夏木 恵理

夏木 恵理

太陽の黙示録(漫画)の登場人物。読みは「なつき えり」。別称、十六夜。

登場作品
太陽の黙示録(漫画)
正式名称
夏木 恵理
ふりがな
なつき えり
別称
十六夜
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本大震災時には東京の高校生で、宗方操の恋人だった。宗方と共に福岡へ移住し、ボランティアに従事する。アメリカへ留学する宗方に同行する筈だったが、被災者の救済を諦めきれず単身北海道へ渡る。救済活動中の事故で盲目となり、宗教団体既望の会の教祖「十六夜様」に祭り上げられる。

やがて教団の実態に気づいて脱走し、以後、柳舷一郎らと行動を共にする。一人の女性として宗方を愛し続けているが、舷一郎に惹かれる面もあり、図らずも両者が対立する一因となっている。

関連人物・キャラクター

宗方 操

『太陽の黙示録』の主人公の一人。東京で日本大震災に遭う。当時高校生。父と妹が行方不明となり、恋人の夏木恵理と共に九州へ渡った。恵理の兄・惇史の伝手でエドワード・ロックウェルの計画に参加し、アメリカへ国... 関連ページ:宗方 操

柳 舷一郎

『太陽の黙示録』の主人公の一人。箱根の山中にいた時に日本大震災に会う。当時11歳。避難の過程で記憶を失い、台湾人の夫婦に引き取られて15年間を台湾で暮らした。台湾人「舷」として暮らしていたが断片的に記... 関連ページ:柳 舷一郎

登場作品

太陽の黙示録

2002年、日本大震災によって日本は、本州が東西に分断されてしまう。少年柳舷一郎は出会った大人、坂巻五郎と協力して避難の旅に出る。そして15年後、記憶を失い台湾で暮らしていた舷一郎は、現地で日本人と台... 関連ページ:太陽の黙示録

SHARE
EC
Amazon
logo