取るため、偶然を装って不倫相手と走次を会わせる。
羽山走次の祖父。認知症が進んでおり、精神年齢は赤ん坊程度であるため、作中の外見も赤ん坊。青井小箱を気に入っており、自分の妾であるという妄想を抱いている。