夏休みの町

夏休みの町

夏休みの間、大学生・ソウが経験した不思議な体験を描いたSF短編。(2014年)第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。短編集『夜とコンクリート』に収録。

正式名称
夏休みの町
作者
ジャンル
SF一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

ソウは大学の夏休みに、友達女友達とバーベキューの準備に山に出かける。そこには古い壊れた戦闘機が転がっていた。サッカーボールで遊んでいると、茂みの中にいた見知らぬ老人(じいさん)にあたってしまった。倒れていた じいさんを助けようとするが、傍らに落ちていた小さな棒をソウが拾うと強力なレーザーが照射された。

慌てて逃げ出した3人だったが、夜になって老人が訪ねてくる。彼は66年前、戦闘機に乗っていた友人がフー・ファイター(未確認飛行物体)によって連れ去られ、彼を助け出すために別の世界から来たという。レーザーは救助のための重要な道具で、ソウに責任を取ってほしいと迫り、協力させる。

こうして夏休みの間中、ソウは老人に付き合うことになった。じいさんの友人は、ドームと呼ぶ場所におり、そこは望む通りの世界が作り上げられているという。友達女友達も交えて時々ゲームや魚捕りをしながら夏休みは過ぎていく。いよいよ明朝、じいさんの友人を助け出せるという夜、空には花火が上がっていた。

登場人物・キャラクター

主人公

短髪の青年。大学生で、夏休みに友達と女友達の3人で、バーベキューの準備をしに古い戦闘機の転がっている山に登ったが、遊んでいるうちに友達の蹴ったサッカーボールが草むらの奥にいた老人(じいさん)にあたって... 関連ページ:ソウ

友達

長髪で、頭の上でお団子にまとめている青年。ソウとは同じ大学に通っている様子。マイペースで世渡りの上手い性格。暇だからとじいさんに協力するソウに付き合う。

女友達

キャップ型の帽子を被ったロングヘアの小柄な女性。友達と共にじいさんに協力するソウに付き合っている。無口で淡々としているが、川で魚を捕ろうとした時は笑顔を見せた。望み通りの世界で暮らしているというじいさんの友人を、現実に連れ戻して良いのか悩むソウに、「正しい世界で暮らした方がいい」と話す。

頭頂部が禿げ白い髭を生やし、丸眼鏡をかけた老人。常に黒い手袋をつけている。66年前、戦闘機に乗っていた友人がフー・ファイター(未確認飛行物体)によって連れ去られ、彼を助け出すために別の世界から来たとい... 関連ページ:じいさん

SHARE
EC
Amazon
logo