大伯皇女

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「おおくのひめみこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
大伯皇女
ふりがな
おおくのひめみこ

総合スレッド

大伯皇女(天上の虹)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

大田皇女が産んだ皇女。6歳で母を病気で喪い、弟の大津皇子とともに祖父の中大兄皇子に引き取られ、育てられる。大海人が大友皇子から政権を奪った壬申の乱の後、大海人が即位して天武天皇となり、その命令で、国の第一の神社として拡張・整備された伊勢神宮の最初の斎宮に任命される。

歴史上の実在の人物、大伯皇女がモデル。

登場作品

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し...