夏木 栄一郎

夏木 栄一郎

六三四の剣(漫画)の登場人物。読みは「なつき えいいちろう」。東堂 国彦とはライバル関係。夏木 六三四とは親族関係にある。

登場作品
六三四の剣(漫画)
正式名称
夏木 栄一郎
ふりがな
なつき えいいちろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公・夏木六三四の父。「岩手の虎」の異名を持つ岩手県警機動隊の剣の達人。剣道五段。全日本大会で大会二連覇を達成するが、決勝で東堂国彦との試合中に重傷を負い、それが原因で死去。酒が好きで休みの日は酔っ払っていることが多いが、剣道に対しては真面目でストイック。全日本大会での東堂国彦と対決を前に、警察を退職し、山ごもりをして修行に励んだ。

関連人物・キャラクター

夏木 六三四

『六三四の剣』の主人公で剣道少年。剣道の全日本大会で優勝した両親のもと、3才から竹刀を握る。自分よりも強い者との勝負を望む、怖いもの知らずの幼少期、試合の怪我で亡くなった父の復讐に燃えた小学生時代を経... 関連ページ:夏木 六三四

東堂 国彦

『六三四の剣』に登場する人物。東堂修羅の父。夏木栄一郎の大学時代の先輩であり、最大のライバルでもある。職業は医者。21歳で全日本剣道選手権を制し、それ以降はいかなる大会にも出場していなかったが、栄一郎... 関連ページ:東堂 国彦

登場作品

六三四の剣

少年剣士・夏木六三四が、様々なライバルたちと剣を交え、成長していく過程を描く。剣道をテーマにしたスポーツ少年漫画。物語は、ガキ大将として自由奔放に暴れまわる幼稚園時代、父の死後復讐に燃える小学生時代、... 関連ページ:六三四の剣

SHARE
EC
Amazon
logo